ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

心ざわめく宝の地図

DSC05328.jpg
イロイロ考えすぎてワケが分らなくなりつつある今日の写真…。

秋の匂いが満々の午后の公園。
向こうのベンチで子供らが何やら悪だくみ?
さながら『スタンド・バイ・ミー』な世界だね。
これから探検にでも行くんだろうか?

きっとインチキな宝の在り処を示す地図を広げて、
儲かっちゃったアカツキの皮算用でもしてるところじゃないかな…

そんなことを想像してニヤッとするオヤジである。
実際にはゲーム機に夢中の3人に過ぎないのだけれど...。



恥ずかしながら、絵を描くのは好きだし、得意と思っていたが、
数学力に欠ける為に「立体構成」がうまく出来ず挫折した。

写真+カメラは本当に初心者のドシロートな上に
諸々、基礎的な約束事などを教えてくれるヒトなど誰も居ない環境で
まったく好き勝手に撮ってるだけだから、
ほんの小さな壁すら飛び越える術を持たず、殊更にジタバタしつつ、
行ってはイケナイ方向に足を踏み入れるような、
そんな危なっかしい状態が、ここ数日続いている。

そんな中、ブログ友さんに勧められた(と感じた)
「ある写真家」のフォトエッセイに飛びついてみる。
何かそこに確かなコタエがあるんじゃないか!?…。

考えてみれば、音楽でも美術でも必ず
「憧れ」のスーパースターたるアーティストがいて、
盛んに模倣しつくすのだが、写真に関しては、
そこまでの「憧憬力」すら持ち合わせない
幼稚過ぎるレベルでしかないのだ。

「武田花」さんという、自分より6つ7つ年上の写真家の本を
古本だが、5冊入手した。

世代的に当然だが、フィルム(銀塩)カメラによるモノクロ写真...。
実は予想以上に強烈な衝撃を現在受けている!

そしてますます混迷。

朧げだがそこにコタエはあった…。

「旅に出よう…!?」

もしくは

「東京に戻らねば…!」

さてどうする?

もう一つは、ほぼ同時にブログ友さんから教えてもらった
Angenieux(アンジェニュー)という1950年代の
フランス映画を撮ったレンズのメーカー…。

チョット調べてその価値(値段も)の高さに驚愕するが、
当時のガラス製法の加減だろうか?
現代の尺度からすれば、諸々欠陥だらけなんだろうが、
独特の淡くて儚げな写り(キラキラグルグルのミラクル背景ボケ!)に
すっかり魅せられた私である。

もちろん、昔なら後先考えず飛びついたかもしれないが、
今は、ただただ社会的かつ経済的に「忍」の人生継続中…。

ところがふと海外のオークションサイトを覗いてみると、
「ニコイチ、サンコイチ??」とはいえ、
とにかく日本国内の市場とは桁が一ヶニヶ確実に違う
異様過ぎる安さだったりする…

おっと、危ない危ない、また騙されるぞ…from Liechtenstein?
EUは大体踏破してるが、そもそもそこには行ったことがないから、
セラーと共通の話題もないぞ!?…などとしばしジタバタ葛藤。

ところが騙されても良いような値頃感だとすればどうだろう??
…そうなのだ。もちろんあくまでオークションだから、
残り数日の内にひっくり返されるのが必定だし、
今の自分に予算(おこづかい)の枠を超えて争い闘う力などない。

しかし、ほんの僅かな期間とはいえ、
頭の中でアンジェニューを入手したつもりの
「ロケハン」を諸々考えつつワクワクする自分がいる。

まさにイカサマの宝の地図に、心ざわめく小学生と同レベル...

ほんとに困ったオヤジであるのだった。



小学5年の時に、ビートルズではほぼリアルタイムに買ったシングルレコードが
「レディ・マドンナ」。

それはそれでまあまあ、マッカートニー作による
相変わらずの予定調和なロックナンバーで、
小学生にも大層わかりやすいんだけれど、
そのB面がなんじゃあコリャ!?と
阿鼻叫喚!魑魅魍魎!厭離穢土?な楽曲
「The Inner Light」

実際には、ジョージのインド趣味もここに極まれり!な
充実度と完成度の大満足な仕上りとなっっているのだが、
小学生にはまったく意味が分からない…。
...何だか分らないが、「レッド・スネーク・カモン!」な
コブラが飛び出そうな音楽.....。

20年ほど前、六本木のキャバーンだったかな?
そこに出演中のビートルズコピーバンドが、
ビートルズなら何でも出来るぜ!と「リクエスト」を受付けていたのだが、
誰かが「レヴォルーションNo.9」と云って困らせたのがウケていたので、
すかさず私がこの曲「The Inner Light」をリクエストすると、
次々とジョージ作インド曲の声が!!
ごめんねParrots!


Past MastersPast Masters
(2009/09/09)
Beatles

商品詳細を見る
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

6 Comments

薄荷グリーン says...""
わたしも同じだなぁ。迷いっぱなしで写真撮ってます。
写真やってる人って、結構師匠とか弟子入りとか、そういう世界に住んでるようで、分野としては絵画なんかに比べると圧倒的に歴史が浅いのに、意外と古風な世界でもあるんだと思ったことがありました。
わたしはそういう師匠につくことなく、同じくわが感性頼りに一人で試行錯誤する方法をとってるんだけど、迷ったらとにかく撮る以外にないみたいですよ。森山大道だったか、量を伴わない質はないみたいなこと言ってたんじゃないかな。理屈並べる暇があったらとにかく撮れって。わたしも撮りあぐねたら駄作なんか当たり前!って感じで撮ったほうがいいんじゃないかって思うことがあります。
それと絵画からいろんなヒントを貰ってくるのもいいんじゃないかな。
見たものがそのまま写るから、見たものしか写ってないけど、これでいいのかなぁなんて思い始めたりして、基本的な部分が凄くシンプルなもので成立してる分、かえって難しいところがありますよね。
武田花さん、波長が合う写真家だったようで良かったです。モノクロで特に今流行ってるような写真を撮る人でもないから、どうかなぁと思ってました。カラーでも撮ったことがあるけどカラーは難しいって云ってるのをどこかで読んだことがあります。
時間に取り残されたような町の写真も幻想的でいい。
こんな場所どうやって探してくるんだろうって、秘策を知りたい。
意外と文章も妙な味とユーモアがあって、わたしは結構好きです。

アンジェニュー、競り落とせそうですか?
わたしもオークション覗いてみようかなぁ。
2014.09.20 22:39 | URL | #56UXBqNU [edit]
oyajisann says...""
昔オールナイトニッポンに後にオフコースのベーシスト
になる清水在籍ビートルズのコピーバンドバッドボーイ
ズがリクエストされれ出来ない曲あればリクエストした
人金一封って企画あったと記憶してます。
その時はレヴォルーションNo.9は除外。
そう言えばジョージのインド系はリクエストされなくて
金一封はホワイトアルバムのEverybody's Got・・・
でした。
2014.09.20 22:48 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."薄荷グリーンさん こんばんは"
諸々影響もらって恐縮です。

アンジェニューはまあ無理でしょうね。
妙に肩入れして熱くなるのもイヤですし、
激しく落胆するのも御免ですから、ほとんど見ないようにしてますよ。
期日が来たらさっと見て、ああやっぱダメだったか、そりゃそうだよなあ。
そんな感じです。と云いながら、要らぬ妄想が膨らんで困っとります。

絵画なら構図上、たしたり引いたりが可能ですけど、
写真は....出来なくはないですが、虚構になると意味が違ってきます。
ホントは「花」を撮ってるようで、ホントは背景の山や川、
場所を示す痕跡など、ドラマを持ってきたいんですけど、
なかなか限定されますよね。では目に見えぬものを
どう表現すれば良いの?逆に空の青さを写したいが為にワザワザ
石榴を持ってくる.....。でも満足行かない....。
撮りまくるしかコタエはないのですね。

いろいろ感謝してます。特に師匠が居ないので心強いです。

2014.09.20 23:33 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん どうもです"
そっかあ、〜me and my monkey....そういえばそうですね、
あれはなかなか演奏出来ません。
"SLADE"あたりなら、あっさりできそうですけど!。

The Innner Lightは、自宅録音(DTM)にハマってる時代に
初めてサンプリングマシンというのを購入した一番最初に
シタールとかタブラドラムなどのインドセットを
サンプリング化して、当然この曲やりましたよ!。
ちなみに念願のメロトロン・ストリングスも
当然サンプリングです!。

2014.09.20 23:48 | URL | #- [edit]
花ちゃわん says...""
こんばんは♪
バタバタと過ごした日曜もおしまいです。
明日また仕事かと思うと、憂鬱。

すっかり寒くなりましたね。
今夜は、ストーブ点けちゃった。
休肝日にしたので、退屈な夜でした。
隣りの空き家に子猫が生まれてましたよ~♪
2014.09.21 23:05 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."花ちゃわん 毎度だす"
こんばんは

朝日とともに目覚め、日没とともに寝るべ!なヒトが
こんな時間にウロウロしてちゃあイカンです!。

ウチにも一匹バカネコが居るんですが、毎日見てるから
写真撮る気もなくて、今日なんかよそん家の猫撮ってきましたよ!
うーむヨソの猫は画になる....。

というわけでトットと....ああもう寝てるね。
2014.09.22 00:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/423-25d99edd
該当の記事は見つかりませんでした。