ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

お仏蘭西の惑い...

DSC06260.jpg
本日到着「P.Angenieux Paris」の初撮り…そして驚愕…。

東ドイツ・イエナ製のカール・ツァイス・テッサーの、
「カリッ!」とした草加煎餅みたいな歯ごたえの画作り
(本来は「鷹の目」というらしい)とは真反対の、
おふらんすイニシエのシネレンズの流れを汲む、
なんとも「フワフワトロトロ」、超一流三ツ星レストランとは云い難いけれど、
パリの街角の地元パリジャンに愛される太っちょママンが営んでるビストロの、
ちょっとクセがあるけど、メチャ美味しいオムライスみたいな、
そんな写り。

一瞬目がクラクラしつつも、独特の立体感を持つ不思議な不思議な描写力に、
ついつい入り込んでしまう。

カラー撮影を想定してない1950年発売のレンズゆえ、
こんな色彩物の撮影は邪道かもしれないなあと思いながらも、
一向に合わない手動ピントに苦労させられつつ、途中からは、

「ははあ、なるほど、そもそもジャストでピント合わせちゃイケナイ玉なんだなあ、
 ダイタイでいいんだ、ダイタイで…!」

そう悟ると、もはや撮ること自体がワクワク愉しい
レンズというのを実感した。

コスモスが強風にあおられて、決めた構図がぐしゃぐしゃに崩れても、
それはそれでいいじゃないか!愉しけりゃ!。
そんな気分で、根本が「ダイタイの目分量」で出来上がってるニンゲンには
ジャストピッタリの、あまり世間では知られてない
クラシックなレンズ
「アンジェニュー」。

モノクロームで「街撮り」なんか最高じゃないかなあ…
まさにパリの裏通りなんて、ううう、行きてえええ!。

でも…元気出して頑張ろう秋田!?。



カナダ人シンガーソングライターのレナードコーエンといえば、
特異な才能の「詩人」だが、何故かメロディの方も達者な名曲の宝庫。

比較的新しい…?とはいっても80年代初頭頃の
「Dance Me To The End Of Love=哀しみのダンス」を。

世は折しもMTVブームで、そろそろ各家庭にもまんべんなく
BetamaxだのVHSだのが行き渡る時節を迎え、
音楽業界のPV露出によるメディア・マーケティングも
そろそろピークを迎えつつあった時代。
わたしもご多分に漏れず、Betamaxを買い、MTV番組はくまなくチェック!
そんな時代だった。

まあどれも似たようなPV群にあって、異彩を放っていたのがこの曲とそのPV…。
で、PVが素晴らし過ぎるんで、レコード(CD?)を買う!っていう行為にオヨバズ、
このPVで出来の良さに酔ってたような気がする…。

PVの出来が良すぎるのも考えもの…
今は映像ファイルがオマケで付いているのも珍しくないし、
それも大して有り難くもない…。
いやな世の中だね。

というわけで、おそらくはピーターバラカンがホストしてた
TBS「Popper's MTV」ヴァージョンの「哀しみのダンス(訳詩付き)」


Various PositionsVarious Positions
(2008/02/01)
Leonard Cohen

商品詳細を見る

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

8 Comments

花ちゃわん says...""
ふわ~っと、シャボン玉みたいで
清潔な夢みたいな いい香りがするような雰囲気♪

ほわ~ンとした中に はっきり写ってるいくつかの花が
目に気持ちいい。
みんなも、コスモス撮ってるけど
この写真ひと味違って、壁一面に貼り付けたら すごいだろうなぁ♪


2014.09.25 18:47 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."花ちゃわんさん おばんだす"
なにしろ相当にクドくてウルサイ写真なんで、
どうだろうこれ....って、ちょっと後悔もしてたんだけど、
ありがとね、なんか勇気出た。
あとは、効果的な使い方を考えながら、ぼちぼち発表していきます。

2014.09.25 21:01 | URL | #- [edit]
薄荷グリーン says...""
アンジェニュー、手に入れたんだ。
本当にふわふわした柔らかくてやさしい描写ですね。
全部ふわふわじゃなくて芯が通った部分もあって、それが立体的に見えて面白いです。合わせにくいって書いてあるけどちゃんとピントあってるところがありますよ。

風でぐしゃぐしゃっていうの、わたしもよくある!
結局偶然に任せてシャッター切るけど、その時できる絵はまさしく風任せで、どんな絵になってるか撮った自分も楽しみなんていうことがあるから、きっちり撮るだけが写真じゃないって云うのはわたしも大賛成。基本楽しまなければ意味が無いと思います。

モノクロで街撮り、絶対にやってみるべきだと思います。

クラシックレンズは本当に世界中の国のレンズが対象になるから、その国のことにも思いをはせたりする楽しみのようなのもありますよね。
2014.09.25 21:07 | URL | #56UXBqNU [edit]
pipco1980 says..."薄荷グリーンさん こんばんは"
アンジェニューがフランスのSEMってメーカーのコンパクトカメラに
OEMしたレンズをひっぺがしてライカLマウントに変造したものらしいです。
いわゆる正規カタログ品ではないですけど、いかにもなアンジェニューらしさを
ヒシヒシ感じながらの愉しい撮影となりました。
これもまた薄荷グリーンさんに後押しいただいてのものですね。
またしてもありがとうございました。

確かにファインダー上(液晶ですけど)でもポヨンとした画で、
拡大してもピントはすこぶる掴みにくいので、馴れが必要ですが、
「愉快なクセモノ」....しばらく楽しめそうです。

2014.09.26 00:40 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."今晩は"
今晩はレナード和尚前作は大ヒット、もうすぐ80歳
にして新譜出ますね。
スペクターがいじりたおした盤もありましたね。
と言いつつそんなに聞いてない、一日が倍の48時間
あっても、もっといろいろ聞きたいけど無理ですね。
良い週末、素敵なフォト撮ってください。
2014.09.26 18:52 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん 毎度です"
私も和尚にトライして何度も挫折しましたよ。
なにせ全部お経ですからね....。
90年代にJeff Buckleyが彗星のようにあらわれて、
和尚作のハレルヤ、そしてネヴィルブラザーズの
バード・オン・ワイヤと秀逸なカバーが並んだところで
こりゃあシカトしてる場合じゃないなあと、やっと
和尚を真面目に聴き始めましたよ。基本、お経ですから
眠くなりますけど、それもまた一興です....。
2014.09.26 20:19 | URL | #- [edit]
amamian3 says..."素晴らしい!!"
写真です!!

絵の中に
吸い込まれそうです
いいですねぇ~~~!!
愉快さが こちらにも伝わってきますよ
この先の絵が 楽しみ!!
2014.09.27 05:34 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん こんにちは"
お褒めいただいて嬉しいですが、
どうかあんまりハードルを上げないでくださいね。
ご指摘の通り、「撮ってて愉しい!」が、主眼のほとんどですから、
結果とか成果はまた別もの....。
実際に昨日なんかも「全敗」でしたからね(笑)!

一般的な評価なんて無いに等しく、むしろ「笑止千万!」の
「とるにたらない写真」に、過ぎないですですが、
面白いなあ、アイツ今日も楽しんで、えらく跳ねてやがるなあ!
と、思っていただければとても嬉しいです。
2014.09.27 11:52 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/426-f975d369
該当の記事は見つかりませんでした。