ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

アナクロでアナログ

rose.jpg
アンジェニューの妖しくて不思議な描写力...

もう大昔の話になるけれど、
アナログ・シンセサイザーが何とか四畳半暮らしの貧乏学生にも
手に入れられるくらい廉価になった70年代後半、
私は迷わずKORG(確か京王技研?)と云うメーカーのMS-20っていう、
憧れの「簞笥シンセ」と呼ばれたMoogの簡略版的?な、
パッチで各モジュールを繋ぐ式の「気分だけMoog III」な機種を購入した。

四畳半の炬燵の上に、ミカンと並んでちょこんと置かれたシンセサイザー。
パッチコードが複雑に入り組んだ空想科学チックなフロントパネルのイデタチから、
そのまま宇宙にひとっ飛び、気ままな時間旅行も自由自在…
そんな佇まいから、これはもう無限の可能性を秘めた究極の楽器に相違ない!
俺は手に入れたぞ!ザマア見ろ、明日から勝ち組だぜ!。

バイバイ四畳半!
臭い共同トイレ&洗面器抱えた銭湯通いよさようなら…
そして、カモン!ユニットバスにオール電化、
東京タワーが間近に見えるアルミサッシの輝く(?)陽当たりの良いテラスには、
シンメトリックに配置されたパームツリーかベンジャミンがサワサワと風にそよぐ、
憧れのワンルームマンション生活?(どこまでも貧乏臭いなあ!)。 
ザマア見ろー…ワッハッハッハ…と、
貧乏に浸かりきった奴の妄想は果てしない。

様々な形で発振させたノイズを変調させて音色を作り出すアナログシンセ。
なにしろ当初は適当に弄ってるだけなのに、
予想だにしない分厚くて、信じ難いような奇怪なサウンドが、
恐しく不敵な光を放つ刃物のようにビュンと飛び出して、
その剥き出しの斬新さ、新鮮さに酔いしれるのだが、
そもそもそれらをバンクして、手早くライブで再現なんてとても困難だし、
驚愕のサウンドをヒト前でお披露目しようにも

「あれえ、おっかしいなあ…昨日はちゃんと…」と、
二度と同じ音を作り出せず、
ただただ非実用的でメンドくさいだけのお化けボックスと云うことに気付くと、
やがては常にコントロール可能な手慣れた無難な音
(=例えばシンセベースなど)を得るだけのツマラナイ装置と成り果てるのだった。

やがて極めて数学的かつ論理的なアルゴリズム乗算によって
予定調和な音を合成し、それをメモリーバンクにストックしつつ、
いつでも呼び出せる利便性を備えたデジタルシンセに、
音楽界はあっさりと取って代わられるのだった。

wood-end-cheeks-ms-20-mini.jpg


ちょっと珍品な部類のフランス製レンズのAngenieuxとか
東独Zeissなんていう、古くて、なにしろ扱いが超メンド臭くて、
お陽様が出てる方向にほんのちょっと向くだけで、
上の写真の左側のような激しいカオス状態になったりと
厄介この上ないレンズに今夢中である。

写真の殆どはボンヤリした失敗作の山また山。
ところがゴク稀に、なんだこのエグさ、エゲツナさは!と、
まさにアナログシンセ時代を彷彿させる、
キラリと光るアイクチのごとき鮮烈な「写真」に出会うこともあるから、
もう愉しくてやめられない。
もちろん駄作&愚作の累々たる山に、己の才能の貧困を嘆くのもまた頻繁…。

結局はデジタルカメラの恐ろしいほどの進化のおかげで、
それまで「埃を被ってた眠ってたオールドレンズ群」が突然使えるようになって、
それぞれが持つ元々のポテンシャルを100%以上発揮出来る環境が整備されたわけで、
イニシエのガラス研磨職人の技術力と現代テクノロジーの融合=
双方イイトコ取り…これに勝るものはないなあ…なんて今更思いつつ、
よくわからんが、その恩恵に心ゆくまで浴させてもらいましょう!という、
ノウテンキで超アナクロなオッサンなのであった。



2002年のことらしい。Levi'sジーンズの、ウルトラカッコいいCMに、
典型的Modsサウンドのこの曲が使われてて、何だこれは!と調べたら、
これが65年発売のHipstar Imageってグループの「Make Her Mine」。
当時はまったくヒットせず、このシングル1枚っきりで埋もれたグループらしい。
しかもこの曲はそのB面曲…。

今の耳で聴けば、えらくモダンで、Modsの代表曲みたいに聴こえるけれど、
65年当時はそれ以上にイキの良いバンド、グループがたくさんいたんだろうねえ…。

ちなみにビートルズはどっちかって云うと、革ジャン&リーゼントの
ロッカーズスタイルだったけど、マネージャーのエプスタインの発案で
Modsスタイルに変更してデビューしたのは周知の通り。

私もちょっと恥ずかしいが、20代の頃はダッフルコートにローファーで
ペパーミントグリーンのVespa(50ccだけど…)に乗って
「さらば青春の光」よろしく気取ってましたよ!
(ズボン(!)の裾が油なんかで汚れないようにVespa=スクーターなんだねModsは...)

その頃はTHE JAMとか口ずさんでいたかなあ…。
というわけで「Make Her Mine」!


ザ・モッズ・シーンザ・モッズ・シーン
(1999/04/21)
オムニバス、ザ・アタック 他

商品詳細を見る

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

9 Comments

花ちゃわん says...""
やっほ~♪
あとでコメしにくるね~。
今、会社で 帰り支度してるとこだよ。
うち帰って、イッパイやりながら 遊びにくるど♪ へば!
2014.10.01 16:50 | URL | #LkZag.iM [edit]
花ちゃわん says...""
こんばんみぃ~♪
今、ウチに大工さん入ってるんで
帰宅してから、お茶道具とか 洗って片づけて
やっと、一段落だよ~
で、今日は 飲みますわ♪

この赤と緑の 悩ましさ♪
大きな瞳と 厚いまっ赤な唇の
フラメンコダンサーを 想ってしまったわ~
100ルクスぐらいの 控えめな光の中で
影を造って踊る女♪

うっは~、もうヨッパらった気分よね~
怪しい写真は サケを美味しくしますわな~!
  
2014.10.01 19:31 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."花ちゃわん おつかれっす!"
今日も勤労女子ご苦労さん!

なんだか別珍とプラスチックの作り物みたいだねえ。
んでもって、云われてみれば確かにフラメンコダンサー...。
突然ムール貝たっぷりのパエリアが食いたくなったなあ、
もちろんピッチャーにタプタプのサングリアを注ぎながら.....。

というわけで今日も花ちゃわんに元気もらったよ。
いつもありがとね。

2014.10.01 19:58 | URL | #- [edit]
薄荷グリーン says...""
そういえば友達が昔シンセサイザー持ってました。
単音しか出ないやつ。写真にあるようにコードがむき出しで繋ぎ変えて演奏するほどかっこいいものじゃなくて、普通のキーボードが大きくなってる程度のものだったけど。
このコードを繋ぎ変えて演奏するってかっこいいと思うので、今のシンセでもギミックとして復活させたらいいのに。

アンジェニューは普通のデジイチにつけてるんですか?
ミラーレスのだと本来の画角とは違う画角になりますよね。
2014.10.01 21:59 | URL | #56UXBqNU [edit]
面白半分 says...""
アナログシンセ 持ってらしたんですね。

実態はわからないですが
アナログシンセという響きじたいが今、カッコイイ!
2014.10.01 22:36 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."薄荷グリーンさん こんばんは"
このシンセも単音ですね。スロビングリスルとかファウストとか
妙なノイズモノに凝ってた時代なので、もっぱら音階のない
虚仮威しな音ばかり出してましたよ(笑)。
繋ぎ変えはYMO時代の松武さんがカッコ良かったですね。
さすがに演奏しながらは無謀ですけど....。

後にアナログのポリフォニック、さらにデジタルシンセと
購入するんですが、単音パッチのこいつの時代が最もクリエーティブ
だったような気がします。

APS-Cのミラーレスですから、35mm換算1.6倍...だったかな。
45mmですから72mmの中望遠ってな感じです。










2014.10.01 22:59 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."面白半分さん こんばんは"
文系学生でもイマジネーションが刺激されて、ツマミを
ぎゅんぎゅん弄って音作りに没頭出来るのがアナログシンセ。
文系にはまったくお手上げのアルゴリズム関数とその配列による音作り。
予めメーカープリセットの音を呼び出して使うだけが精々のデジタルシンセ....
そんな感じでしたよ。
2014.10.01 23:17 | URL | #- [edit]
taka says..."アナログは、美しい"
写真の鍵盤BOX、美しいではないですか。
時計もアナログに美を感じますナ。

機能なんてクソクラエだ。

そう言えば、(大昔になってしまった)学生時代にアナログコンピューターなるものを使用したことがあるが、何の意味があったのか、記憶の欠片も無い。
2014.10.02 08:26 | URL | #XtpRPBkU [edit]
pipco1980 says..."takaさん おはようございます"
実際にどう括られてるか分りませんが初期のBasic系の
コンピュータなんて実質アナログでしたよね。
基本的に「OnとOff」=「電圧を掛けると掛けない」と云う動作。
これを自動化して細密にコントロール(プログラム)することで
難問計算はもちろん、ドットで絵が描けるし、
音楽もYMOみたいな自動演奏が出来るって、
とってもシンプルな発想でしたね!。

最初に音楽用に購入したのは何とYAMAHAのコンピュータだったんですが
(テレビの2chに繋ぐ式)ほとんど壁打ちテニスゲーム
ばかりやってました...毎回そのプログラムを打込むのに
20分はたっぷりかかりましたけど....。懐かしいです。


2014.10.02 09:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/429-da192025
該当の記事は見つかりませんでした。