ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

モヤモヤのグリグリ

DSC06441.jpg
@秋田公立美術大学

きちんとね「1枚よろしいですかあ?」とお願いしたら、
彼女はきっちりベストスマイルをくれたんですよ….! 

ところが、こちとら例によって手動ピントリングをグリグリグリ…
と約10秒...さてお待たせ!と思ったら、
彼女、既に作業モードに戻っちゃってましたよ…。

最近の国産レンズなら、髪の毛も1本1本が極めて精彩に、
アフリカ人の視力か!?と思うほど麗しく写るはず…。
ところがこのフランス製クラシックレンズは何となく
モヤ~ッとハッキリしない写り…髪の毛の描写も大雑把。

しかしなんともレトロで、しっとりとした皮膚の感じとか、
全体的にユルくてウエットなイデタチがとても愛おしい感じ…。

技術先進国の日本やドイツの工業的感覚ではダメダメな描写力って
ところなのかもしれないけれど、
どことなくフランス・ヌーベルバーグのアンニュイな感じ…
嫌いぢゃないです。
ジョンレノンが愛用してたのもうなづけますな。



音楽で生計を立て始めた時分、
ミュージシャン仲間ではなにしろEarth Wind And Fireが大ブーム。
ところが自分的にはこれが少々苦手で(ファルセット系がいまだにダメ)、
それならむしろTower Of Powerのほうが断然好き!…って、
高校生の頃から主張してた!。

ホーン隊ばかりが注目されるが、このバンドのキモは何といっても
強力なリズム隊!
drum 'n bassの繰り出すダイナミクスの利いた歯切れの良い16ビート感覚は、
当時としてはとってもカッコ良くて新鮮だった。

その中でも特に好きなのがギターのブルース・コンテ。
渋くネットリとリズムをキメつつ、派手なソロこそないが、
効果的なオカズでしっかり自己主張もする。
ギターヒーローというより、いぶし銀の職人的バンドマンという立ち位置や、
そこらの所作がとってもカッコいいって思ってた。

後年、私は成りゆきながらもTower of Powerを意識して
9ピース(リズム4+ホーン5)の「歌伴バンド(不特定歌手さんのバックバンド)」
を結成し、ギタリスト兼営業マネージャー的な立場となるのだが、
様々問題含みで長くは続かなかった。

Tower Of Powerも80年代に入ると、
悲しいかな「バラ売りセッション活動専門」が目立つようになり、
そのまま消えてゆくのかと思いきや、メンバーチェンジを繰り返しつつ、
現在も精力的に活動中らしい。

というわけで、かっこいいブルース・コンテ在籍中のライブ映像から
What Is Hip!


Tower of PowerTower of Power
(1999/02/26)
Tower Of Power

商品詳細を見る

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

10 Comments

天安 says...""
いつも拝見です。
ちょっと質問がございましてアップしました。
1.日本では、小さめの大学がたくさんありますが、そうした大学は、
これからの学生数の減少に対応できるのでしょうか(生き残れるのでしょうか)。韓国にいるわたしからみると地方の小さな大学は生き残りが厳しいんじゃないかと思えるのですが、何かに特化されていて小さくても生き残りは大丈夫だ、というような「戦略」があるのかな、と思いまして、、。
2.わたし、こういう音楽の方面はド素人なんですが、この
「Earth Wind And Fire」というグループ、もともとは「Earth And Fire」というものだったんですか?「マミーブルー」だったと思いますが、
あれ、「Earth And Fire」ってグループじゃなかったのかな??
(ちょっとつまらない質問でした。)
2014.10.03 08:10 | URL | #xQMNHKag [edit]
pipco1980 says..."天安さん おはようございます"
1.仰られるように、何らかに特化した大学じゃないと生き残りは
困難とはまさに自明です。ご興味ありましたら、
秋田の「国際教養大学」を是非調べてみてください。
大学の生き残り云々だけではなく、日本の教育の未来のヒントが
全てこの大学にあり、その成功例として注目されています。

2.Earth Wind & Fireはアメリカの黒人のR&Bベースのグループですが
Earth & Fireは、たしかオランダのポップスグループですね。
ショッキングブルーと同時代で、ライバル関係みたいな
売られ方をしていたように思います。

英米の音楽業界は、既にライセンシーなどのビジネスモデルが
確立していたので、日本の配給会社はヒットしてもさほど
旨味がない!...というわけで、同じように青い目で英語で歌う
安めのヨーロッパや中東の歌手を売り出して儲けよう!...
というわけで、英米のヒットチャートとは無関係に日本でヒットするって
現象が60年代後半くらいから出始めるわけです。
ヘドバとダビデとか、マミーブルーの共作ヒットもそうですね。
2014.10.03 09:22 | URL | #- [edit]
天安 says...""
「国際教養大学」、調べてみたいと思います。
成功例がここにありますか。
すばらしい情報です。

また、.Earth Wind & Fire と、Earth & Fireは、
ライバル関係みたいなグループ(つまり全然別のグループ)だったとは!
やっぱ、専門家はちがいますね。
こういうややこしい(素人からすれば)事柄も、即座に回答できるわけですからね。

2つの質問に詳しくお答えいただき、感謝の至りです。
またよろしく。
2014.10.03 20:42 | URL | #xQMNHKag [edit]
pipco1980 says..."天安さん こんばんは"
徹底的に専門性を高める為に妥協しない姿勢...
そんな環境の学生達ですが、就職先では意外な抵抗に
遭っているようですね。つまり会社の先輩達に
そこまでの専門性やストイックさが欠如している為の摩擦、
無理解....。実社会ってそんなものかもしれません。

ショッキングブルー(ビーナスのヒットで有名)と E&Fが
同じオランダ出身のライバル関係ってことで、アメリカの
EW&Fは「ビートルズ」と「ずうとうび」くらい無関係です。
2014.10.03 21:35 | URL | #- [edit]
薄荷グリーン says...""
わたしは正面からの人物写真ってよく分からないから、何かしてる時の写真のほうが好きです。
わたしは気後れしたり面倒だったりして、あまり手を出したくならない方面なんだけど、結構積極的に人を撮りたくなるほうなんですか?
2014.10.03 23:44 | URL | #56UXBqNU [edit]
pipco1980 says..."薄荷グリーンさん こんばんは"
動きのない風景には、基本的に動きもののヒトやネコなどの存在は
必要...と思ってますが、残念ながら元来が人見知りなので、
その経験が豊富にあるとは云い難い状態です。

問題はコミュニケーションの煩わしさ(怖さ?)ですけど、
これも単純に「コミュニケーション取りやすいヒト」にしか
無理ですから。知り合いとか、撮ってくださいオーラを
盛んに振りまいてるヒト、立場的に拒否出来ないヒト。
そんな打算と勝算を引き摺りつつ、卑屈にコミュニケーション
取るわけです。その時だけは仕事してる気分ですけね....。


2014.10.04 00:16 | URL | #- [edit]
amamian3 says..."こんにちわ"
何を創ってるんでしょうか?
美大生って どこかほんわかしていて いいですよねぇ・・
と云うことは そのレンズまさにフィットしてるってわけで(笑
美大受けておっこった記憶がありますので ことさら
「ビダイ」には反応しますよ(笑

ラッパ鳴らしつつバックコーラスって
出来るんですねぇ~!! ブレスも凄いブラスの方々!!
この感じ好きで憧れですよ!!

またまた台風接近で 養生におおわらわ!!
ただ 雨戸を閉め切るので少々の音量は大丈夫なんで
楽しんでいますよ!!
2014.10.04 11:12 | URL | #wZiQHpeI [edit]
oyajisann says...""
どうもです。
EW&Fは個人的にもっとビッグなバンドになると
思ったのですが尻すぼみになってしまった感があり
ます。
タワーの方は74年のBack to Oaklandからのお
付き合いですが最近はアンソロジー聞く程度です。
来週もよろしくお願いします。
2014.10.04 13:27 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん こんにちは"
えっ?amamian3さんもビダイクズレ?
一緒じゃないっすかあ!。

そうですよね、台風接近大変ですよね。
もう毎度オツトメご苦労様...としか言いようがないっすね。

ブラスの方々は、さらにダンスも披露してますから、大活躍ですね。
様々なアーティストのライブやレコーディングセッションで
彼らが人気なのも充分頷ける、陽気なヤツラでした。

2014.10.04 16:10 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん 毎度です"
ワーナーでHOT MENU ’73って、2枚組で980円で売り出した
お徳用サンプラーアルバムって覚えてらっしゃいますか?
あれに入ってたTowerの「Down To The Nightclub」にぞっこんで
それ以来のお付き合いでしたね。あのアルバムからは他に
ダニーハザウェイとかデッドとか新たに知ることになり、
まんまとワーナー戦略の術中にハマるわけです。

アースはヒトが云うほどあまり気に入ってはなかったですが、
ギター弾きとしてはアルマッケイ風にチャカポコ弾くとウケる時代
だったんで、ビジネスとして真似させていただいてましたよ!

ハリスンの記事、楽しみにしてますよ〜。
2014.10.04 16:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/430-4c03d38a
該当の記事は見つかりませんでした。