ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

ゆるふわぽよよのグレープフルーツムーン

susuki.jpg
ススキは「芒」、或いは「薄」と書く。
いずれにせよ、うすボンヤリして、虚ろな存在なんだろうな。
…だったら仲間じゃないか…。

ここのところ、最も取り扱いが厄介ながら、
「ユルフワポヨヨ」な描写でお馴染みの(?)
おふらんす製のクラシックレンズ「アンジェニュー」ばかり
持ち出しては使っているけれど、今日は天気もいいし、
久々にギルドの本場ドイッチェラン製のカール・ツァイス・レンズを
カメラに装着し出掛けることにした。

ヌーボーとして(?)、モンマルトルの緩やかな稜線のように
ユルフワボヨヨの、まことに合わせ難いアンジェニューのピント調整に
心ならずも馴れてしまっていたので、
ツァイスのいかにも我が闘争でメッサーシュミットでアウトバーンでゾーリンゲンで、
つまるところメルセデスな(?)刹那感満載のドイツ帝国製らしい、
正確無比でシャキーン+キリリな歯切れの良い描写は、
ノーベル物理学賞なわりにはマニファクチャーな日本製カメラの、
ややヌルメの液晶画面上でも充分伝わり実に小気味よい。

ところが、そのいかにも優等生で従順なツカエル部下たるゲシュタポ君に、
何か「ん?」と物足りなさを感じてしまうのはどういう現象だろうか?

切れ味鋭い優等生は、ここ一番の失敗出来ない局面では、
絶対ハズセナイ信頼感と安心感が確かにあるけれど、
逆にそんな緊迫した局面ではない今日のような(いつものような?)
ボンヤリとした季節感などを切り取ろうとしてる状況では、
ちょっと青っパナたらし気味で、少々オツム足りない系の
ヌボーっとした奴だけど、何だか知らんが、あいつを使いたい、
あいつの能天気さに何だか妙に頼りたい…
そう強く思ったりする。

特に目の前に、ゆるくて柔らかくて、
おまけに存在感の薄い「ススキ」なんぞが現れると、
ここはシャキシャキピーン!ではなくて、
青っパナ・ユルフワポヨヨの登場ではないか!。
まさにおふらんす生まれの彼の出番ではないかっ!…。

そういうわけでポヨヨヨ・アンジェニュー・レンズでの
ユルフワ・ススキの狂宴!
眠たくなる画像になったら大成功であるのだ。


カメラは持って出たものの、
実は今日は朝から病院に張り付きっぱなしの3科集中外来の日。

検査や診察でヘトヘトになっての帰宅途中、
ちょっと寄り道して写真を撮ってたら、
あっという間に釣瓶落としで日も暮れて、
東の空の低いところには超デカイ赤黄色の月が…。

そうか今日は皆既月食かあ…と、
まだ一向に欠けてない真ん丸のデッカいお月さんを眺めながら、
東京の月も秋田の月も、中国の月も韓国の月も、
そしてシリアの月も、みんなおんなじ「お月様」…
なんてちょっとセンチになったりしつつ、
気が付いたらこの唄を口ずさんでいた。

まだ70年代の美声だった頃(?)のトム・ウェイツ
あの頃一番好きだった「グレープフルーツ・ムーン」。


Closing TimeClosing Time
(1994/06/16)
Tom Waits

商品詳細を見る

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

8 Comments

amamian3 says..."このピアノ"
好きですねぇ~♪♪
最近のマイブームです

ススキ いいじゃないですか!!
こんな風に写るのを 予感してたんですね(笑
どこにでもあるススキですが 太陽とか 青空 時に
朝日や夕焼けをバックにすると
もっと ボワーッとして、、味を出しますよ
月食 撮りました(face)、、が 既に酔ってましたので
10枚中 一枚のみ(爆!!
三脚立てたはずですがねぇ~・・・

恐るべしの台風がやってきます
2014.10.09 21:14 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さんこんばんは"
こんな時間に珍しいですねえ(笑)。

お月さんは、もちろんシミジミと眺めてましたけど、
写真は、素晴らしい機材で秀麗に撮られる方がブログ上に
数多いらっしゃいますので、そちらにおまかせであります。
三脚も持ってませんし。

しょうがないと云えば元も子もないですけど、また台風、
たまらんですねえ。まあ折込み済みなんでしょうけど....。
まあ、もうすぐコチラも毎日が吹雪のいやな季節がやってきますけどね。
2014.10.09 22:24 | URL | #- [edit]
薄荷グリーン says...""
レンズ2本、きっちりと携えて外出してるんだ。
画角の違いで交換するのはよくするけど、絵のテイストの違いで交換というのはやったことがないなぁ。
逆にあるテイストが気に入って使ってるレンズをつけてると、そういうのに相応しいような被写体を探してるって云うところはあるかも。
ひょっとしたらレンズを換えることで被写体も変ってくるかもしれないですよ。

それにしてもアンジェニュー、かなり気に入ったんですね。
鷹の目テッサーも絞り開くと結構柔らかい描写になるんじゃないかと思うけど、それじゃ足りない?わたしの東独テッサーはm42のマウントのものなんだけど、結構柔らかい絵になるときもありますよ。でもやっぱりアンジェニューは特殊なのかなぁ。
薄の写真が撮れるほどに秋になってきてるんですね。季節感のある絵はその絵の雰囲気というか空気感を結構リアルに共有できそうでいいです。

それと夕方の日当たりは表情豊かでいいです。マジックアワーなんて狙わなくてもいい光が一杯満ちてる。

ズミクロンの値段が安いのってどうなんだろう?
高くて当たり前のものだから、絶対に何かありそうだと思うんだけど。
何かまともに高いのでも、カビ、クモリは当たり前の世界と何かで読んだことがあります。そういうのも味として楽しむんだそうで、クモリはまだしもカビは他のレンズに移りそうでやだなぁって思います。
2014.10.09 23:20 | URL | #56UXBqNU [edit]
pipco1980 says..."薄荷グリーンさん こんばんは"
以前、国産の単焦点レンズをオクで異常に安く落としたら、
クモリがヒドくて使い物になりません。
「ジャンクって書いてるじゃん!N.C.N.Rの約束だよ!」って....。
転売すればいいじゃん!って言うヒトも入るけど、不幸の手紙みたいで
どこかで絶ち切らなきゃいけないし....。困ったもんです。

アンジェニューは普通じゃないところ、頑固なところ、意外性等々で
一筋縄では行かないじゃじゃ馬ですけど、それが愉しいです。
テッサーはほぼ開放でしか使ってません。絞ると輪郭はハッキリして
気持ちいいんですが、全体的なカリカリ感が自分としては
あまり馴染めない感じがします。アンジェニューはF8くらいでもまだ
ふわふわ。ところがF16を越えるとほぼ夕景になってしまうので、
これもまた...じゃじゃ馬ですねやっぱり。
2014.10.10 01:26 | URL | #- [edit]
花ちゃわん says...""
ヨッパなメガネ族には、ピント合わせるのは至難の業なので
お月さんの写真も撮らなかったで~。
普段でさえピント合ってない景色見てるんで
ススキのホワホワ写真は、親しみが湧くョ♪
寂しさもあったかいって・・・変だけど。

また今日も、pipco1980さんの
魔性の文体に引きずり込まれるよーに
一気に読んでしまった♪

病院、お疲れさん!
 
2014.10.10 10:29 | URL | #LkZag.iM [edit]
ももPAPA says...""
pipさん こんにちわ

また腕を上げましたね。
レンズって PCのソフトのようなもので それぞれの特性をうまく使い分けて撮れたら沼にハマってしまうのは至極当然なのでしょうか。

もうこうなりゃ ハマるところまでハマって絵を楽しませていただけたら嬉しいです。
トム・ウェイツ また渋いとこきましたね。
年輪を重ねていくごとに増してくる声の渋味と枯れ味に何ともいえない魅力を感じます。

2014.10.10 12:45 | URL | #Wgi4adpQ [edit]
pipco1980 says..."花ちゃわん 毎度だす"
一回ね、眼え擦って、もう一回両の眼見開いて「なんだなんだ?」
って見るような、ボオッと多少揺れながら存在感なく何となく立つ
ススキが正しいススキの姿で、凛々しくスックと立つススキなんて
そりゃあ嘘ススキだべよ!....ってぶつぶつ言いながら撮ってましたよ。
同じ理屈でお月サンを精彩に、ナントカの海までハッキリ撮れたところで
なんだかそりゃあ嘘くさい...ボンヤリ出てこそお月さんやろが!なんてね。
花ちゃわんがそれを分ってくれてるのが、なんだかオイちゃんは嬉しい。
2014.10.10 12:46 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ももPAPAさん おかえりなさい!"
ももPAPAさん、お久しぶりですね。
いつも「あそぼうよう〜」って、ブログにお邪魔するんですが、
ここのところ、どこかにご旅行中? 
ご一家で大阪万博にでも出掛けられたかな?(笑)って感じで、
一人寂しく「ちぇっ…」ってな感じで帰りましたよ!。

そうですか、戻られたんですねえ….また遊びにいきますよ。

トム・ウェイツは年齢とともに声に凄みが出過ぎて、
今じゃちょっとお付き合いするのが「不適切」な方面の声に
なっちゃいましたから、どうしたものか困っておりますよ。
2014.10.10 13:01 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/433-075074bf
該当の記事は見つかりませんでした。