ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

嵐の前の賑やかさ

porto.jpg
-Porto-

秋田の、年に一度の
「街中アッチコッチ、アマチュア音楽イベント=PMAことPower Of Music Akita」。
またその季節がやって来た。

なんと私はもう4回目!。
昨日たまたま東京にいる家人が
「アンタの顔、忘れちゃいそうだから、たまにはせめて写メぐらい送ってよね」
というので、イエネコの写真を送ったら、深い溜息をつきつつ
「まあそれならそれでいいけどね…モモかわいいし…」 
そんな倦怠そのものな会話をしてたなあと思い出しつつ、
ああ、そう言えばもう4年目なのか故郷隠遁生活…(震災の年だったもんなあ)。
顔、確かに忘れられるよな…。と少々焦って、
さっきアホ面半笑いのスケベ中年写メをコッソリ送ってみたりするのだった。
こんな下品な顔だったろうか拙宅の旦那は…
今ごろそう思ってるに違いない。

民謡や舞踊、クワイヤからエスニック、
そしてあらゆるスタイルのポピュラーミュージック全部ひっくるめて、
秋田のアマチュア音楽愛好家が総力を結集し、
街角のアッチコッチで生演奏が聴ける、秋田に居て良かった!
と思える数少ない行事の、待ちに待ったその日は、
台風19号が接近中の、今にもドシャドシャと落ちて来そうな
不穏極まるお天気の中、粛々と行なわれたのだった。

もちろん我らが友人バンドPORTOもAUGUST MOONも、
元気で溌剌とした姿を見せてくれた。

お天気は鬱々たる曇り空だけど、
街角のアチコチから聴こえてくる音楽の幸福な響きに、
思わず大感謝!な一日である。

august moon
-August Moon-

まあ蛇足であるのは充分承知しているが、
少し不満なのは、メイン会場の夜を、
くだらないプロフェッショナルなジャズ屋さんらに占有される事が
どうにも許し難く、看過できない。

あくまでも個人的な見解だが、JAZZって音楽は「密室音楽」。
狭い空間で、少々の酩酊状態を伴いつつ、
こそこそと多少のヤマシサを持ちつつ聴くイカガワシイ音楽であると思っているから、
オープンエアな野外ステージで華々しく繰り広げるような
大らかで清らかな音楽では決してない。

誤解のないように言えば、
昼間のビッグバンドさん達(アマチュア)のご出演に文句は一切ない。
それでも、あの立派なステージは不要=地面に椅子を並べればそれで良いと思うし、
その方がお客さんも近くて、お互いにメリットはあるはずだ。

許せないのは、あの立派な野外ステージで、
ポロポロとキャバレー音楽よろしく薄汚れた音を発するプロ達は、
街角のアマチュアの方々の熱意と素晴らしい音を少し見習った方がいい!。
君らが失ってしまった音楽が好き!っていう純粋な気持ちの前に
君らは平伏すべきだ....。

ところが昼間に君らが街角に乱入し、演奏に加わったような話も聴いてないから、
精神的にもう腐りきってると云うか、
無理なんだろうねキミラには....。

あのステージは昼間頑張ったアマチュアの方々に開放して、
アンコール演奏すべき!うす汚いJAZZ屋さん方、
Go Back To Your Dark Place…である。
ああ久々ディスって清々したな!

Porto(モノクロ)はCarl Zeiss Tessar
August Moon(もやもやカラー?)はP.Angenieux Paris

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

8 Comments

小林 says..."今日も、ありがとう!!"
来てもらえるだけでも嬉しいのに、毎回掲載いただき、ありがとうございます!!
また一緒に飲もうね!!
2014.10.14 01:16 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."よっちゃん おつかれっした。"
おつかれでした。

あらためてみんなの演奏家としての質の高さや真摯さ、
あるいは人間性の大きさなんかが分った日でした。
もちろん他のバンドも然りだし、運営スタッフの方々も
熱意を持って取り掛かっている事にかなり感動しましたよ。

それにひきかえ違和感ありありなのが....と自虐的でもある
感想となるわけです。

ちなみにストラトの音、まろやか系でとっても心地良かったですよ!。
2014.10.14 10:54 | URL | #- [edit]
薄荷グリーン says...""
かなりディスられてるジャズ屋さんはどんな演奏してるんだろう。
スノッブな感じの嫌味な演奏なのかな。
わたしもどちらかというとジャスを聴いていたのは今はもうほとんどなくなってしまったジャズ喫茶の薄暗がりの中だったし、これはこれで今考えるとかっこつけすぎて嫌みったらしい聴き方でもあるんだけど、似合うといったらこういう場所か酒場なんでしょうね。マイルスデイビス辺りの仕掛けの大きいのは薄暗がりは似合わないけど。
まぁ、そんなことは云っても、この前鴨川縁で野外のジャス演奏していたグループがいて、演奏してる側も楽しそうで聴いていても凄く楽しくなってきたから、演奏する人によって日の当たるジャズもカッコよくなるのかもしれないです。

ステージは雨の用意もしてあったようだけど、台風の影響もなかったようでよかったですね。
こっちは先週のもだけど今度のは京都の真上を通っていったのにそれほど酷い雨も降らずに通り過ぎていきました。

日本の色はあの赤、なのかも。でも赤はすぐに飽和したみたいになって上手く撮れない。
かっこいいシーンを引き寄せ呼び起こすのも写真家の腕かもしれないなぁって思うときがあります。逆光もしかり、決定的瞬間なんかその場に居合わせた幸運とかそういうのを持ってる写真家って絶対にいると思う。
ホワイトアルバムは何だかまとまりのない雑然とした感じが結構好き。レコードの中に日常的なスナップをコラージュした大きなポスターのようなのが入ってたと記憶してるんだけど、音もちょうどあんな感じで、録音現場に居合わせてるようなある種生々しいところがあったし。
2014.10.14 22:40 | URL | #56UXBqNU [edit]
pipco1980 says..."薄荷グリーンさん こんばんは"
アマチュアの祭典に、ワザワザ中途半端なジャズ屋を
中央から招聘して、娯楽を知らない田舎者よ!という
上からスタンスで腐った音をこれみよがしに....
何故主催者は、予算が逼迫してる中、毎年こんな連中を
呼ぶのか!?という憤りですね。またそんなものを
有り難がる地方の卑屈さも、やるせないです.

ホワイトアルバムは私も恐らく一番聴いたアルバムだろうと思います。
明らかな無駄曲も、見事にビートルズマジックで不思議な強い光を
発してるわけですから、ズルいなあ!なんて思う時もありますね。
アビイロードは「ちょっと違う」ってのにも大いに共感します。
もしかしたら光が少し弱ってしまってたかもしれません...。


2014.10.15 01:29 | URL | #- [edit]
花ちゃわん says...""
こんちは~♪
お昼休みに覗いてみたら、モノクロ写真 ズッキュ~ン♪
メンバーの方達、とってもイイ雰囲気ですね~

おまけに、桃太郎侍のような
ズバッとしたもの言いが、潔くってスッキリだす♪
ワタクシ、小心者故、なかなか本音が言えないもんで・・・ガハハ!


2014.10.15 12:45 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."花ちゃわん 毎度だす"
ハイ桃太郎でござる!といってもトラック野郎じゃない…
わかんないよね。

人生長く生きてるといろんなことがあって、
そのジャズ屋だった事もあるし、頭にタオル巻いた
イベントの下働き〜施行〜企画、最後はちょっとエラそな
クライアント側など、それら全部の立場を経験済なわけで、
ちょこっと有名なプロさんやらをタレントを招聘したい
気持ちも意図も分るんだけど、
それってイベントの主役たるアマチュアやボランティアや、
そんな諸々の善意や熱意、チカラを信用してないってことで、
それが悲しくって、メインステージはとっても空虚だった。
そんな感じだすなあ。
2014.10.15 13:38 | URL | #- [edit]
amamian3 says..."治りました"
東京出身のPC屋さん、実に名医でしたよ
我が娘の同級生と結婚して 奄美へ
好青年でした

オーガストムーンがなぜメインじゃないのでしょうねぇ~!!
2014.10.15 17:13 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん おばんですう!"
いやはや奄美方面から音が聴こえないので、もしや...
「飛ばされた??.....」
取り敢えずご無事で良かったです。
PCも治って良かったですね。
ウチもダマシダマシ...ですけど。

そうですねえ冗談除けて、その方が良かったですねえ。
結構ね、高校生の伝統芸能とかナカナカ良いんですよ!
そういうのにもっと光を!って思うんですね。
2014.10.15 22:23 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/436-df95d768
該当の記事は見つかりませんでした。