ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

秋色・黄昏・汽車ポッポ

sl.jpg
Carl Zeiss Jena Tessar 50mm F2.8

正規の運行本番は、今度の土・日なはずだが、
今週1週間はテストやら招待客運行等で、
連日本番と同じダイヤで動いている汽車ポッポ。

片道たかだか60km足らずの距離を、
7時間掛けてゆっくりゆっくり往復するわけで、
60kmというと、さてどのくらいだろうか?とGoogle地図を広げて、
自分的に馴染みがある尺度で言えば、東京駅から中央線快速に乗り、
途中立川駅で青梅線に乗り換えつつ(直通もある)、青梅に到着する距離…
そういうことになるらしい。

そんなのはまさに「一眠り」な距離に過ぎず、
実を言えば青梅線直通で安心して爆睡した結果、
ほぼ往復してスタート地点に戻った事すらあるのを思えば、
この遅さははどう考えても
「撮り鉄サン、どうぞいらっしゃい!」
と誘ってるとしか思えない。

そういうわけで、特に撮り鉄クンではないけれど、
ならば手近の鉄橋で…となるのだった。

またこれは最近のマイブームでもあるクラシック・レンズ・チェックの
格好の素材でもあるわけで、毎日、残念ながら朝早くには決して行けてないけれど、
復路の夕方、毎日違うレンズをカメラに装填しつつ、
いろいろなアングルを様々試しながら日々鍛錬!というわけだ。

リハーサルだというのに、既に例によっての超高級一眼レフオヤジ軍団は
その豪華さを競うがごとく、三脚と脚立の放列を成すわけだが、
そんな中で、ヘリコイド(ピントリング)をグリグリ手回しで
急がしそうにしてる輩はさすがに私だけだなあ....(笑)。
こいつ戦争中みたいな古臭くて異様なレンズでゴソゴソ忙しなく何してる?
って視線は、実はほんのちょっと誇らしくもあったりして!。

必ずしも好天に恵まれてるわけではない今週1週間であるのだが、
さて週末はいよいよ本番…
さてさて僅か10秒に満たないオン・ザ・ブリッジ劇場!
どこの場所に陣取り、どのレンズで行くか…
いまだに決めかねているのだった。

ところで望遠レンズというのを、相当しばらく使ってないのだが、
いやあ持ってくれば良かったぜ!と思ったのが、昨日、
川の向こう岸の土手に何やら巨大な犬が放し飼いされてる??
何だあれ?と凝視するとなんとそれはカモシカ!。

周囲のカメラマンさん方や、近所のオバさん的な(汽車ポッポの)野次馬な方々にも
指差して「ほらほら!」と少し興奮して促すのだが、
ご近所さん、カメラマンさん達ともにやけに冷静に
「そうねえカモシカ…」
「カモシカだね、それが何か?」という素っ気ない調子。

だってカモシカだよ、ニホン・カモシカ….えっ、何で...??

どうやらこれはそんなに珍しい光景ではないらしい…。
なんだか我が故郷の、しかも曲がりなりにも街の中心部の一角で
野生のニホン・カモシカの闊歩が日常の景色…。

自慢出来るのか卑下すべきなのか、
大混乱するポンポコ村在の草臥れオヂサンであるのだった。



中学生の頃、映画雑誌や音楽雑誌のグラビアにちょくちょく登場する
セルジュ・ゲンズブールジェーン・バーキン夫妻の姿というのが、
実は強烈な印象として残っていた。

何だかよくわからないが、大人の、それもなにやらタダならぬ雰囲気を
醸し出し、なんだか尋常ではない種類の胸騒ぎがするご夫婦の姿…。

実際に彼らの歌を聴く機会というのは、コチラが大人になるまでなかったのだが、
途中、ゲンズブールがフランズギャルの「夢見るシャンソン人形」や
フランソワーズアルディの「さよならを教えて-Comment te dire adieu?」の
作者である事を知ると、単にヴィジュアルだけではなく、
その才能が気になり出し、一時期だが情報を収集し、作品を集めるようになった。

ちょっとエロい音楽そのものよりも、とても素敵なプロモフィルムに注目して欲しい、
ご夫婦(当時)共演の「ジュテーム」。
フィルムレンズのモヨヨな風合いが、何となく妙に身近に感じる今日この頃である。


「♪私のフランソワーズ」ことフランソワーズ・アルディ。
コレは日本でも相当ヒットした「さよならを教えて」
今聴くとピチカーチファイブあたりの渋谷系な気がしなくもない。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

8 Comments

薄荷グリーン says...""
わたしは近くだったとしても、朝早くに出かけるのは絶対に無理。
朝独特の空気感があるのは承知してるんだけど。
こういう場所に、マニアはやっぱり朝早くから陣取ってるんでしょうね。っていうか結構特殊な状況のようだからカメラの砲列が並んだりしてないんですか?
夕方の光は一日が終わるっていう名残り感がちょっとあるけど、表情豊かなので、本番もいい写真が撮れることを祈ってます。今回の写真も黄金色の光がいい雰囲気です。
レンズ、使い慣れてきました?こういう風に撮ったらこんな出来上がりになるとか、癖をコントロールできるようになると、癖のあるレンズは使い応えがありそう。

セルジュ・ゲンズブールとジェーン・バーキンのは、途中で気恥ずかしくなってきた(笑)この人日本では人気でたんでしたっけ。曲は馴染みあるんだけど。みんな気恥ずかしくならなかったのかなぁ。
ゴリゴリしたベースの音とオルガンの音が洒落てます。
フィルムで撮ってる感じはいいですね。ゲンズブールがタバコ吸ってる辺りのラフでプライベートの映像っぽい感じとか。映像に時間が降り積もってるような感じになってるのもいいです。
2014.10.17 23:24 | URL | #56UXBqNU [edit]
pipco1980 says..."薄荷グリーンさん おばんです"
朝の白っぽくて強い光には私もちょっと手を焼いてますね。
どう攻略すればいいのか、難しいですよね。
後は仰せの通りの放列...場所の取り合いや無遠慮に割り込んできて
ファインダに入り込んでくる輩などなど、イラッと来る場面も多いです。
全ての意味で夕方の方が、光も気持ちも大らかに撮影が出来るような
気がしますね。

レンズクォーティングの関係で、アンジェニューは逆光に弱いと
言われますので、ならばその習性をポジティブに解釈して敢えて
利用すべし!と思い立って、すっごい夕陽の逆光を撮ったら、
ほとんど光で画面が潰れてました!そうかそういう事かあ....。
そんな失敗の数々ですよ、まだ。

初めて買ったPOPSレコードがフランスギャルの「夢見るシャンソン人形」
だったもんで、何となくシャンソンにはギリギリいかないんですけど、
フレンチポップって昔っからなんか気になるんですよ妙に。
そういう自分の中のフレンチムーブメントの先に、ボリスヴィアンとかが
いたわけです....。


2014.10.18 00:14 | URL | #- [edit]
amamian3 says..."彼女の歌"
学生時代にFMでよく流れていましたね
アダモやシルビーバルタン、そうフランズ・ギャルとか!!
やたらフランス語に憧れていましたが、第2外国語として選択はしたものの
さっぱり、、でしたっけ(笑

朝の光 白い光線ですよね
私はうんと絞って撮りますが。しらっちゃけるのは常です(笑
それを除けば 方向のはっきりした光は むしろ好きです

朝晩がめっきり涼しくなりました
とはいえ まだ20℃(現在)ですが(笑
ご自愛ください
無理に早朝撮影などなさらぬように!!
2014.10.18 05:04 | URL | #wZiQHpeI [edit]
taka says..."カモシカみたかったです"
10年前、帰宅中(22時くらい)通町で遭遇した。
大きな犬かと思ったが、足音がカパカパ。
アスファルトで滑ってたのが可笑しかった。

ところで娘が就学中の頃、構内放送で『カモシカ・・・・』とアナウンスされると、不審者のことを現しているとの約束ことであったらしい。ある日『カモシカがグランドに居ます、危険なので校舎から出ないように』と放送があり、窓からグランドを見ると、本物のカモシカを数人に警官が追っていて、みんなで大笑いしたそうです。
2014.10.18 09:53 | URL | #XtpRPBkU [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん おはようございます"
今日から汽車ポッポは本番で、朝は訳から一段と
ラウドな汽笛を街中に響かせていますが、当地本日
ドシャブリ....なんです。
おまけに寒い....と、言うわけで家でノンビリ珈琲飲んでます..
駄目だなあ!

どうしても絞るのが苦手と云うか、暗さ...というより
空気を圧縮したような「濃さ」に息苦しさを感じて
いっつも開放気味のドアホ...って私の事ですよ(笑)。
元々視力が弱くて、モノがハッキリクッキリ見えた
経験がないので、そうした薄ボンヤリ感が自分にとって自然
なのかもしれません。

本日の最低気温は10度、来週からコレが8度、5度って予報が出ています。
やれやれです。
2014.10.18 10:50 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."takaさん 毎度だす"
なるほど!秋田市民とカモシカの共存にも歴史があったんですね!
いやあ知らなかったです。
千秋公園に動物園があった頃、そこから猿が逃げただの
ライオンが逃げただので(悲しい結末でしたね)
大騒ぎになった事は覚えがありますけど、まさかカモシカと
市民がお友達だったとは!これはもう奈良の鹿に匹敵しますな!

「カモシカに会える街 秋田市!」ナンチャッテね。
2014.10.18 12:33 | URL | #- [edit]
花ちゃわん says...""
懐かしい様なあったかい汽車ぽっぽのある風景。
この色彩好きだなぁ♪

カモシカ…ウチの裏から出てきて県道を渡り
反対側の林に消えるで~
ウチの敷地内を ケモノ道にしてくださったみたいでね。
去年は 玄関前を横切った。
んだ・・・それ、日常。(笑)
2014.10.18 13:37 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."花ちゃわん 毎度だす"
ぽんぽこ村大字けものみちにお住まいの花ちゃわん、こんばんは!

周りの人に色々聞いたら、ホントにイロイロイロイロな
カモシカエピソードの数々が飛び出して来て、
なんでそんな愉しい話を今まで聴かせてくれなかったのかと尋ねると、
「この話、そんたにオモシレってが?別に普通のことダベよ」
(やっぱり変だ秋田弁...)

とんでもない所に自分はいるのかもしれない?!
そう思うのでありました。
2014.10.18 20:18 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/438-219ad008
該当の記事は見つかりませんでした。