ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

池の栓

栓1
P.Angenieux Paris "Anastigmat"

その美しさと豊かな水量と霊験あらたかさ?で
秋田市民には自慢の「千秋公園のお堀」なんだけど、
何故だか「栓(バルブ)」がある…。

美しい蓮の群生も、魚も、豊かな水生生物もすべて虚構?。
池の鯉…ただのアクアリウム…?。

奥に控える標高40mの神明山を登り、
藩政時代、佐竹氏居城本丸の土手には風雅な滝があるけれど、
さやさやと水の落ちる音に、微かに電動ポンプのモーター音が混じる風景…。

そのポンプ音の近くの頂には、どう見ても天守閣な「御隅櫓」がある。
いつ頃建造されたか知らないが、少なくとも私が高校生の頃までには
影も形もなかったから、近年「復元された」という事なのだろう。

ただし関ヶ原で東軍にも西軍にも組せず、
狡猾にも態度を保留し続けた結果、
外様大名として水戸から秋田に移封されたお殿様の居城に、
天守建立など赦されるはずなどないではなかったか? 
粗末な物見櫓くらいはコッソリ作ったかもしれないが…。

そんなわけで、35年ぶりのガキの頃の庭=千秋公園は、
他にも様々、驚きの変貌を遂げていたのだった。

そうしたわけで、懐かしいようでも細かいディテールは記憶と微妙に異なるから、
アチコチの記憶にパッチを充てがいながら修正し、
一つ一つの欺瞞や矛盾を肯定してゆく。
丸3年たった今になってやっと
「ああ懐かしい千秋公園…落ち着くなあ」と、
己の記憶をまんまと騙しきるである。

田舎で生きるコツが、そこらあたりのメンタルにあるのだろうなあ…
そう思うようになった昨今なのである。



ジャクソンブラウンの代表作であり、大袈裟ではなく、
20世紀アメリカ的「名曲」だと思う「Late For The Sky」。
とんでもない名曲だけれど、それ以上にこの曲でラップスティールを
味わい深く朗々と弾いている「デヴィッド・リンドレー」という男の存在そのものに
俄然興味を持ったキッカケの曲でもあった。

その音楽的多才さと異様な風体から「化け者」なる邦題のソロアルバムなど、
彼の作品を探索し、貪り聴くのだが、
結局「Late For The Sky」を上回る素晴らしい演奏に辿り着く事はなかった…。

ジャクソンブラウンにせよデヴィッドリンドレーにせよ、
彼らの音楽人生そのものを明らかに変えてしまった名曲であり、名演でもある
Late For The Sky」。


レイト・フォー・ザ・スカイレイト・フォー・ザ・スカイ
(1996/04/10)
ジャクソン・ブラウン

商品詳細を見る


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

6 Comments

amamian3 says..."いいですねぇ"
Late For The Sky
faceへシェアさせて頂きましたよ

また ポンプの写真がいい!!
逆光をきれいに捉えていますねぇ
この写真お気に入りです
心の思い出の表現として、多くのことをしかも静かに
語りかけてきますよ
お見事!!!!
2014.10.24 05:52 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん こんにちは"
昔、この曲と出会った頃は、まだこのラップスティールという
ギターとペダルスチールの中間みたいな楽器を知りませんから、
スライドバーによるボトルネック奏法でコピーを試みたんですが、
どうしてもうまく行かなかったんです。この曲の素晴らしい演奏は
この独特の楽器を世に知らしめるにも、
大きな貢献をしたんじゃないかなって思います。
ただ、何度もお二人がこの曲を演奏するライブに居合わせたり、
音源もたくさん聴きましたが、このレコード以上に良い出来の演奏は
ありません。まさに奇跡だったんでしょうね。
2014.10.24 11:30 | URL | #- [edit]
oyajisann says...""
今晩は今の知事さん佐竹の何代目かですよね?
池の栓なんかレコードジャケットに使えそう。
でも配信オンリーになってジャケットも死語になるのかな?
ジャクソンさんプリテンダーはML誌で5つ☆だったけど、
このアルバムもそうだったような・・・。
ウエストコーストの貴公子何て言われたけど、今も地道に
活動、好感持てますね。
その昔武道館観に行きましたが、歌詞を日本語で愛してる
と言って黄色い歓声今でも覚えてます。
2014.10.24 22:01 | URL | #eTRrWisM [edit]
薄荷グリーン says...""
わたしも次の記事で似たようなことを書きました。
記憶にある場所と時間を隔ててやってきた今との乖離。わたしはどっちつかずの不思議な空間に迷い込んだような気分だったけど。
でもこの奇妙な感覚って最初だけで今の世界を上手く記憶に取り込んでしまうんですよね。
自然の中にある人工物ってそのままコントラストとして使えて写真撮りたくなりますね。
水はこういう厚みのある暗い色のほうがかっこいいかな。わたしは水は撮るのが少し苦手。あまり思うように撮れたことがないです。
2014.10.24 22:56 | URL | #56UXBqNU [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん こんばんは"
詳しくは知りませんが、直系ではなく分家当主みたいですね。

ジャケット写真と云えば、時々ね、ガソリンアレイかな?
単純に道路面とかカッコいいのがあるじゃないですか!
あんな感じで撮りたいって思うんですが、
なかなかチカラオヨバズですよ。

ジャクソンブラウンはこの曲(アルバムも)が凄すぎて
それが災いして、どんなに新作を出してもイマイチ失望感...
これは世界中そうしたものじゃないかなって思います。
2014.10.24 23:10 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."薄荷グリーンさん こんばんは"
そうなんです、呆れるくらいの記憶の上書き修正能力!。
出くわした当初は、なんて事を!と怒りすら覚えるのですが、
その次からは、あっさり順応している情けない自分...。

京都でもそんなことがあると云うのがまず驚きですね。
あってはイケナイ街...でしょう?

実はこのポンプ、3年前からことあるごとに撮り続けてるんですが、
なかなか気に入った風に撮れなくて、今回もそれほど納得してる
ワケじゃあないんですが、何となくイメージに近いかなあ...と
思ったわけです。
ネットで散々「アンジェニューは逆光に弱い」って言われますが、
「弱い」っていう明白な欠点は、見方を変えれば「長所になり得る!」
って事でもあると思い込んでるので、ついつい実践してみたくなるんです。
厄介な性格ですよね!。お互いに...??

2014.10.24 23:35 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/441-60dbd22f
該当の記事は見つかりませんでした。