ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

寒い日はネガな気分

retro2.jpg
P. Angenieux Paris "Anastigma" 2.9/45

レトロ加工ってのにチョイと挑戦してみた。
イメージとしては少し色褪せた感じの、
ポラロイドっぽい風合いを目指したんだが、
ポラロイドらしさより、アンジェニューレンズ独特の
ヌーベルバーグ・シネマっぽいボヨヨンとした軟調な個性と云うか。
眠そうなクセモノさが数段際立ってしまっているようだ。



本日(11月13日)、昨年より2日遅れて秋田市に「初雪」が降ったそうだ。
朝から激しい雨が時折アラレ混じりになり、
やがて視界が白一色になっても

「アラレは雪とは扱いが違うのかなあ?」

などと疑問に思っていたら、夜になってどうやら秋田地方気象台は、
ヒッソリコッソリこれらの気象現象を総合的に鑑み、
「初雪…」と認定したようだ。

東京しか知らないが、朝からびゅーびゅーと風が強くて、
「こりゃあ春一番だなあ!」と皆が口を揃えるのに、
気象庁はカタクナに「これは春一番ではない」と言い張りつつ、
深夜になって突然「あれは春一番でした…」と、
コッソリ訂正されてたりしたのをよく覚えている。

「日銀短観」なんていう意味不明な文学表現も
正直腹立たしいだけなのだけれど、
どうもお役人さん達の「呑気さ」は、他のいかなる業界にもみられない
特殊な状況に感じる。

まずは彼らが社会に先んじて「能力・成果主義」などの
「競争論理」を実践すべきだと思う。
当然政治家の勤務評価や実績の検証も、ツマビラカにするべきで、
立候補の時点で、実績としてその資格を有しているかなどの
通信簿を客観的に公開すべきだなあと思う。

現代の企業は、社員の勤務評価を一方的に偏ることなく、
360度方向から客観的に考察する公正なシステムが確立しているのだそうで、
そのシステムがはじき出すサラリーには、
経営者と云えど文句の付けようがないものだと云う。

まずは政治家や国家公務員にそのシステムを導入し、
公人なのだがら、その内訳もきちんと発表されるべきだと思うのだが、
いかがだろうか。
決して厳しいなどとは、露ほども思わないんだけどね。



ピンクフロイド(といってもギルモアとメイスンだけだが)の
20年ぶりの「新作」を聴いた。

特に期待していたわけでも、楽しみにしていたわけでもなく、
あのお二人じゃあ…まあ無理だろ!? というわけで粛々と聴いた。

で、まだ1度しか聴いていないのだが、イヤな予感は的中した。
恐らくもう二度と聴くことはないだろうと思う。
予定調和な、言わずもがなのピンクフロイド風の長~いワンノートの持続音と、
相変わらずあんまり巧くないブルーノートスケールのギターが延々と続くだけ
(音質だけは今様にリアルだが…)。

トコロドコロ真似の真似で喜太郎風にすら聴こえてくるこの気持ち悪さを、
どう例えればよいのだろう。
これを懐かしい、最高にクリエイティブな作品だ!
などと思うプログレファンなどこの世に存在するとは思えないが、
でもきっといるんだろうなあ、それもたくさん……。

ひさびさ可もなく不可もない「お役所仕事」なピンクフロイド20年ぶりの新作…
棄ててしまおう!

というわけで「耳直し」に何聴こうかと思って、結局聴いたのが、
彼らの2枚目のアルバム「神秘」。
久々に気分が高揚したなあ!
懐かしいNHKヤングミュージックショー『ポンペイ・ライヴ』から
太陽讃歌


神秘神秘
(2000/07/26)
ピンク・フロイド

商品詳細を見る


ピンク・フロイド - ライブ・アット・ポンペイ - ディレクターズ・カット [DVD]ピンク・フロイド - ライブ・アット・ポンペイ - ディレクターズ・カット [DVD]
(2003/11/27)
ピンク・フロイド

商品詳細を見る

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

6 Comments

amamian3 says..."ピンクフロイド"
は さておき(笑
滋賀・京都の旅を終え 昨日帰宅しました
「同窓会」というのは 時空を平気で超える魔界ですね(笑
一人二人ならいざ知らず 80人を越えるオジ・オバが一同に会すると
そこには異常なパワーが発生し 何人も寄せ付けない一種異様な雰囲気が!!

 お役所へのご意見
もっともだと関心しきりです!!
「宦官」がはびこると その国はほろびます
中国の歴史がそう方ってはいますが

昨日 京都の天気予報でも「寒波」らしきことを言ってましたが
島は 現在20度・・・NO天気ですよね(笑
それでも 吹く北風は冷たく
これからは いつものワンコとのビーチ散歩も
厳しくなりそうです
2014.11.14 06:25 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん おつかれさまでした"
ここしばらく、何十年ぶりかで故郷にいるのに
なかなか同窓会というのにありつきせんから、
遠路はるばる向かわれるamamian3さんがとっても羨ましいです。
昔の同級生に会うと、つい親戚と再会したような気になって、
男女構わず、思わずベラベラ近況を語ったりするんですが、
よく考えたらその人とは昔、殆ど口をきいたこともない
間柄だったりしてね...。人間の不思議なアヤってとこでしょうか。

風邪というほどはないですが、鼻はぐしゅぐしゅ、頭ボンヤリな
冬特有のイヤな体調です。amamian3さんもご自愛ください。
2014.11.14 08:25 | URL | #- [edit]
薄荷グリーン says...""
ポラロイドは独特の絵になって、凄い好き。現行のインスタントカメラのチェキは画質が全然違うから代用にはならないので、ポラロイドがもう撮れなくなったのは写真としてはかなりの損失なんじゃないかと思います。インポッシブルの後継ポラロイドフィルムはまるで役に立たない不良品に近い仕上がりのものしか生産できてないから、これは多少は期待してたんだけど使い様もなく、おそらく以前のようなポラロイドフィルムはもう諦めるしかないのかと思うと本当に残念。


周辺の光量が若干落ちてるのは加工のせい?

こっちもいよいよ本格的に寒くなってきました。大体今まで夏の服装に何点か追加した程度の服装で、カメラ持って歩き回ってるとまだ汗かいてたくらいの気候だったのに、今日は本気で寒かったです。
回りもマフラー巻いてたり綿入りのジャケット着てたりと完全に冬の装いの人ばかりでした。

あられと雹ってまた違うのかな。かなり前に雹が降ったことがあるけど、あれ頭に当たったら怪我すると思います。スレートの屋根に穴が開いてたもの。
2014.11.14 23:00 | URL | #56UXBqNU [edit]
pipco1980 says..."薄荷グリーンさん こんばんは"
直径5mm未満が霰(あられ)で以上が雹(ひょう)だそうです。
スレート葺きの屋根が破壊されるって言うのは、ある意味
「ひょうが降った日」のお約束の「事件」ですね。

周辺光量落ちは、中心の白とか赤とか明るい部分で側光したため
じゃないかと思います。欠陥と見るか味と見るか…微妙ですけどね。
まあ周辺は相当激しく流れてますけど…。

ソフトウェア的なポラロイド風の絵作りは、当然邪道!
だとは分ってるんですが、アンジェニューとの組み合わせで
巧く表現出来たら楽しいかなあ…とふと考えたわけです。
当初は単純に「黄色かぶり」でそれらしくなるかなあと思ってたんですが、
実際のポラ写をじっくりと眺めながら、その意外な奥深さに
結構打ちのめされたりしました。
(赤はオレンジにならず意外に冴えた赤の色調だったり、
 退行する色と逆に明度が増す色があって、ポラはポラで
 相当なクセモノなんですね)
2014.11.14 23:38 | URL | #- [edit]
面白半分 says...""
ライヴアットポンペイですが後にDVD買いましたが
それまでホームセンター等で廉価で売っているあやしいCDで聴いていました。

ウマグマでのライヴもそうですが
この頃のフロイドはうさんくささ十分で気迫もあり大好きです



2014.11.16 07:55 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."面白半分さん こんにちは"
昔だれかが云ってましたけど、ブルースを耳をつんざく大音量で
演って見せたのがクリーム。おなじブルースにサイケにして、
やがては、風を吹かせたり、音響効果を加えてスペーシーにしたのが
ピンクフロイド。ですからその原点が「虚仮威し」に他ならないわけです。
今、ピンクフロイドが存在し、やるべきことは果たしてそのオマージュや
焼き直しで良いのだろうか? もっと違う解答を期待したんですけどね。

今ツアー中のクリムゾンをどう評価して良いか私には分りませんが、
3ドラムス!...の野心的過ぎる編成でアンコールの最後はスキッゾイドマン
を演る....途方もない虚仮威しは「さすが!」と唸るわけです。
2014.11.16 11:43 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/452-5c06252a
該当の記事は見つかりませんでした。