ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

冬向きの生活の柄

あとむ
Carl Zeiss Jena Tessar

コンセプトとかよくわからないのだが、
一度ゆっくり見物したいと思っていた「秘宝館??」なのだが、
いつ行っても営ってない...。
企業の税金逃れの幽霊博物館って、バブルの頃はよくあったけど、
今はそんな時代じゃないし...。

懲りずにレトロ写真加工に挑戦…。
もっと派手にブワーッってな感じの豪快な黄色かぶりで、
大々的にレトロ風!を演出したいところだが、
どうもこれも性格なのか、あまりゴテゴテになるのを嫌いつつ、
何となくな寸止めでいつも中途半端に終わってしまうのが、
なんとも自分の人生そのもののようで、オモシロカナシい…!?。



なにしろ天気は悪いし、寒いから、現状軽めの風邪ひき状態で、
鼻がグシュグシュなのは毎度のことだが、昨日からはそれに加え左耳の調子が悪くて、
ちょうど水泳中、耳に水が入ったような不快さ。
昔やったように首を傾げてピョンピョン跳ねて、
その結果、水がジュワーッと抜けてゆくあの何とも云えない快感を求めてみるのだが、
歳をとるとそんなちょっとやそっとの単純行動では改善などしないことは、
もうイヤと云うほど知っている。

そんなわけだから、殆ど出掛けずに、昨日なんかは深夜まで
某オークションサイトを眺めていた。

滅多に市場に出ない憧れのクラシックレンズが2点、
手頃な値段設定で出品されていたから、ちょっと興奮しつつ、
ゲット出来たアカツキのその楽しさ愉快さの、
夢見心地で幸せな妄想に明け暮れていたのだが…。

自分として現役バリバリの、まあ欲しいものは大抵何でも買える時代も今はもう遠い昔。
現在はただただヒッソリコツコツと、小銭を貯めては音楽CDを買ったり(売ったり)、
ジャンクなクラシックレンズを買ったりするのが精々の、
とてもツマしい「生活の柄」…。

ネットオークションはそんな「柄」のとても貴重な情報源でもあるわけだ。

どちらもドイツ第二次大戦直後のいわゆる占領下時代の銘玉
(West Germany-US.Zoneって刻印が哀しすぎる)。
ミュンヘンのシュタインハイルというメーカーのクルミゴンっていう個体と、
有名なフォルトレンダーのウルトロン…。
どちらも1000円から始まって、残り1時間を切ってもまだ数千円(居酒屋一人分くらい)…。
ウルトロンは残り10分で突然1万を越えて、残り数分間でバタバタと、
本来相応な価格に形成されてしまい、「そりゃそうだよね!」という感じで早々に脱落。

続いてクルミゴンも同様に、終わってみれば数万円…。
儚い夢だったなあ…。

それでも何だか気持ちが高ぶって収まらないので、
以前から狙っていたCarl Zeissの妖玉(!)と評判の「Biotar」の
忠実コピーと云われる旧ソ連製のヘリオス44やら、
やはりそっくり真似たCanonFD時代のレンズなどの
中古市場に大量に出回っている『偽物』に的を絞り、
「ハハ~ン、これなら買えるなあ」
と個体コンディションなどの表記をつぶさに読み込むのだが、
やはり「写りは本物そっくりったって、所詮偽物だろ、コピーだろ、パチもんだろ...」
って不要なワダカマリが、気持ち良い「ポチッ」へとはナカナカ繋がらない。
ムムムと思いながら、気分直しに本物のBiotarをオク検索してみる…

すると「あれ?」

残り5分で他のコピー品より本物が「安い」のだ??

あわてて凝視すると「キズ多」。
特にフィルター溝が打痕で少し歪んでいる…どこかの時代で落下させたな。
しかしレンズ本体にカビ、クモリはなく、実質使用に問題はない…?
怪しい?元々妖しいレンズといわれているが、それとは意味が違う…。
自分だって、善意から正直にコンディションを克明に書きすぎて、
警戒され、安いのに売れなかったこともある....うーーーーむ。
しかし考える猶予はもうない、ええいままよ!!…

さて気持ちを落ち着かせてもう一度じっくり読み込みます…
あっ!!EXAKTAマウント!?
そうかマウントアダプターを別に購入しなけりゃならないのかあ!
ちょっと面倒だなあ…まあ1000円前後だろうから…と、マウント屋?に繋ぐと、

えっ何!?レンズより高いじゃないか!?何だそれ?…

というわけで、ただただ理由もなく安いという事はこの世にはないわけで、
後はただただ売り主が善意の人で、トラブルなく使えれば…と
神様に祈るのみの状態であるわけです。

イヤハヤ…お天気悪いけど早く、戦前から「妖玉・魔玉」と呼ばれるレンズの、
予定外の本物…はやく撮ってみてみたい気持ちと、
何やら様々不安な気持ちとが入り交じった、
外の天気同様複雑な心境の休日なのでありました。



というわけで、皆様すでにご明察の通りに高田渡「生活の柄」。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

6 Comments

薄荷グリーン says...""
デジタルでレトロ加工って、基本的に綺麗な仕上がりになりすぎるところとかありそう。
こういう被写体って自分が写りこむからどうしても斜め視点になって、わたしの場合は似たような角度の写真になってしまいます。自分の映り込み無しで真正面から撮ってみたい。
エギザクタといえばわたしはあの優雅なアンティークのようなカメラのほうも欲しい。エギザクタマウントのレンズとか手に入れやすいのかなぁ。アダプターを買ったらそれをいろいろと使うために他のレンズも欲しくなって、見事沼に片足突っ込んでしまうなんていうことになりそう。
2014.11.16 23:06 | URL | #56UXBqNU [edit]
pipco1980 says...""
汎用性の高いM42やライカLマウントモノより、同機種のエギザクタ仕様の方が
半額くらいに安いのが現状のようですから、
「沼」に引きずり込まれるのはもはや必定と諦めてますよ。
まあ最後はたくさん貯まったエギザクタ用のレンズを
エギザクタのカメラにくっ付けて、フィルムに嵌まるってストーリーまで
見えてますが、まあ楽しむことにしますよ。
別に借金してまで入手するわけではないし。

デジタル技術で全て解決できたならば、カメラなんて
「携帯電話」で充分なわけで、あくまでも実験の域と思ってます!

ウインドーの正面描写はもう無い物ねだりか、自虐に他なりませんねえ。
同志を大量に集めて、皆で一斉にカメラを構えて写り込んで
誰が誰か分らなくする…とか??
2014.11.16 23:32 | URL | #- [edit]
amamian3 says..."おはようございます"
 高田渡 いい味してますよねぇ・・・
声質はもっと鼻に掛かった甘い声だった
山平さんを思い出しましたよ
今頃 向こうでも歌ってるかなぁ・・・
 昨夜は同級生の通夜に行ってました
4度目の心臓手術 経過良好と思われた矢先
64歳の誕生日前日に逝ってしまいました 
わがままなヤツで
私をあっしーとしてこき使う かわいい女性でした

それにしても カメラやレンズ
詳しいですねぇ~!!
早く元気になって 一緒に奄美の世界を撮って欲しいです!!
2014.11.17 08:28 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん こんにちは"
高田渡サン、若い頃からジジクサい声でしたが、
歳をとったらとったでまたそれは格別に良いもので、
「美酒」って言葉がふと浮かびます。
山平氏は中学生の頃、地元で多少すれ違っただけですが、
熟成した声を聴きたかったです。

同級生さん残念でしたね。心臓手術は私も一度やりましたが
場所が場所だけに術後のダメージは諸々大きいですから
4度目....は体力的に相当お辛かったのではないでしょうか。
ご冥福をお祈りします。

あっ!今思い出したんですが、私はカメラを弄ったことがありません!
フィルムを入れて巻き上げるだとか全く未経験!
生意気なことを言うもんじゃありませんね...ただのニワカです。
2014.11.17 11:47 | URL | #- [edit]
花ちゃわん says...""
あ~! 懐かしい♪
怪物くんも、アトムも、デビルマンもいる!
こんなウィンドウがあるなんて、なんと嬉しい。

ところで、大丈夫かぁ?
熱出てないかなぁ。
昨日、親戚の30歳男子が、40度が3日も続いて
たいへんだったって、電話くれたけど・・・

ぬぎぐして、寝でらが?
明日のあさま、治ってればえ~な。
おやすみね~!

2014.11.17 23:17 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."花ちゃわん 毎度だす"
ウインドウの展示館が開いていればもっと嬉しいんだけどね。
やってんだかやめたんだかよくわからんところが秋田っぽい....。

明日のアサマにすっきりしてれば嬉しいんだけどねえ。
花ちゃわんもきいつけれな!へば。
2014.11.17 23:53 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/453-210e9418
該当の記事は見つかりませんでした。