ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

洋モノかぶれ

mono2.jpg
P. Angenieux Paris "Anastigma" 2.9/45(2014/Sept.)

学生の頃は、まだまださすがに写真など興味はなかったけれど、
デヴィッド・ハミルトンくらいは知っていたし、
独特のソフトフォーカス=妖艶というか淫靡な世界観に、
ドキドキしながら接したように記憶してるけど、
今見るとかなりエゲツない。

シルクスクリーンによる「ボカシ」のわりには色もコッテリしていて、
立体感もあまり感じられず、写真としてではなく絵画として接してみると、
何だかその芸術性には矛盾というのか、
「妖しさ」ではなく「怪しさ」の匂いがする。

1950年頃から製造されたフランスのシネレンズ「アンジェニュー(Angenieux)」も、
実にハッキリした(?)エゲツな~い写りなのだが、
D.ハミルトンがシルクスクリーンを使って得たソフトフォーカスとはまた別次元の、
絵画的と云うか、印象派的な「滲み」が強く発生する。

「それってレンズのクモリかユガミじゃね??…」
そう言う人も多くいるし、もしかするとその通りかもしれない。

しかしいかにもフランス的な柔らかい風情溢れる描写は、
時代的にヌーベルバーグ作品群に呼応するし、
間違いなくアンジェニューの個性であり最大の魅力だと思う。

とはいえ、いつもいつもこのフワフワな風情ばかりが正解ではなくて、
時にはシャキッとした鋭い切れ味の写真も必要になる。
そこは今度はドイツ…西のライカ、東のカールツアイスなどの銘玉群が控えているから、
カメラはやめられない。

普通に性能の高い国産カメラ(&レンズ)…これがベストチョイスなのは間違いない。
というか今や日本製以外の選択肢はないに近い。

国産品(実際はタイとか中国工場製だけど)ならメーカーを問わず、
いついかなる場面でも破綻なく、そこそこ美しい画像が約束されている。
正直そこから逃れる余地はない。

ただ自分という人間は、実を言うと、
人生で唯一購入した自動車はフランス車で、バイクもイタリヤ車。
PCは20数年来アメリカの林檎だし、洋楽・洋画を好み、
本も新潮&ハヤカワミステリー(&SF)をカタッパシから読破し、
国産品は嫁はんくらい…??の、いわば非国民な人間である。

それに若干の西洋骨董趣味が加味されれば、
もうオールドカメラ(にはまだいってないが)オールドレンズに傾倒するのは、
考えてみれば自明であって、この境地に至るに50数年掛かったのは、
随分と長い廻り道だったと本気で考えている。

まあもっと若い時にこの境地に達していたら、
経済的にどうなっていたのか、考えるとかなり怖い…。

古いメル友がお父上の遺産で、莫大な…カメラ&レンズを相続したそうだ。
フィルムも入れずにM型ライカを複数ぶら下げて散歩すると、
羨望の視線を感じて自尊心が高揚するのだそうだ…。

その話に当時の私は一向に興味を示さなかったのだが、
今は…羨ましいなあ...一個くらい譲ってくれないかな…。
そんな感じだ。



いつの頃からかは定かではないが、この人=ピーターハミルの新譜アルバムは、
見つけたら必ず買う事にしていて、気が付いたら膨大な数になっていた。

ソロアルバムだけで50作とちょっと…ほかに彼がリーダーのバンド
「ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター」名義も相当にある…。

量的にはザッパや、アーカイブシリーズが夥しいキング・クリムゾンに次ぐ
コレクションになってしまった…。

彼のソロデビュー作「Fool's Mate」からThe Birds。



Fools MateFools Mate
(1990/08/30)
Peter Hammill

商品詳細を見る

スポンサーサイト

6 Comments

花ちゃわん says...""
>「妖しさ」ではなく「怪しさ」の匂いがする。

これ、笑ってしまった!
こういう感じに出くわすこと、結構あるよね。

ここへくると 心地よく読めるんで
嬉しい♪

下の記事だけど、ピンクの花、ヒメフウロだよ~
どんどん増えるし、これが根付くと 草が生えない♪
ウチにも、玄関わきに植えてあるよ。 
2014.11.27 23:21 | URL | #LkZag.iM [edit]
薄荷グリーン says...""
三角屋根がこんな形で並んでるのは、私には見慣れない光景でした。親子連れなのかなぁ。人がフレームに入ると物語が立ち上がってくる気配が出てきますね。

今日大阪の委託品を扱う店でアンジェニュー見ましたよ。
改造品のようだったけど5万くらいしてました。
わたしは妖しい写りのトラベゴンが使ってみたい。

わたしのところは父親が昔カメラが趣味だったので、カメラ使い出してからハッセルを貰いました。出費無しでこれが持ってる中で一番高いカメラかな。スクエアフォーマットがなかなか上手く決まらないのであまり持ち出してないけど。
誰かから譲り受けるなんていう話を耳にしたらわたしもかなりうらやましいです。実際のところフィルムカメラなんてフィルムに光を導く箱にしか過ぎないから、どれも大して変わりはないんだけど、ライカとなるとブランド力が半端じゃないから、大して違わないと分かってながらわたしも欲しいです。
でも本当にフィルム入れないでアクセサリー代わりにライカ提げてる人っているんだ。どうせならフィルムくらい入れたらいいのに。

それにしてもドイツの独壇場だったのに、本当に日本製が席巻してしまいましたよね。京都に来る外国の観光客もほぼ全員といってもいいくらいキヤノンかニコンです。わたしはあのおにぎりみたいなずんぐりとした形が苦手。カメラって何であんな格好になってしまったのかなぁ。

紅葉は、わたしの力量だとあんなものだと思います。特に撮り方を変えたとかしてなくていつも通りにとってあんな風になりました。
絵葉書風にならないようになんて考え出すとお寺に紅葉なんていう対象は扱うのが難しくなったけど、逆にいかにも絵葉書風に写すというコンセプトで撮ってみるのもひねくれていて面白かったかも。
2014.11.27 23:27 | URL | #56UXBqNU [edit]
oyajisann says..."センス以前の問題"
今日年末好例の母にシクラメン買って超簡素な
デジカメで撮影どれも何か変。
あらためてフォトはセンス以前の問題あると痛
感しております。
アーカイブシリーズって一種のマニア向けブーム
ですが値段に差があり過ぎますね。
リマスターしたからってそんな費用かからないから
もう少し安くても良いと箱男は思います。
ストーンズは後6種出ますし、ニールヤングは新譜
と並行。
もう少し選んで買わないと聞く時間がないっす。
何時もありがとうございます。
2014.11.27 23:31 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."花ちゃわん おつかれっす!"
>ヒメフウロだよ~

当り前の話だけど、「名前あったんだあ!」って、
ちょっと感動してます。さすが花ちゃわん!

ウェッジウッドってイギリスの茶器の、ワイルドフラワーシリーズ
って感じで、「おっ!リアル・ウェッジウッド!」なんて思ってたんだけど
いろんな奴に自慢したいな「あれ、ヒメフウロだよ、エへ...」って!。
2014.11.27 23:40 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."薄荷グリーンさん こんばんは"
元々、川が近いから穀物倉庫だったものを、
今は美大のアトリエ棟で使ってる。
奥の方の白壁が、「ボケ…」じゃなくて「滲んでる」って趣きが、
とてもアンジェニューらしくて好き。
そういえば、薄荷グリーンさんに教えてもらった直後に、
なぜだか妙な形で出会ってしまった運命のレンズでしたね。

今、ヤフーのオクで50/2.8のシャハト ウルム「トラベナー」ってのが、
出品されてます。
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d159163792

すっごいソソラレルんですけど、ちょっとジチョウ中なので….。

ハッセルブラッドも充分に憧れのカメラですよ!いいなあ!

で、私もあの一眼レフでござるってあのおにぎり形はイヤですね。
そういう意味ではM型ライカってやっぱスタイリッシュって
意味でも凄いです。
2014.11.28 00:01 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん どうもです"
おイソガシそうですね!

クリムゾンのKCCCっていうコレクターズクラブ名義の
ライブシリーズには泣かされましたねえ。
何しろいつ終わるのか分らない。ナカナカ終わらず辞めるに辞められない
デアゴスティーニ...そんな感じですね。やっと終わったと思ったら
今度はLark's Box13枚組、Red Box 21枚組ですから....。

ニールヤングの初期アーカイブは良い内容の箱でしたね。
まあ、バラ売りしてるのも意味分りませんけど。
2014.11.28 00:11 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/458-0d5f851a
該当の記事は見つかりませんでした。