ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

仕組まれたデスティニー

なんちゃって
Carl Zeiss Jena 'Biotar' 2/58 (Exakta)

アビーロード...なんちゃって....。
当時、分けも分らず惚れ込んでしまってた(?)フランス・ギャル版
「夢見るシャンソン人形」を、インチキフランス語風で
ズービーズービーと放吟しながら歩いた
ランドセル&半ズボンDaysの私の通学路なのである。
(ガキなのに、意地でも日本語版では唄わなかったな!)



私の今回の人生の多くは、
サッカーと音楽をこよなく愛するに費やした時間が大半であった事は
もう間違いないところで、さらに言えば、仕事とはいえ、
世界のアチコチに出掛けることが多かったのも、
また今人生の運命だったかもしれない。

思えば小学校の結構低学年での「フランスギャル!?」を皮切りとして
徐々に西洋のポピュラー音楽に興味を持ち、
その過渡期に首尾よく「ビートルズ来日」の大騒ぎがあって、
ならばと父の価値観から早いうちに「英語」をやらされ、
おかげで数学とか理科とか他の教科はカラッキシだったにも拘らず
英語だけは異常に成績が良くて不思議がられ、
担任に「バランスが悪い子」などと気味悪がられたりした覚えもあるけれど、
そんな幼少時代の諸々が、紆余曲折あった後に辿り着いた
「海外接続の仕事」であったように今は思う。

そうなると運命なんて、結構予め決められているのかなあなんて思う。
まあ運命と言ってしまえば、家人と知り合うのも私がギターが弾けた事が原因だし、
あの時アイツとコイツに知り合わなかったら…
その口車に乗ってあの日あの場所に出掛けなかったらとか…
歴史にIFはないというけれど、IFだらけの人生=運命だったじゃないか!?
ってその奇遇さにただ驚くのみであるのだ。

私が入った会社は、元々が婦人アクセサリーなんかの貿易屋で、
とても自慢にはならない小さな貿易商社だったから、
海外に出ても何のルートもパイプもなく、
全て自分で一から立ち上げねばならないのだが、
その分自由度が大きく、様々なシガラミに左右されることがないから、
ナンチャラ物産とか大商社の駐在員には随分同情されたけど、
自分で切り拓く嬉しさ楽しさの方が断然上だった。

当然ながらどこの国にも魅力的な音楽があって、
世界はすべからくサッカーに夢中である。
だから幸運にもそのどちらも好きな私にとっては、
それぞれの国とのコミュニケーション=距離の詰め方…は、
とても容易いことだった。

知り合ったばかりの仕事関係者に地元サッカーチームの試合に連れて行かれたり、
その国伝承の音楽会に招待されたりした。
そこらも何だか、あらかじめ仕組まれた運命….そんな気がするのだ。

今もサッカーと音楽はもちろん好きだが、それにカメラが加わった。
そんな中で当然のことのようにドイツ(東ドイツ)はカールツアイスの故郷
「Jena=イエーナ市」という町に俄然興味を持った。

ドイツには西ドイツ時代に2度ほど行ったことがあるけれど、
さすがに「東側」まで当時足を延ばすことは考えもしなかったし、
ベルリンすら「行ったところで面白いものはないよ!」と止められてたから、
何となく思い残したものがあったのかもしれない。

そういうわけで「Jena」を調べてみた。
19世紀からの学園都市という背景から「産学一体」の経済都市となって、
世界でも秀逸なガラス職人軍団の技術力を背景に、
光学器メーカー「カールツアイス」が誕生し、
主に顕微鏡や軍需産業の双眼鏡、潜望鏡などの製造などで急成長…。

と、そこまでは「ふ~ん、なるほどお」というだけだったけれど、
ある記述で俄然私は燃え始める。

「FC.Carl Zeiss Jena」っていうプロサッカーチームの存在だ!。

1906年、もちろんCarl Zeiss社によって創設。
DDR東ドイツリーグ時代は、国内でも3度のリーグ優勝を誇る強豪チームだったらしい。
89年の東西併合後はブンデスリーガ2部に参入するが、
圧倒的な西側の経済力に抗しきれず、チームは一時4部リーグまで降格するも、
現在は2部に復帰しているとのこと。
ウーム、是非応援してみたい!

そういうワケで狭いのか広いのかサッパリ分らないが、
サッカー好き、音楽好き、そしてカメラ好き…
そのミョウチクリンな世界の歩き方…
ああ、いつかまたちゃんとまた歩いてみたいなあ。



中学生の終わり頃に、キャロルキング絡みか何かでダニー・ハザウェイを知る。
そしてリアルタイムに聴いたこの「Donny Hathaway Live」は衝撃だった。
特にSOUL好きでもないし、かといってヘビメタとかハードロックはどうも苦手で
(コピーはしてたけれど…)、この「~ライブ」のバンドサウンドにもう夢中になった。
夢中になったのは良いけれど、高校1年ぐらいではそんなシブい系のバンドなんてないし
仲間もいない、仕方がないのでこれまた別の意味で苦手ながら、
フォークっぽいというか「赤い鳥」だとか「ガロ」だとかっていうコピーバンドに加わリつつ、
チャンスを待つのだが、故郷では結局そんなチャンスはなかった。

やがて東京で半プロみたいなバンドに参画するようになって
「ダニーハザウェーライブみたいなサウンドを目指したいん...だ...けどさ...」
って恐る恐る口に出してみると、なんと
「あれは最高!」
「バンドマンにはマストで教科書!」
と、ミュージシャン達は口を揃える…。

なああんだ!オイラ間違ってなかったんじゃんかあ!…
というわけで、申し訳ないけど御本家より断然好きな
Donny Hathaway版の「What's Goin' On」!


一応念のためフランスギャル「夢みるシャンソン人形」
セルジュ・ゲンズブールによる歌詞は、皮肉と云うか悪意たっぷりな内容で
アイドルという存在を茶化している。このブラックなシュールさはフランスならでは??

ライヴライヴ
(2013/04/24)
ダニー・ハサウェイ

商品詳細を見る

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

9 Comments

amamian3 says..."アビイロード"
まじで ソウ思いましたよ(笑

おはようございます
Hathaway 楽器と歌が絡み合い 見事にハモッてますねぇ
今はちょこまかと音を作ってますが こんな仲間と音楽やるのは・・夢でしたよ
pipcoさんが持ってるものの表現 写真だけでなくギターの音も
いつの日か聴きたいのです
その日を待ちますね
2014.12.01 05:24 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん おはようございます"
街の色が段々消えて行くのが冬なんだあ....って
そんな当り前の事を、50を過ぎてやっと知りましたよ。
東京で働くって、そういう事も気付かせてくれないことなんですね。

昔の自分の音を聴くと、ただただ前のめりに気負ってばかりで
落ち着きがなく、したがって恥ずかしいだけで、
何でこんなもので仮にもお足をいただけたのだろうかと悩みますよ。

ダニーハザウェーの当時のバンド=コーネルデュプリーとか
フィルアップチャーチとか、後に「名人」と言われる方々の
ツボを押えた名演奏ってのには、憧れるだけで、
結局自分自身としては実現出来なかったように思いますね。
2014.12.01 09:53 | URL | #- [edit]
薄荷グリーン says...""
文章読む前に、あ、アビーロードだ!って思いました。
最近なのかアビーロードであのジャケットの撮影してるところの、要するに別角度で撮った写真とかが公開されてるようで、そういう写真を最近見たからなんか凄いタイミングよく目に飛び込んできた写真でした。
今回のは若干絞った写真?
赤い自動車の色がポイントだけど、こういうのを撮ろうとすると自動車の配置まで気に入る気に入らないって言うのが出てきそうです。

英語が堪能なのはいいですね。お父様に徹底的に仕込まれたのは感謝以外の何者でもないと思います。
音楽、サッカーは人と親密になるきっかけになりそうだけど、カメラはちょっと無理かな。

2014.12.01 22:38 | URL | #56UXBqNU [edit]
pipco1980 says..."薄荷グリーンさん おばんです"
F8くらい…。結構思い切ったかな!?って絞り方でしたよ。
おネエちゃん達、もうちょっとばらけてくれないかなあ…とか、
立ち位置、真ん中は恥ずかしいよなあ、
でも赤いクルマはずんずん行っちゃうし…てな具合は、
薄荷グリーンさんには全てお見通しですね(笑)!

アビイロードのジャケはまさしく「ハッセル」で絞りはF22、
50mm(銘柄不明)…なんだそうですね。
F22…中判ならではの絞り値なのかな??
2014.12.01 23:26 | URL | #- [edit]
kaneya says...""
ハザウェイ、いいですね。

聞いてたら、なんかクレージーケンバンドが聞きたくなりました。多分彼らも影響を受けていそうですね。
2014.12.02 07:05 | URL | #GgoiIYCg [edit]
pipco1980 says..."kaneyaさん 寒い朝ですね!"
keneyaさんブログ、いつも楽しみに読ませていただいてます。

今聴いても全然古臭くないし、普通に良いですが、
それは皆がこれを模倣してるからで、
まあ「普遍の原点」ってとこでしょうかね。


2014.12.02 10:57 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."今晩は"
今晩ミーハーオヤジの私は何時かアビーロード
渡りたいなんて・・・。
わたしの洋楽の洗礼はモンキーズと土曜にやっ
てた大橋巨泉のビートポップスですが夢見る
シャンソン人形は口ずさんでましたね。
ダニーさんも悲劇の人ですね。
箱、アンソロジー男の私はもう少し安くなった
ら購入予定です。
12月もよろしくです。
2014.12.02 20:41 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん 毎度です"
20数年前ですけど、アビイロード...通りました。
残念ながらクルマで通っただけ。降りて渡りたかったあ...。

ダニーハザウェーは、このライブだけで良いんじゃないかなあ!?
もちろん他もいいですけど、このライブ(増刷版)だけで
ズラーッと名曲が揃ってますよ。

コチラこそよろしくです。
2014.12.02 22:14 | URL | #- [edit]
ヨッピちゃん says...""
こんばんは②
お写真、良い構図ですね。
場所当てクイズではないですが、
県民会館の裏手からでしょうか?
土手上の駐車場?

ただし、男子は言えないでしょうが、ちょこっと道産子ちゃんでしたか。
まぁ芸術家?はモデルを選ばない、といいますし。
女の敵は女で間違いないですヨ。

2014.12.10 21:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/460-43aa4b91
該当の記事は見つかりませんでした。