ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

その日の記憶

jy.jpg
Sigma 2.8/30 EX DN
 2014/08/17 @BareFoot - Kawabata.Akita City
 "Make Love Company 40th Anniv.Live with John & Yoko"


何しろ12月8日といえば、Love & Peaceのこの方の事件である…。

この時、私は同い年の事務所の社長令嬢が、何と生意気にも(…)
入社1年目だというのにロックミュージカルの一座旗揚げ、
しかも都内某劇場のこけら落とし公演をプロデュースする事になり、
どういうわけか私が当時組んでた「お仕事用バンド+ブラス4」の9ピースバンドが
「当然アンタラはアタイに協力してくれるんだろ!」と脅され、いや指名され、
そのリハーサルの為に、原宿の事務所経営の音楽学院(?)のリハーサル室に居たところ、
学院の職員から衝撃の第一報を聞かされた。

私は頭が真っ白になってしばらく呆然として何も手に付かなかったが、
ミュージカルの振付&主演俳優で、やっぱり同い年の、
まあ現在も大活躍の舞台演出家のMが不意に立ち上がり、
私の傍らにおいてあったガットギターを手に取り「イマジン」を唱い始めた。

コードも歌詞もいい加減だったがそれは別に良い。
私は何故だか彼のそうした芝居がかった振る舞いがとても癪に障り、
私は彼を睨みつけた。

役者なんだから芝居がかって当然なんだろうけど、
思わせぶりな態度がとても不快だった。

ミュージシャン達は皆黙っていたが、
役者達はやがて彼に従ってイマジンの大合唱を始めた。
嘘か誠か分らないが泣いてる奴もいる。

何なのだこいつら、この人種は!…。
まったくどいつもこいつもデリカシーはないのか、欧米か?!…。

実は当時の私は様々な悩みも抱えていたし、
また忙しすぎるスケジュールのわりには、それにナカナカ追いついてこない
経済状態などが混ぜこぜになって終始イラついていた上に、
思いがけない訃報で、単純に排他的になってただけかもしれない。

今思えば大した事ではないけれど、たったそれだけの事で私は
今や一流の舞台演劇人Mが大嫌いになった。

後で聴いた話では、彼も当時家庭的な悩み=大きなストレスを抱えていたらしいが、
少なくても、当時の私は、そんなことまでオモンバカレルような大人ではなかった。

結局私は何事もなく、無事に何日間かミュージカルに没頭して演じ…
じゃない演奏しきったのだろうけれど、
何故か殆どその記憶がないかわりに、この日、
1980年の12月8日か9日か忘れたけど、
その日の午後に突然入って来たこの衝撃と、
自分を取り巻く特殊で強烈過ぎる情景が、
周辺の記憶を全部吹き飛ばしているのだろうなあと思う。

なににせよ哀悼。


実験的作品を除けば、ジョンの実質的に最初のソロアルバムになると思う
ジョンの魂」というアルバムを、今全部通して聴くのはとても辛い作業だ。
なにしろ重たくて息苦しい。言葉もサウンドも全てが陰鬱...。
そしてそんな重い現実の中を、ジョンレノンはしっかり生きていた…
♫母さん行かないで、父さん帰って来て!って叫びに始まって、
様々な問題意識や悩みや悟りが提示され、その全ての解決策はとてもシンプル…

「俺はYokoを愛するだけ…It's Alright…」

えっ?そんなかよ?なにそれ?っていう真に曇ったアルバム。
そしてロック界に燦然と輝く超名作.....。

その日の夜のジョンが暗殺された事を伝えるニュースでは、なんでか
「スタンド・バイ・ミー」のPVが盛んに使われていた。
とっても嫌だった....好きな曲じゃないし、そもそもジョンの曲ですらない!

役者もマスコミもみんなジョンのなにを知ってるって云うんだ!
何にも知らないくせに口先だけじゃないかあ!
そうやって誰に何を怒ってるのか分らないくらいに毒づき、怒ってるうちに
なんだかちょっと、アルバム「ジョンの魂」の意味が分かるような気がした。

この曲は確かレコードではA面の最後…何かに衝突して唐突に曲が終わるパターン…
Remember


ジョンの魂(紙ジャケット仕様)ジョンの魂(紙ジャケット仕様)
(2014/12/03)
ジョン・レノン

商品詳細を見る


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

8 Comments

amamian3 says..."あちこち"
見て廻ったけど
命日だから・・・・・

ここへきて やっと安堵しました
pipco さん
同感です

おやすみなさい
2014.12.08 21:32 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん こんばんは"
形骸的に死を悼んで....もしかしたら蝋燭なんか持っちゃって、朗々と
イマジン唱うのも、勘違いにもスタンドバイミー唱うにしても、
どっちにしてもとっても嘘くさくて胡散臭い....それが12月8日。

家に帰って、一家に一枚常備のアルバム「ジョンの魂」を
静かに聴く...それだけでいいんじゃないかなって思います。

あっ、また何だかamamian3さんに勇気貰いましたよ、
毎度どうもです。
2014.12.08 22:11 | URL | #- [edit]
薄荷グリーン says...""
今日なんだ。
わたしは実のところビートルズ以外のジョンレノンの活動ってあまり関われると思えるところがなくて、ヨーコに上手く騙されたなぁって言う印象ばかりが強い感じなんですけど、大好きなビートルズを作り世に送り出してくれた人だから、やっぱり特別な人なんだろうと思います。ジョンレノン好きの人にとってオノヨーコってどうなんですか?

ジョンの何に影響受けたかっていうと、あの丸眼鏡。わたしも細い針金細工みたいな丸眼鏡のサングラス持ってます。ブログのアドレスも丸眼鏡だし。
でもカメラ持って出かけるようになってから、サングラスは色が分からないからかけられなくなって、丸眼鏡はしまいこんだままになってます。

あの花に関して書いてもらったコメント、そのまま写真のテーマに出来そうですよ。
2014.12.08 22:59 | URL | #56UXBqNU [edit]
pipco1980 says..."薄荷グリーンさん こんばんは"
ヨーコさんってのは、私は特に意識してないですよ。
ちょっと困ったところがある奧方...それ以上でも以下でもない感じ。
Love/Peace関連といっても、彼の音楽自体はそんなに変ってなくて、
むしろピュアな形のジョンレノンが、ポンと出て来たって意味で、
ヨーコさんの功績大なのだと思ってます。
所詮30歳代そこそこの稚拙さも含めた様々な矛盾も欺瞞もそこは「愛と平和」。
50をとうに過ぎた者が、そこを語っても仕方ないかなあってところですな。
永遠の20代のビートル・ジョン。
そして30代の愛と平和のレノン....それが全てです。
2014.12.08 23:49 | URL | #- [edit]
面白半分 says...""
私はこのときはまだ
ビートルズは知っていましたが
ジョンがその人という認識はありませんでした。

まさにその日。
多くの方が衝撃をうけたんでしょうね
2014.12.09 20:12 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."面白半分さん こんばんは"
なぜだかスタンド・バイ・ミーのPVばかりが目立った報道体制。
さらに緊急生放送特番「ジョンレノン追悼電リク」では(テレ朝)
1位イエスタデー2位レットイットビー3位イマジンだって....。
とってもちっぽけながら、殺意って感情が芽生えましたよ。
そんな鈍感で間抜けな時代でしたかね、今もあまり変わりませんが。


2014.12.09 21:15 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."今晩は"
今晩は当時大学生でしたが、あの日の衝撃は忘れられません
それに病死でなく暗殺、ただただ何でだよでした。
結局生で見れなかったただ独りのビートルズ。
幻の武道館公演、復活でその後どんな作品聞かせてくれただ
ろうと残念で仕方ないです。
命日にスタンドバイミーは反則ですね。
せめてイマジンや初の全米ナンバー1の真夜中や最後のナンバ
ー1のスターティング・・・。
インスタントカーマや人々に勇気を流せとは言いませんが!
ロックンロールのアルバム自体は好きですが命日に聞くアル
バムでは個人的にないです。
何時もありがとうございます。
2014.12.10 18:20 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん 毎度です"
まっっっっったくその通りですよoyajisannさん!
付け加えることないです。

愛と平和のジョンレノンって立ち位置を、ジョンは自ら取り払って
全く新しい境地に達しようとしていた時期だけに、事件は痛恨でした。
東京発信!なんてこともあり得ただけに、ますます悔やまれます。






2014.12.10 20:08 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/464-e301e7a5
該当の記事は見つかりませんでした。