ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

便利さに埋没する義務と権利

DSC03241.jpg
Pentacon auto 'Mono-Coat' 1.8/50 (M42)

この建物...今は花屋さんが入ってる....。

煉瓦の建物というのは、その色調で随分印象が変わるのだけれど、
モノクロにして翳りのあるトーンに落とすと、
突然「東欧」という印象に変わる。
東欧の人に言わせれば、「レッテル貼りはやめてくれ!」って
そう怒られそうだけどね…。



年の暮れだから仕方がない…と云えばそれまでだが、
選挙も含め、ナンダカンだと世間は騒がしい。

私は日曜日にバタバタするのは嫌だから、
昔っから期日前投票で権利行使することにしている。

世の中とっても便利になって、買物すらamazonだの楽天だのと
メンドクサガリが増えてる中で、ワザワザ出掛けて行って、
鉛筆で候補者の名前を書いて投票箱!ってのはやっぱり相当に時代錯誤な気がする。

かといって一気にネット投票というのも乱暴な気もするから、
段階的にネットや郵送、あるいはテレビの双方向通信機能やプッシュ電話投票など、
様々なチャンネルで投票出来ればいいのに…と思う。

まあ今回の低投票の原因は自民党の恫喝に屈して
「政治討論番組」の編成を避け続けたメディアの責任は回避出来ないな。
政府が恫喝してくるなら、喜んで受けて立つくらいの「心意気」がなくて
何が『言論』だ!と思うのだが…。

世の中便利になった…で、ふと思い出されるのは、
我々の若い頃、とくに学生時代などはコンビニなんてなかったし、
宅配便もなかった。

まあ簡易コンビニみたいなタバコ屋ベースの雑貨屋的なお店は、
ワンブロックに1つくらいはあって、銭湯の帰りにそこでジュースを飲んだり、
雑誌や煙草を買ったりなんて出来ていたけれど、
生活必需品のすべてが揃っているわけではないし、深夜営業など望むべくもなかった。
何しろセブンイレブンの登場=その名の通り7時から11時まで営業!というのが、
相当に挑発的でインパクトがあったわけだからね。

郵便では送れない大きな荷物は、日本中のどこの国鉄駅にも必ず隣接してる
「日通」の事務所まで荷物を持っていって発送。
到着を知らせる案内状が届いて、最寄り…と云うか指定の駅の
「日通」まで受取に行くのが基本。
荷物が大きすぎて家まで持って帰れなければ、
その場で「宅配」の依頼をすると、翌日「赤帽」の軽トラが家まで届けにくるシステム。

世の中まだまだ色々不便だったから、
日曜日に近所の小学校までわざわざ出掛けて行って投票する…
なんて特に面倒でも億劫でもなかったんだろうね。
いや、ヒトがそんなに忙しくなかったのかな....??



デヴィッド・ボウイのベルリン3部作と云えば「LOW」「HEROES 」
そして「LODGER(間借人)」ということになるのだが、
前2作に較べて最終作の「ロジャー」には特にヒット曲もなく、
意外と扱いは地味に思える。

実際には当時精力的に世界ツアーして回ってた勢いが、
そのままアルバムに投影されて、
Zappaのところから出向中のエドリアン・ブリューや、
本籍地「ユートピア」のロジャーパウエルなどの怪演なども含め、
相当に楽しめるアルバムなのだが、デヴィッド・ボウイは
あくまでもシリアスに、暗くドンヨリしていなければ、
世間は納得しないみたいで....。

この「D.J」なんかも大好きな世界感なんだけどなあ…..。


ロジャー(紙ジャケット仕様)ロジャー(紙ジャケット仕様)
(2009/11/25)
デヴィッド・ボウイ

商品詳細を見る
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

4 Comments

薄荷グリーン says...""
ここはわたしは丸っきり反対の考え方かな。
自民党に有利の報道せよというのならともかく、公正な報道をというのは、放送法にも則ってるし、当たり前すぎる要求で、はいそうですよねと同意するだけで事足りる話だと思う。わたしは別に恫喝でもなんでもないと思うけど。あの共産党も同じように要求してたのにこれはまるで問題になってないのが不思議です。
これが恫喝に感じて、報道できないと感じるなら、それは日ごろから不公正な報道をしてる証拠だと思う。
反権力が使命で自民党という権力に公正さを要求される筋合いはないというだけなら、心意気もあるかもしれないけど、民主党が日本を牛耳っていた時には権力べったりの報道で、反権力でもなんでもなかったから、いまさら心意気も何もあったものじゃない。
むしろ本来的な報道、公正な報道を目指して襟を正すべき時だと思いますよ。判断は視聴者に任せろ。視聴者を誘導しようとするな。マスメディアにこう思ってる人は多いと思います。

投票率の低さもどうにかしなければならない問題だと思う。それこそ恫喝されたなんていう暇があったら選挙に行きましょうとメディアが説き続けるべきなんじゃないかと思います。
自分の住む世界の行く末を決める権利だし、これを持てない国もいまだに存在してることを考えると、そんなとびっきり大事な権利をたかが面倒くさいとか言うくだらない理由で放棄する人間がいるなんて本当に信じがたい。
紙切れ一枚に文字を書くだけの権利だけど、自分が手にしてる権利が一体どれだけの重さがあるものなのか、それは投票所まで寒い中を歩いて投票に行くという行為に相応しい重さがある権利だということを理解して欲しいし、そのためにだけでも労力を使って投票に行くというのは意味があるのかもしれないとも思います。
2014.12.15 21:23 | URL | #56UXBqNU [edit]
pipco1980 says..."薄荷グリーンさん こんばんは"
政治討論の平等とは、政党ごとの発言時間をきっかり正確に分配し
揃えることだろうか? むしろ辛辣な質問や、与党側には当然不利益に
落ち入りがちな議論を未然に回避しよういう意向が容易に想像出来ます。

とはいえ、今回の場合はTV局側が「恫喝されてない」というスタンスを
保ちながら、素知らぬフリで問題をスルーしていることが
一番の問題だと思ってます。
では恫喝とは何かといえば、(自民が考える)不始末があったら、
「放送免許取消し」もあり得るぞ…という明らかな恫喝文言も
(首相捕足発言も)あったわけで、一方、共産党はその権限は持ち得ないわけだから、恫喝に当たらないわけです。
この問題、番組を作るのは弱小の制作会社なわけで、イザとなれば
キー局は逃げられるスタンスもある中で、まずは制作局が経営上
『選挙討論番組』に携われなくなったという主旨も、
自民側は最初から意図した「工作」であったと思います。

ラジオで「なぜ選挙にいかないのか?」という設問に、圧倒的に多い
「選ぶべき信頼おける候補者がいない」という解答に、評論家だったかが、
「お前らの周囲にどれだけの信頼置けるヤツが入るのだ?そんな奴、
一生のうちでもそうそういるもんじゃない、イケスカナイ奴を落としに
いくのも立派な権利行使だ!」

私はと云えば、選挙に行けないときも当然かつてあったわけだけど、
罪悪感あったし、政治に関して愚痴すらも言えないなあって、
卑屈な背徳感がイヤ…それに尽きますな。
2014.12.15 22:45 | URL | #- [edit]
薄荷グリーン says...""
自民党が考える不始末って何?
それが自民党以外にとって不公正と見えるなら、自民党は糾弾されるし、それこそ公平さを持って糾弾すればいい。
放送免許を取り消したくなるくらい酷い偏向報道をずっと仕掛けられてきて、今まで一度だって放送免許が取りあげられたことなどないし、あまりにも酷いから放送法をもうちょっと考慮して欲しいって言うことでしょ。
免許がどうのこうのというのは法が定めることであって放送法違反で剥奪されることはあっても自民党が決定することでもない。法をあまりにも無視するなら法的に対応するというのは当然の話だと思う。
だから共産党の要望と全く同じだと思う。というか共産党からの要望だと恫喝じゃなくて言うことを聞いて、辛らつな意見は言わないっていうこと?
自民だけが言論弾圧するなんていうのは自民党に対する偏見だと思いますよ。
わたしはむしろ強権での言論弾圧は左翼のとる手段だと思ってる。
何で民主党の時みたいにべったりにならないのかなぁ。辛らつな意見って民主党の時にはほとんどなかったのに。

pipco1980さん、サッカー好きそうだからいうけど、フェアって大事でしょ。ルールを逸脱する行為がどれほど忌み嫌われる行為か分かると思うけど。
2014.12.16 20:43 | URL | #56UXBqNU [edit]
pipco1980 says..."薄荷グリーンさん 毎度です。"
議論はどんな時にも有益だと思ってますし、
楽しいとさえ感じてますよ!。

他のスポーツは知らないけれど、
サッカーで言う「フェアプレー」って標語はルールを守れ!
なんて当り前のこと以上に「相手をリスペクトせよ」って
意味であることを念のため付け加えておくことにします。

薄荷グリーンさんと私とでは、様々な違いはあれども、
そんなに異なる価値観の違いというのはないと勝手ながら思ってます。
お互いに真摯に向き合ってトコトン討議すれば、
それまで見えなかったこと気付かなかったことなどで
意外に簡単に落としドコロが見つかるだろうと感じてます。

今の自民党、いや首相ご本人の、批判や議論を平然と無視し封殺する態度。
そうした議論を「無駄」と考える体質。
私も仕事面で全く同じような心境だった時代もあり、
理解は出来るのですけど、やはりそれは政府与党、
一国の宰相としてはあまりにも狭量すぎて、
とても不安を感じるんです。

TPPや沖縄問題、原発問題…そしてアベノミクスの最も肝心な部分=
医療改革と農業改革の核心などを聞きたいことは沢山あったのに、
アベノミクスの輝かしい成果?を一方的にガナルだけの広報選挙で
いったい何が見えたのか??メディアって媒介って意味なのに
全然媒介になってないじゃあないか!
っていうのがそもそもの主旨だったのですがね。
2014.12.17 00:36 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/467-d5fffedc
該当の記事は見つかりませんでした。