ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

黄昏のフルムーン

August Full Moon
Carl Zeiss Jena 'Biotar' 2/58 (Exakta)
+Adobe Photoshop CS6


12/21(Sun)のAugust "FULL" Moon @ALS
8人編成の珍しい「フルムーン」状態。
歳末の駅前の、そぼ降る雪の中の「八月の満月…」
いつにも増しての熱いLive! お見事でした。

このバンドに「モノクローム」が合ってるのかどうかわからない。

どんよりとした鉛色の空に似て陰鬱に沈滞した街の、
歳末の日曜だというのに、さほどの賑やかさもない秋田駅前に、
ほんの一瞬だが、音楽によって鮮やかで暖かい色彩を提供してくれた。
言い換えればAugust Moonは、とってもカラフルなグループであると思う。

ところが写真っていうのは、
そういうメンタルな明るさ・暖かさを写してはくれない。

確実に「こりゃまた積るな…やれやれ」っていう密度の濃い雪が、
ワサワサと音を立てながら、いよいよ降り始めた薄暗くて過疎な街角の
「黄昏年代音楽隊」を、真に輝かせる画像は、
青春時代の「モノクローム」でしか表現出来ないだろう!…

と、真剣に考えた結果(?)少し迷ったけれど、
感じたまま表現することにした。

ほんの一瞬だけ、活気に溢れ、賑やかだった時代のこの街角が甦ったような、
そんな空気を感じて欲しい….
なあ~んちゃってね!

ちなみに使用したレンズはZeissの古いレンズ「ビオタール」。
戦前から1959年まで作られていたらしく、
私の入手したのは最晩期の個体らしいから、
これはもうほぼ「同い年!」の、随分と草臥れたレンズである。

ということは、なにしろそもそも同級生のこのグループも
当然レンズと「同い年」。
この奇遇さはもう、「何をか言わんや」の「モノクローム」…
などと強引に結びつけてみたりして…。

来年もよろしくね~August Moon!



August Moonが最後に演奏した曲、なんだかとっても懐かしかった。
この曲が大ヒットする少し前の「Monkey Island」ってアルバムが
私はとっても好きだったのに、日米ともに全然売れなかった!。

私はまだ東京の片隅というか、ほとんど横浜な、
アマチュアというか、半プロみたいなバンドにいた頃で、
バンドの方向性が、当時流行ってたお洒落な感じのフュージョンとかAORに流れる中、
私はもっと「荒々しく下品でエゲツナク!…ちょうどこのJ.Giles Bandみたいに!!」
と強く主張したにもかかわらず、あっさり却下…。

翌年、突然この曲がバカ当りの大ヒット!「それみたことか!」って
大声で言いたかったが、私は既にそのバンドからは離脱していて、
半プロの半が取れて、いよいよ地獄の一方通行まっしぐら!…
そんな感じの時代だった。

というわけでJ.ガイルズ・バンドで『Centerford(落ちた天使)


Freeze FrameFreeze Frame
(1990/10/25)
J. Geils

商品詳細を見る
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

9 Comments

amamian3 says..."和名"
可笑しくないですか(笑
堕ちていないですよねぇ~!!この感じ好きですよ
フルムーンの構成 いいですねぇ~!!
モノトーンでも凄い活気を感じさせるワンショットですよ
まじで 一度聴いてみたいなぁ・・・
2014.12.22 06:33 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん こんにちは"
主役の高校生が、憧れの娘が雑誌のヌードグラビア(見開き=Centerford)に
載ったのを観てショックを受けるというストーリーで、盛んに
Angel in the centerford(天使がグラビアに!)と繰り返されますから
「天使=堕ちた」っていうステレオタイプでこの迷訳(?)と
なったんだろうと思いますね。

実はモノトーンとか褪せた感じの意味というのか、良さというのか、
最近やっと理解しつつあるかなあという感じで、とっても面白いです。
ほんの少しピントをずらして立体感を出そうとしてみたり、
試行錯誤中...というところです。まだまだ思い通りというわけには
行きませんけど....。
2014.12.22 11:58 | URL | #- [edit]
August Moon(小林) says..."寒い中、ありがとう!!"
いつも写真ありがとうございます。毎回いい写真を撮ってくれてありがとう!!モノクロ、いいよね。モノクロ写真でも色が出せるバンドならいいんだけど(笑)今回はある企画モノの延長で、ゲスト1名を含む8人編成でした。還暦が近づいてきていつまでバンドを続けられるかわからないけど、これからも宜しくお願いします!!来年はよければプレーヤー、最悪でも打ち上げに参加してくれればと思ってます(笑)ホント、1年間付き合ってくれてありがとう!!来年もよろしくね!!
2014.12.23 08:32 | URL | #- [edit]
花ちゃわん says...""
こんにちは~♪
ご無沙汰して ごめんね。
PCに向かうと、自動的に瞼が落ちるとゆー
やる気のない最近でありました。

モノクロ、好きだな。
自分が色を付けるとゆうか、感じるとゆうか
見た者が、自分の一番懐かしい時間に
呼び寄せられるみたいで。

この後、みんなでcoffee飲んだのかなぁ♪

   
2014.12.23 12:35 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."よっちゃん おつかれっした。"
途中から凄い雪になっちゃったねえ。
でも不思議と全然寒くはなかったよ。音楽の...
いやきっとオーガストムーンのチカラだねえ!!

まだ年末のご挨拶は早いねえ。
とりあえずメリクリだっす。
2014.12.23 13:29 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."花ちゃわん 毎度だす"
昔はね、打ち上げとかね、コーヒー飲んだり、酒呑みに行ったりが
楽しかったりしたんだけどね、今はね、短くても同じ時間を過ごすだけで
楽しいって、そんなよくもそんなの枯れたもんだな!って関係も
また良いもんだ!って思うようになってる。

バンドなんてやってるとね、普通は凄いんだよ、中のギトギトした
人間模様。
でも彼らにはそういうことが一切なくて、だからとっても
居心地がいい....そんな感じ。

自分が主役じゃない、肩肘張らない「生き方」ってのも、
結構心地良いものだよ。
2014.12.23 13:44 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.12.23 20:44 | | # [edit]
oyajisann says...""
今晩はEMIに移籍して出したこのアルバム
大ヒットしましたね。
その後ピーターさん脱退して踏ん張りきれま
せんでしたね。
ライノから出たアンソロジー聞くと荒削りな
ワーナー時代も捨てがたい。
J.ガイルズ抜きで再結集とか聞きましたが、
どうなったのかな?
2014.12.24 21:22 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん こんばんは"
Jガイルズとマジックディックのデュエットアルバムなんてんのが
近頃あったみたいですけどね...やっぱこのバンドはピーターウルフの
唄い手としての非凡な才能が一番大きいですよね。

72年頃は、私はMLではなく「音楽専科」派だったんですが、
ベストロックヴォーカリスト選では、ポールロジャースに
フランキーミラーにヴァンモリソン、そしてピーターウルフなんていう
名前が挙がってましたね。
2014.12.24 22:12 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/470-aad43533
該当の記事は見つかりませんでした。