ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

夢とウツツの丁度いいハザマ

吹雪
ENNA München 'Lithagon' 3.5/35(Early-1960's Zebra / for M42)

せっかく両の眼にしっかと光が戻って来たど!って言うのに、
いきなりホワイトアウト寸前の救いのない写真である。

しかも吹雪の状態って、どこにピント合わせればいいの?
ただでさえピント甘めで「そんなの適当でいいやん!?」でお馴染みの
リサゴン・レンズ。ボンヤリ幻想的ならそれはそれで良いのだけれど、
どちらかというと超常的な雪景色の、幾分慌て者で拙速な写真になってしまった。

確かに理想的な写真って「夢とウツツ」の境い目の丁度いいハザマ...みたいな、
そんなボンヤリユラユラした狂気映像…何だけどね。



北の最果てのこの街にいると、
「クルマ文化の弊害」というものをつくづくと感じてしまう。

もっと公共交通手段(全然充実してないが…)を上手に使いこなすことで、
街の活気創成など経済発展の途は開けるのに、
全てのチャンスを逸してしまってる内に、
遂にはお店自体がどこにも見当たらないツマラナイ街になってしまった…
などという当り前のことを当り前に思うのだが、
これをドラスティックに改革するには、
銃社会のアメリカで、完全な銃規制をするくらいの革命的パワーを必要とするようで、
早い話がコンビニで全ての消費を賄い、その他はamazonや楽天頼り、
賑わいなんて不要でしょ…そんな有り体な「木枯し吹く街」が、
日本列島のアチコチに癌細胞のように巣食い、
増殖中なんだろうなあと思う。

とはいうものの、冬の吹雪の朝などは、
「自家用車があれば便利だよなあ」と思うこともないではないから、
困ったものだ。

そんな時、とても心地の良い夢を見た。

夢の中の私は、人生の中で二度目となる自家用車を持ち運転していたのだ。

もちろん、あれほど苦労して取得した運転免許証にも拘らず、
警察の怠慢&傲慢対応に短気を起こして
自分から免許失効させてしまった忌まわしい記憶は、
いやが応にも夢の中でも重くのしかかっている。

しかし夢の中の快活な政府は、
そんなアサハカでオバカな元ドライバーの為の再チャレンジ策として、
専用の「補助走行装置付き一人乗り限定ハイブリッドカー冬専用北国仕様」を
格安で貸し出し、それで一定期間無事故無違反なら免許再交付っていう策を打ち出した!。

当面の制約は「同乗の禁止」と「高速道路走行禁止」
そして月に一度のレンタル更新契約。

私は夢の中、嬉々としてアチコチに出掛けつつ写真を撮りまくり、
また人生の中の思い出深いヒト=生きてる亡くなってるに限らず、
すべからく逢いに行ってみようと決心する。

ところがあるとき、実際に行った事など無い、秋田の乳頭温泉のあたりで、
とても巨大で美しい鹿を目撃し、その後を追って、
ずんずん山に入って行ったことで、
駐車させた場所がどうしても分からなくなってしまったばかりか、
それと思しき場所も数時間で雪にスッポリ埋もれてしまって
途方に暮れてしまったところで夢は終了…。

まあ、現実にはさほどね、生き方までクルマで変ることはないのだけど、
ない不自由さも、この街では結構堪えるのだ。



東京にいても秋田に居ても、意外と同じように頻繁に出くわすことが多いのが
「ビッグバンド」。

ところがディスるわけではないが、みんな同じようにグレンミラーで、A列車で、
シングシングなお馴染み過ぎる世界。
音楽を志すものとしては、これだけ多く金管木管奏者がいたら、
もっとクリエーティブでオリジナルで新しくて素敵な音楽が、
それこそ無限に出来るのに何故チャレンジしないの?って、
まあ私個人はそう思うわけだ。

菊地成孔絡みで「ものんくる」って新人グループ(なのかな?)を知った。
楽器は8ピースだし、その内3人はリズムだから、
ホーン隊としてはかなり小規模だけど、それでも充分に新しい世界が発見出来て、
とても心が躍った。
音楽はこうあるべきだ…そう思う。


南へ南へ
(2014/10/08)
ものんくる

商品詳細を見る

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

4 Comments

amamian3 says..."南へ"
 このタイトルがいいですね

吹雪の中の写真
臨場感溢れてますよ
私がカメラに興味を持ち 撮り始めたのは松本にいた頃
冬場に沢沿いを登り 鳥の写真や木々の新芽を撮り
雪ノ下の流れを撮り、、、でも3分の2はボケボケの、、、
「ピントの合っている奴だけを焼いてください」に
店員は笑いながらフィルムを見せ「お客さん、手振れが原因です」と
5枚の写真を手渡してくれましたっけ・・・
今でも、はやる気を抑えるって難しいです

両眼開眼 嬉しいです!!
2015.02.10 07:55 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん おはようございます"
いつもなら、私は即、彼らのライブ会場を捜して走るパターンですが、
なにしろここは東京じゃあありません....。
とりあえずCD注文しましたよ。

雪の写真って、白の質感??すなわち「影」がキーワードだと思うんですが、
いかんせん雪の日に、日光も影もありませんから、はてさてどう撮れば??
って師匠がいないとこういう時とっても困るわけです。
今の今まで実はどうしていいのか判らなかったんですが、
amamian3さんが仰った「臨場感」で、なんとなく掴みかけてます。
ありがとうございました!。
2015.02.10 10:31 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."今晩は"
今晩は個人商店は絶滅危惧種ですね。
うちの近所もほぼ壊滅。
商店街のアーケードの時計止まったま
までしたが、いつの間にかアーケード
事無くなってました。
撤去費用何処がだしたんだろうなんて
いらぬ事考えました。
菊地さん作家のお兄さんなら作品読んだ
事ありますが、この辺の音楽まで手が回
りません。はい!
2015.02.10 20:47 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん 毎度です"
菊地成孔氏は、東京ザヴィヌルバッハ辺りの活動辺りから
何となく動向注視してますけど、放っておくとHipHopとか
K-Pop方向に行ってしまう時もあるので、ある程度距離を置きつつ
フォロー…って感じですかね。
「ものんくる」の才能と云うか輝きには、久々にブッタマゲました!
素晴らしい音楽性ですけど、さて、こういう良質なものを
きちんと受け入れる度量があるのかJ-Pop陣営!?っていうところも、
注目です。
2015.02.10 22:09 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/490-61b557ec
該当の記事は見つかりませんでした。