ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

おお、未来感すっげぇ!

230.jpg
ENNA München 'Lithagon' 3.5/35(Early-1960's Zebra / for M42)

なんともボンヤリ&スットボケた味わいの「リサゴン」。
何となく佇まいが被写体同様にレトロチックで、
面白い写真が撮れそうだなあって、予感はあるものの、
まあいつになることやら…?。



そもそもが新しもの好きの私は、
MacのOSアップデートなんて類いには、
何をおいてもいち早く最新状態にしておくのが常だったのだが、
近頃は齢をとったせいか(?)どうもApple側の供給スピードについてゆけず、
ついつい億劫になり、気がつけばもう長いこと更新しないまま、
秋田に来る前、時期的には震災直前あたりのヴァージョンのままで止まっていた。

大きな数値のOSバージョンを換える場合には、
必ず初期化してクリーンインストール。

さらにメモリを増設したり、他にもHDDやVideoカード、V-RAM、
場合によっては新OSによって消費電力も増えてくるので、
電源ユニットの交換なども視野に入れつつ、諸々増設、換装。
まるで新年を迎えるような清廉さで、新しいOSに臨むのを旨としていた。

しかし、何しろ当地は秋葉原もなければ、Apple Storeもなく、
一軒だけ存在して心の拠り所だったApple専門ショップも、
ほどなく閉鎖されてしまった土地柄。
Macに向かう心情も「Stay…Stay…そのまま…ゆっくり静かに…」
という訳で、段々とシステム側と旧OSの間に不具合が頻発するに至って、
「もう限界…しゃーないなあ!!」と、やけに重くなった腰を
「どっこいしょ」とオッサンらしく声を出しながら、
今となっては随分とめんどくさい作業に取りかかるのだった。

新OSに換えて、まあだいたい決まって失望するのが
古い機種と新しいシステムのギャップで、
当然動作はドスンと重く、緩慢になるものだが、近頃は

「あれあれ?なんだか動作が機敏になったぞ!?」

実際HPのブラウジングなんかも旧来の3倍くらい速くなってる
(あくまで個人的体感速度です)。

HPだけじゃない、写真も動画も総じて機敏。
こりゃあすごい!おお!あれもすごい、これもすごい、
へぇー、ヒョー…とオバカな歓喜の声をさっきから上げているのだが、
よく考えてみれば、今回アップしたヴァージョンも、
実は3代前くらいの、もはや立派な旧ヴァージョン。

それでも時代になかなか乗ってけなくなったオッサンには
「おお、未来感すっげぇ!」
浦島のウラちゃん状態なのである。



久保田麻琴さんのこの歌、CD化された後、すぐに購入したはずだが、
どうしても見当たらない。おそらく荻窪の家の、
家人かイカズゴケのCDラックに混ざってしまってるんだろうと思うが、
YouTubeでもカバーものしか見当たらず、殆どあきらめていたら、
誰かがアップしてくれていた。まずはメデタシメデタシ。

あっ!今年も41年目のMake Love Company、
期待してますのでMitsuiさんよろしくです!。

というわけで「たそがれのメイクラブカンパニー


まちぼうけ(紙ジャケット仕様)まちぼうけ(紙ジャケット仕様)
(2007/10/26)
久保田麻琴

商品詳細を見る
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

4 Comments

Mitsui says...""
あははは…
どうしょ(笑)
とりあえず2015年の
オープニングは
SOUL FINGERで!

しか決めてない~♪
2015.02.15 18:08 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."Mitsuiさん どうもです"
うひょー!Soul Fingerっすかあ!かっこいいっすね。
今から胸躍りますよ!。なんてね、
じっくりのんびり待ってます。
2015.02.15 23:26 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."今晩は"
今晩はサム・クックの時代のソウルはあんまり聞いた
事ないですが素敵なポスターですね。
久保田麻琴さんのこのアルバムは後に知って聞いた事
がないんです。
私はサンセットギャングぐらいからのお付き合い。
ハイジャック犯もいた伝説の裸のラリーズに在籍も随
分後になって知りました。
野音でスローな感じなのにのせるのが上手かったなぁ。
2015.02.16 21:12 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん 毎度です"
高校生の頃、ちょいちょい通ってたロック喫茶で
この曲とか久保田麻琴氏とかを知って、実は軽く気に入ってたら
それからまもなくして、この卑猥な曲名をバンド名にした
ブルースバンドが”近所”に登場して、音楽的だけではなくて
そのスタイルというか、自分の中で、バンドとはかくあるべし的な
規範みたいな存在であったわけですけど、それから幾星霜….
なんと去年、40年ぶりの再結成…そんな素敵なストーリーがあったんです。
だから、この曲は個人的にとても大事な唄だったりするわけです。

2015.02.16 22:07 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/492-f0d649ea
該当の記事は見つかりませんでした。