ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

モノクロームな想い

DSC02309b.jpg
aus JENA 'Pancolar' 1.8/50 (Early-1970's Zebra / for Exakta)

オールドレンズとはいえ、70年代の比較的「近代的」なパンコラーは、
描写もさすがにモダンで、なにより「抜け」が良くて、線も細く明るい。
クラシックレンズにありがちな、オドロオドロしい澱み(?)というのか
時代がかった重たい空気感という風合いがとても希薄で、
今様とまでは行かないけれど、「古と新」の間の過渡期をつなぐ
橋渡し役的な中途半端さというか、なんだか寂しげな立ち位置でもある。

まあそれもそのはずで、時代で言えば自分が中学生くらいの頃だから、
サッカーの試合やら、修学旅行の集合写真なんてのが、
もしかしたら好事家の写真屋さんが、こっそり
「今日はツアイスの最新鋭レンズだぜ!ウヒウヒ」
なんてことも、まんざら有り得ないわけでもないわけで、
そう考えると、いつも不機嫌そうに写ってる中学生の自分の古い写真群も、
なんだか楽しげで華やいで見えたりもするから不思議なものだ。

まあ今日の写真は、ちょっとアンティークっぽいモノクロ現像にしたら、
なんだか我が家に残る70年前の、東京大空襲で丸焼けになった自宅残骸の前で、
これ以上ないくらい大口を開けて爆笑してる祖母の、
摩訶不思議なポートレートと、そっくりな風情の仕上がりになってたことに
今気づいた。

あの笑顔は、まさに「生きてるだけで丸儲け!」の笑顔だったらしい。

「どん底を見たら、もう上を見るしかない」

そんなポジティブで刹那的なエネルギーが、
戦後復興の原動力だったに違いない。

なんの責任もないのにどん底の苦難を味わされ、
それでも笑顔で頑張った我らの先輩たる日本国民…

そして今また周辺国に過去を贖罪せよ!と言われても、
なんだかなあという気もする。

未来志向がどうのこうのとカッコつけるより、
当時の政治判断として間違えたことは周辺国にきちんと平身低頭詫びた上で、
同時に自国民にも苦難を強いたことを、
為政者達は伏して詫びるべきではないかと思う。

勇ましいことを言うのは、きちんと詫びたあと。
原発再稼働を進めたいなら、せめて中間貯蔵→最終処理の道筋をつけたあと…。
沖縄県民の意志を踏みにじる前に、なぜアメリカに諸々の交渉、要求をしないのか!?

為政者(もしくは官僚)としての誇りがあるのなら、
そういうきちんとした己の仕事をまっとうしなさい!
って、どの目線か分からないけれど、そう思うなあ。



なにしろ忘れもしない、初めてギターで弾けた曲で、中学生の頃、
まだバンドではないけど、同じくらいの下手くそアコースティックギターばかり
4人くらい集まって、我が家でこの唄を大放吟したら、
どうやら町内中に響き渡ったらしく、
あそこのバカ息子は、この前までサッカーにのめり込んで
町内をドリブルしながらセワシク走ってたと思ったら、
今度はまたヤケに騒々しいグループサウンズみたいなことやり出したぞ!
あれでちゃんと高校行けるんだろうか!
そう噂されていたと、数十年後に町内の散髪屋のオヤジに聞かされた。

中学生にロックギターは意外に近い!と思わせた曲。
ニール・ヤング「サザンマン」

After the Gold RushAfter the Gold Rush
(2009/07/20)
Neil Young

商品詳細を見る

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

8 Comments

花ちゃわん says...""
亡き祖父母と母、そして母の妹は
大田区大森駅から たくさんの遺体を跨いで
秋田行きの疎開の列車に乗ったんだって。
自分が生きて、疎開できたことは
ただの偶然に過ぎないって、母のノートに書いてあった。

うまく書けないから書かないけど(笑)
pipco1980さんの記事を読んで
全く同感だス! 
大口開けて笑ってたおばぁちゃんを想像して
ぎゅっと抱きしめたいくらいだ。

2015.03.16 12:57 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."花ちゃわん 毎度だス"
そうかあ花ちゃわん家も大変な時代を乗り越えて、
今の酒呑みアネゴに到ってるんだねえ!?
シミジミ….。
みんなでカッコつけずに「ゴメンナサイ」で仲良くなれば
それで良いじゃんって気がする。

それでもまだグズグズ言う奴は、言わしとけば良いの。
そのうち誰も相手にしなくなって自滅するからね!
2015.03.16 19:04 | URL | #- [edit]
aiirokon says...""
こんにちは。

戦後、高度成長期に生まれ育った私には知らない事ばかりです。

今のこの平和な日本に時代に生まれたことだけでも、幸せだ!!と言われます。本当ですよね。
自分の周りの小さないろいろな事に、振り回されている自分が恥ずかしいです。
いつも感謝を忘れないでいるつもりですが、心が揺らぐと忘れてしまいます。
今日ブログを拝見して、反省そして感謝です。
ありがとうございました(*^_^*)
2015.03.17 12:04 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."aiirokonさん こんにちは"
ご丁寧なレスポンスに恐縮しております。

私の世代なんて、その高度成長期に育っちゃってますから、
なんの不自由もなく平和と繁栄を謳歌して育っちゃってますから
まさに同じ世代のボンボン達が、国会の場で
「知ったようなことを言う!?」のを、
忸怩たる思いで見つめるわけで、なんだかどう考えても良くはなってない
世の中に対し、申し訳なくなるわけです。
所詮平和ボケで育ったボンボンなんだから、天真爛漫&素直に
「謝っちゃえ!」って思うんですけどね。
2015.03.17 12:38 | URL | #- [edit]
oyajisann says...""
何時も閑散ブログまでお出まし感謝です。
政治家いなくなり政治屋闊歩、官僚合格採用された
志なくして自己保身とプライドの塊。
福島の方を流浪の民にしといて再稼働に輸出。
何か起これば想定外で言訳・・・。
私の小学校からの友人当時から英語習いギターも弾
けた。モンキーズのデイビージョーンズの真似得意。
中学の時、二人でウイスキー飲んで1本空けた。
その時かれが孤独の旅路歌ってくれた。
生まれて初めて二日酔いになった記念ソングがニール
さんです。
2015.03.17 18:45 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん こんばんは"
政治家や官僚、近頃はマスコミ陣にお願いしたいのは
「ちゃんと国民の方を向いて普通に仕事してくれ!」
その一点に尽きますな!

私も中学生だったかなあ、覚えたてのギターで
仲間とビートルズ放吟して、限度知らずの日本酒がぶ飲み…。
なにしろ悲惨でした。
男の子なら誰でも通る道ですかね。
2015.03.17 22:19 | URL | #- [edit]
面白半分 says...""
モノクロの写真みて
一瞬 アフター・ザ・ゴルド・ラッシュを思い浮かべました。
下へめくったら どんぴしゃりでした!
2015.03.18 20:44 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."面白半分さん どうもです"
バレてましたか….ドンピシャですw。

でも実際に並べてみると全然違うんですよね!?
なのになぜだか「あれ」を思い出してしまう…。
ちょっと不思議です。

ちなみにこのアルバムを購入する時、ジャケットがあまりにも地味で
実は相当躊躇したことを思い出しました。色がないってだけで
なぜ不安になるのか??未だに謎です。
2015.03.18 22:24 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/505-e520d94f
該当の記事は見つかりませんでした。