ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

小さな大事件?

DSC02440a.jpg
aus JENA 'Pancolar' 1.8/50 (Early-1970's Zebra / for Exakta)

なんとなく〜春だなあ〜って、光景に見えたんだからしょうがない?



地下鉄サリン事件から20年...経ったらしい。

一応、事件の舞台となった地下鉄路線の
終点駅にほど近いところに住んでいたから、
その日、朝早くから、夥しい数の救急車やパトカーがケタタマシク通り過ぎるので、
私は歯を磨きながら「何か事件?」と思いつつテレビをつけると、
毒ガスがどうのこうのと大騒ぎしている。

なんだか大事件みたい?
でも毒ガスって何さ?

そのうちに「霞ヶ関?」「千代田線?」
「エッ、丸ノ内線も?ってことは影響あるじゃん、まいったなあ…」

その事件からさらに数年さかのぼったある夜、
私は帰宅すると、見知らぬちょっと色っぽい女性がリビングに居て
一瞬ドキッとするが、よくみるとウチの娘と男の子が
ドラえもんのヴィデオを大騒ぎしながら観ている。

家人がキッチンから出てきて、どうやら「ママ友」であることが判明する。
しかしなんだか少し異様な状態である…。

私が帰宅したのは夜9時もだいぶ過ぎている。
娘は普段ならとっくに寝てる時間だが、なにやら興奮して騒いでいる。
そのお母さんも「もうこんな時間、そろそろ失礼する」でもなく、
相変わらずソファに深く腰掛けて、あろう事か私の秘蔵(?)ブランデーを、
どうもガブ飲みしたようで、もう残り少ない感じ。
ちょっとイラッとするが、やがて家人は、その女性の紹介を私にし始めたのだが、
その素性に私は愕然とする。

要旨だけ言うと
彼女らは、当時世の中を騒がせ始めていた「新興宗教団体」に入信しているが、
いよいよ親子ともども出家し、どこぞの団体施設に移り住むのだという。

特にそれに関して私に意見を求めてるということもないようなので、

「それでどちらに引っ越されるんですか?」
なんてどうでも良いような質問をすると

「熊本の方…主人が先に出家してますので…」というので、

「随分遠くですね。でもご一家揃ってなら心強いですね」
などと身も蓋もない話題ですぐに会話に詰まる。
私としては、関わるのが面倒くさかったし、議論するのも疲れそうで、
とにかく「何も興味がないよ!」って言う表情を敢えて漂わせていると、
やっと彼女は「帰る」というので、
「おかまいもしませんで、それじゃあお元気で…」と相変わらず素っ気なく
「さよなら」をした。
親子とはそれが本当に「さよなら」になった。

その後、その宗教団体はカルトとなり、
やがては凶悪なテロ集団にまで身を落とした。

あの親子はどうなったんだろうか? 
家人によると「あの日」親子は我が家に「ムシン」に来たのだそうで、
家人もいくらか「餞別」として渡したらしい。

彼女は輝かしい未来と幸福感を一生懸命に語るのだが、
ちっとも幸せそうには聴こえなかったそうだ。

実は教団だけではなく、世の中全体がなんだか妙に浮かれたような、
ある意味狂気を孕んだ、虚構の時代だったような
そんな独特の空気感を、今でも苦々しく覚えているのだ。



あんまり得意じゃないっよっていう意見も散見するけれど、
私はユーリズミックスが好き。

最高傑作曲はやっぱ「Here Comes The Rain Again」に間違いないとは思うけど、
この曲でのAnnie Lennoxの何とも言えない「深い表現力」に触れてしまうと、
思わず「参りました!」って降参してしまう圧倒的名演、名唱...だと思う。
Eurythmics - Miracle Of Love


RevengeRevenge
()
Eurythmics

商品詳細を見る

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

5 Comments

amamian3 says..."浮遊してますね"
子供の運動会で写真を撮ると
「なんと楽しそうなんだろう」って躍動した数枚が・・・
いい雰囲気出てますねぇ~!!

新興宗教・・・困ったものです・・・
それで離婚した夫婦を知っていますが
男性は何とか普通の幸せを取り戻し、女性は・・・行方不明です
社会的な疎外感に根ざすものが多く閉鎖的
多くは崩壊します。が、しぶとく生き残っているのもありますね
より幸せを望む気持ちは大切です。それでも 高望みは危険
分相応ってとこですよね
2015.03.20 06:03 | URL | #wZiQHpeI [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.03.20 07:56 | | # [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん おはようございます"
我々が若い頃なんかは、「芝生には入るべからず」が普通の
馬鹿げた概念がまかり通ってましたが、今は「芝」は
「安全なフィールド」として、ばんばん踏みつけて OKなわけで
とても真っ当な、良い時代になったと思いますね。
私なんて、サッカーやってたにもかかわらず、いまだ芝を踏むのには
罪悪感ありますけど…..。

なにしろいつも駅前に教祖がいて唄ってるは、女のコ達が踊り
特異な格好の幹部や信者の、今や死刑囚達が睨みを利かせつつ
そこらをうろつく時代でしたから、何とも不穏な空気でしたね。
あいつらどこで間違えたんだろ….って思いますね。
2015.03.20 09:21 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."おはようございます"
おはようございます。
宗教は個人の素朴な信仰が一番ですね。
後は困った時の神頼み。
あの事件はいくらT大出ようが勉強だけじゃ
ダメって事痛感しました。
まるでヒーロー物に出て来る世界征服企む悪
の集団でしたけど、正義のヒーローは出て来
なかった。
警察の国家権力も、縄張り争い等で坂本弁護士
失踪あったのに以降の事件抑止出来ませんでし
たからね・・・。
私もユーリズミックスやその後アンさん聞きます
し好きです。
個人的にはコステロとのエイドリアンが一番。
相方のミックとのプロジェクトはアルバム聞いて
超期待外れでした。
2015.03.20 09:24 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん 毎度です"
オウムだけではなくて、なんだか怪しげな宗教団体が
次々と出現して世を騒がせた時代でもありました。
その他にも宗教の集金システムだけ真似したような
自己啓発とか、霊感商法、催眠商法など奇怪な「経済活動」も
そこら中で跋扈していた可笑し気な時代でしたね。

なにしろ実験的、革新的とはいえ、サウンド的には稚拙な
バンドが多かったパンク、ニューウェーブ勢にあって、
「ツーリスト」〜「ユーリズミクス」にいたるアニーさん周辺は
何しろ完成度が高くて、エンターテイメントとしても
別格に優れていましたね。ソロ後はそのクオリティがすこし
揺らぐこともあって、なんだが心配になったりも??
2015.03.20 12:19 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/507-9e56bcd5
該当の記事は見つかりませんでした。