ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

雁字搦めの新年度

tyari2.jpg
aus JENA 'Pancolar' 1.8/50 (Early-1970's Zebra / for Exakta)

近場では最も「季節」とか「空気」とか「風」を
端的に感じとれる場所。
ここではその3つが充分感じとれる写真が撮れれば、
まずまず成功…そう思っている。

そんな秋田市「中土橋」も、何となくシリーズ化してしまって
マンネリ気味なのだが、考えてみれば「秋田」に雁字搦めである以上、
何処に行こうとも「マンネリ」からは逃れられなかったりする。

子供の頃は、普通にここで釣り糸をたれたり、
水に足をつけて水生生物を捕まえたりしてた
(ゲンゴロウやミズカマキリ、時にはタガメなんかも)。

今はそういう行為は当然禁止!...とか云う前に、
今、ここで釣り糸なんか垂れたりなんかした日には、
速攻で巨大な「錦鯉」が釣れてしまうだろうし、
その前にハトやカラスやウミネコまで引っかかってしまうかもしれない。

人間の不規則な餌やりや様々な過保護で、
すっかり警戒心や本来の生存本能を忘れてしまった
引き篭もりでパラサイトでシャブ中みたいに、
虚ろな眼をした動物達が、何だかちょっと怖い。

家の台所からこっそり拝借したメリケン粉を、
水でコネた餌を釣り針に仕込んでも、
池の雑魚の分際で見向きもされず、
「ちぇっ、今日はオケラだぜ!帰ろ帰ろ!」なんて言ってた頃が
いかに正常で幸福だったか…などと、思ったりする。

まあ、人間社会も、似たようなものかな…。



インディーズブームっていうのは、いつの時代も
「アングラ・マーケット」として存在し続けているようだが、
我々の時代(?)も勿論存在していて、
私は、「マンドレーク」の平沢進という男(後にP-Model)、
「アーント・サリー」のPhewっていう女性
(後にコニープランク、CANのメンバーとアルバム制作)、
そして「8 1/2」〜「ハルメンズ」の上野耕路という男らの
異能で異才、とにかくわけ分からん才能に驚かされ、
夢中になった時期がある。

そんな中でもまあ唯一かな(?)
メジャーでもまあまあ受け入れられたのがこの「ゲルニカ」。
上野耕路と、彼の追っかけだった(!)戸川純のユニット。

もちろん戸川純の、異彩だけど絶妙の狡猾さ、卓抜したバランス感覚の妙味が
素晴らしかったというのも大きな要因ではあるけれど…。
復興ノ唄


改造への躍動(紙ジャケット仕様)改造への躍動(紙ジャケット仕様)
(2011/05/11)
ゲルニカ

商品詳細を見る
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

6 Comments

うさぎ屋 says..."こんばんは~♪"
夜分失礼いたします。
人間も野性を失ってはいけませんね。
池の錦鯉とか池乃めだかさん(笑)のようになってはいけません。
人間の野性とは月に向かって吠えるといったものではなくて、我らの先祖が狩猟に明け暮れたように・・・であらねばならないのかもしれません。ですから子供たちは魚を獲ったり、鳥を摑まえたりして遊ぶべきなのかもしれません。少なくとも、私の子供時代はそうでした。
2015.04.02 03:12 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."うさぎ屋さん おはようございます"
こんにちは

他ならぬうさぎ屋さんに、いつものように理知的に解説されると、
ついつい「そうだそうだ」と納得してしまい、
保守に傾きつつ「おいおい」と、自分を諌めることも多い
グラグラの私であります。

人間も動植物も優しく「共棲」する社会は、美しくもありますが、
いつか、隠し続けた双方の本能が「牙」となって、あらぬ方向に
暴発しないか….それが何だか心配です。
2015.04.02 08:15 | URL | #- [edit]
花ちゃわん says...""
向の家のヨメがさ~
ウチの空き地に 餌を撒くもんだから
カラスに始まって ヒヨドリや もろもろ・・・
鳥が 集まって たいへん!
年中 いるんだよ~
渡り鳥は 渡っていくものなのに
冬になっても 居ついたりしてる。
生態系壊しちゃダメだよね~

それに、カラスも他の鳥も
近所の畑を荒らして、種を蒔いても
芽を食べちゃうんだって。

動物愛護の精神でやってるみたいなんだけど
度が過ぎると、オカシナことが始まっちゃうよね。

ここら辺も、手掴みで魚がとれた川の渕は
コンクリートになったしね~
遊泳禁止だし、昔の遊び場はなくなっちゃった。

さて、もうすぐ桜も咲くだろうね。
花の写真撮りにいくんだべ?
2015.04.02 12:17 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."花ちゃわん まいどダす"
この辺の川にも、白鳥が数羽、一年中いるよ!
夏場のスワンなんて、見るのが辛いから、眼えそらして
通り過ぎてる。何かが狂ってるなあって思うね。

でもウチのネコなんか見てると、こいつらもう野生には戻れないな!
今からネズミとって喰えって、とても無理。
何しろ小魚入りマグロ缶に、カリカリは
「魚介とお肉のチーズ味セレクション」。
○ーソンの徳用袋なんて、もう見向きもしないっすよ。
2015.04.02 16:44 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."今晩は"
今晩は、P-Modelやヒカシュー、ゲルニカ
ミュージックマガジンでも評判だったPhew等
はどうも私のアンテナやセンスの問題か奇抜?な
感じして立ち止まって聞いた事ないんです。
スルーとまではいきませんでしたが・・・。
幼いころいたザリガニ、亀、げんごろうなんて見
る事ない。
田や池等がなくなりました。
カブトムシやクワガタは郊外行けば養殖してます。
4月もよろしくです。
2015.04.02 20:10 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."oyajisann こんばんは"
私もね、この直前までオシャレなフュージョンとか
ブラコンとか聴いてたんですよ。
ところがやっぱりゆるくて、何処かこそばゆい!…
で、パンク&ニューウェーブにハマったら
そのままズブズブと、より強い刺激を求めて底なし沼、
80年代後半までオルタナ方面に沈み込んでました。

そういえば赤くなくて少し小振りなザリガニ….
ここで沢山捕まえてましたよ。何処行っちゃったんでしょうね。
2015.04.02 22:12 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/513-0c741608
該当の記事は見つかりませんでした。