ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

幸福のお湯

suisen.jpg
Carl Zeiss Jena 'Biotar' 2/58 (Late-1950's / for Exakta)

心ざわめくナルキッソス。

一輪だけ咲いてる水仙はとってもケナゲで可愛いんだが、
だいたいがクシャクシャとたくさんの花がまとまって咲いていて、
実はそれほどでもない美を精一杯競っているようで、なんだか
AKB…?そんな気がした。



私より、むしろ家人の方が「銭湯マニア」で、
ガイドブックをカバンの中に常備しつつ、
東京中の銭湯はほぼ踏破しているとのことだ。

当然、私もそのうちの半数くらいは
同行しているから、充分に自慢出来るレベル(?)らしいのだが、
まあその辺りの名誉栄誉は、謹んで辞退させてもらうことにしている…。

彼女には当然、「個人的都内銭湯ベスト10」というものがあるらしく、
日曜の昼下がりにもなるとソワソワと落ち着きなく部屋をうろつきながら、
突然立ち止まると
「決めた!今日は、第4位の西荻〇〇湯へ行こう!」

西荻に行くということは、駅前で軽く「モツ焼き戎(えびす)」あたりで引っ掛けてから
風呂に入り、帰りはオープンダイニングの無国籍料理屋で「しそ焼酎鍛高譚」を飲みながら
ベトナムのフォーをすするっていうお決まりコース。
私は…銭湯はともかくも、
「久しぶりに鍛高譚でフォーもいいなあ!」という感じで同意し、
西荻までテクテクと出掛けるのだった。

このパターン、他にも
「浅草で電気ブランとオムライス」とか
「東中野はオリオンビール=沖縄料理」、
「武蔵小山は商店街でいろいろ買い食いしながらぶらつくコース」、
「蒲田ではイロイロ餃子!」
「三鷹では爺チャンの朝摘み野菜で西多摩の地酒!」

そんな感じでコースが決まっている。

自分の中の、仕事面での全盛期はとうに過ぎていたが、
家庭面(?)ではその頃が全盛時代だったかもしれない。

ところが、銭湯は続々と閉鎖が相次ぐようになって、
家人のランキングも頻繁に更新せざるを得なくなった。
知り合いの銭湯店主も多くなっていたが、皆口々に窮状を吐露し、
何処そこも何月で辞めるらしいとか、あそこはとうに辞めてなくなってるとか
哀しい情報が入るようになった。

我々に何が出来るかと言っても、何も力にはなれないが、
せめて「都内共通回数券」を絶え間なく購入するくらいしか出来ないのが悔しかった。

かつて、2ヶ月に1度は箱根辺りの温泉…なんて時代もあったけど、
近所での小さな幸福感….本当におすすめです。

元気になったらまず何をしたいか!って言えば、真っ先に
高円寺の銭湯「名物ミルク風呂!」あたりでポカポカジンワリ暖まってから、
知り合いの酒場(たくさんある)で、丸かじりのキュウリをほうばりながら
ホッピー…これに尽きますな!。



何年前のことだったか定かではないけれど、家族3人で東京ドームの
ポール・マッカートニー公演を観に行ったそのすぐ後くらいに、
有楽町そごうってデパートの中にある「よみうりホール」っていう
1000人規模のホールで、やっぱり家族3人でキンクスの首領
「レイ・デイヴィス」の、ソロ=弾き語りコンサートってのに出掛けた。

その結果、我が家の女性軍は二人とも
「ポールよりレイが好き!」
という、禁断の言葉を口にするようになった。
(待て待て、それを言うなら雨戸しっかり締めてから…)

まあ仮にポールマッカートニーがよみうりホールで
弾き語りライブ!?なんてものがあったとして、
その歴史に遭遇していれば答えは……とは思うけれども、
まあ私も含めてオバカで能天気な家族なんだろうなあ…。

特に娘はこの曲が一番好きだと言っている。
私も大好きな曲だけど、ここは娘に譲ってあげることにしよう。
"Sitting In My Hotel"


Everybody's in Show-BizEverybody's in Show-Biz
()
Kinks

商品詳細を見る

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

6 Comments

hal says...""
魔玉、後ろのざわざわ感がよろしおすなぁ(^^。
でも、回ったり回らなかったり、ざわついたり素直にボケたり・・・。
距離と光の加減でしょうかね、深いです。

で、銭湯、奥さま良いご趣味で♪(^^
僕もそのクチ、ひとっ風呂浴びて、場末のホルモン屋でビールなんぞ最高です(笑。
そんなワケで、大阪市内の銭湯は大概行ったんですがね・・・。
コチラも同様、廃湯につぐ廃湯で、実に寂しい現状でございます(泣。

銭湯は癒しの空間であると同時に、さまざまな人間交差点、でもありました。
足を開いて壁に手をつく全身入れ墨の男、の股間を洗う若い舎弟の姿に、
修行のキビシさ、もしくは、リスペクトするという意味、に思いを馳せたり(笑。
富士山のペンキ絵に向かって仁王立ち、タオルをさながらヌンチャクのように、
ビシバシ全身シバき続ける男の後ろ姿に、散文的でシュールな気分になってみたり(爆。

かように、とても楽しい人間観察の舞台であったワケですが。
ヘンな出会いの思い出のあるウラブレた銭湯からどんどんなくなってしまい、
ホント寂しい限りです、とほほ・・・。
2015.04.07 10:44 | URL | #PwYTJ1I6 [edit]
pipco1980 says..."halさん 毎度です。"
なかなか背景グルグル回ってくれませんし、
不思議と少し絞ると突然ざわついたりと
まったく気まぐれな観ありますね、この玉は…。

人間交差点….面白いですね。
さすがにアニさんの股間を洗う舎弟は見たことないですけど、
早い時間に背中のモンモンを隠すように
コソコソ入湯してる姿はよく見ますよ。
外人さんも年々多くなりました。
電気風呂に私が入っていると、白人が不思議そうに見つめるので
「Feel so goo…」なんて言って誘うと「gyaaaaa! crazy!」と悶えたり…。

「指定健康管理施設扱い」で「保険適用」とすれば、収益率も上がって
伝統が守られるのに….なんて思いますけどね。
2015.04.07 11:59 | URL | #- [edit]
花ちゃわん says...""
お~~~~♪
しそ焼酎鍛高譚ってか!

いつだったか、近所の夫婦が抱えてきてね
赤霧のませたら、鍛高譚おいてったのヨヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ
して、一人で飲んだわけ・・・うめっす♪

奥様も相当、お酒に通とか?
ご夫婦で銭湯行って、ぐびっと飲んで
たまに家族で音楽聴きにいくなんて
いい時間の遣い方してたんだね~。
親が音楽に精通してると、子供も感性豊かに・・・
きっと娘ちゃん、いい笑顔してるんだろうな(^^)v。

2015.04.07 17:56 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."花ちゃわん 毎度っす"
鍛高譚、まだもの珍しい頃は信じられないくらい美味かったねえ?
我らが故郷も、ああいうものを作らにゃあきまへんなあ、奥さ〜ん♪。

>いい時間の遣い方してたんだね~

いやいや、そこに辿り着くまでが長かったっすよ。
人生いろいろ、山あり谷あり、熊も狸もありだすからねえ….。
花ちゃわんも、ご近所&職場の方々と良い関係みたいで
しかも世の中の仕組みもよく知ってるし….あれ、トシ誤摩化してる??
2015.04.07 20:52 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."今晩は"
キンクスはヴィクトリアからのお付き合い
ですが、いつの間にか解散?
今はソニーが盤権獲得のよいですね。
引き語り、ポールだったら50万ぐらいの
値段でしょうね。
私的には武道館でのドノバンの弾き語り
が最高かな?
2015.04.07 23:02 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん 毎度です"
Donovan Live In Tokyo'73…持ってますよお!
アナログ音源…。

KINKSと言えば、PYE時代、RCA時代などと、その変遷が分かりやすい
バンドなんですが、それが全部ユニヴァーサルになって、今度はソニー..
ややこしいです。

ポール武道館公演…正直言うと馬鹿げてますな。
そんなものに「のこのこ行く」という行為自体
「恥」だと思います。






2015.04.08 00:58 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/516-17f1f326
該当の記事は見つかりませんでした。