ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

哀しきスカウトマン

tannpopo.jpg
ENNA München 'Lithagon' 3.5/35(Early-1960's Zebra / for M42)

晴天が苦手なリサゴンであった…勝手にそう思ってるだけなのだが。

間違いなくクセモノの、タダゴトではない風情は、
大好物には違いないが、問題は、さてそれをどう使うか…
それが問題だ。



東京の家人からの(定期)電話の声がいつになく明るい。

家「渋谷でモデル事務所の人にスカウトされた!笑っちゃうでしょ…」

私「笑い事だねえ…。おばちゃんに今更何しろって言うのさ?」

家「着物とか、ミセス服の雑誌モデルとか言ってた」

私「で、どうするつもりなの?」

家「電話したよ」

私「えっ…しちゃったの?」

家「うん、だって絶対電話くださいって言うから、悪いじゃない、無視しちゃ。」

私「そういうもんかあ?それで?」

家「だから、こんなおばさんなんかに声掛けて頂いてありがとうございましたって」

私「なんだそれ…」

家「そういうわけで確かに電話させていただきました。それではごめんください…って言った。」

私「よくわかんねえんだけど….」

家「だから、モデルさんなんて、そんなのとてもとても出来ませんってお断りを入れたわけよ」

私「ならいいんだけどさ…あれってその気になって事務所行ったら、
 登録料だのプロフィール作成料だので、色々ふんだくられるってあれだろ!」

家「えっ?知ってたの?」

私「常識だよ。娘に聴いてみ」

家「もう話したわよ!そしたら、母ちゃん馬鹿じゃないの…って言われた。
  そういえば、何だか怪しかったのよねえ」

私「はいはい、解決済みね。何でもきちんとあのコに相談してね!」

家「うん。わかった…で、そっちはどうなの、体調?…」

家人は自称「勤労小学生だった」って?、
早い話が「子役」みたいなことをやっていたので
小中高のほとんどが「早退生活」。
そういうわけで、ヒトの知らない知識、特技は半端なものじゃあないけれど、
一般常識がちょっと…「テンネン」なところがあるので、
父娘がしっかりしてないとね!…
と、いうことで意見が一致してる家庭であるのだった。



ブリティッシュロックの深い森にひとたび足を踏み入れると、
必ず通らねばならないグニャグニャでアップダウンの激しい厄介な道。
簡単に越えられそうでなかなか越えられないその茨の道こそが
Bonzo Dog "Doo-Dah” Band

あのビートルズをも魅了させつつ、のちにパロディ・バンド「ラトルズ」の
仕掛人であり、ジョン・レノン役である「ニール・イネス」という才人の
全く掴みきれないキッカイな音楽性は、ブリティッシュロックという
魅惑的で、複雑怪奇な混迷の森の、門番のごとく立ちはだかるのだ。
「これで”わかった”なんて思うなよ!」と意地悪くあかんべーしてるような彼らの代表曲。
岬めぐり」…じゃなかった「(I'm The )Urban Spaceman


TadpolesTadpoles
(2007/06/11)
Bonzo Dog Doo-Dah Band

商品詳細を見る
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

8 Comments

hal says...""
テンネン奥さまとシッカリお嬢、エエコンビですね(^^。

ウチも娘ふたりの女所帯なんですが、
近頃・・・、結婚式引き出物@カタログギフトの件、で紛糾しております。
妻はどうやら、美顔器が欲しいらしいのです。
僕が「ハム詰め合わせとか家族の喜びではなく、
   己の私利私欲を優先するようなニンゲンかね、キミは。」
などとコメントしていると、娘たちは「父ちゃん、ビガンキって何~?」と唱和しますので、
「ソレはなぁ、『顔』を『美』しくする『器具』ぢゃ。」と返したワケですが。
娘(小)@小二の表情が見る見る曇り・・・、
「ママ!ビガンキ、アカン!! ママがママの顔でなくなってまうのイヤや!!!」
などと半泣きになっているのです。
どうやら顔を改造する機械か何かだと思っているようです。
コレはとても面白い成り行きですので、妻には是非、
ビガンキをもらって欲しい気持ちになりました(笑。
ちなみに娘(大)@小四は・・・、
「ビガンキごときで顔変わるんやったら、みんなアイドルになれるわな。」
などといたってクールです(笑。

さて、出ましたね、リサゴン(^^。
写ってるのはタンポポと姫踊り子草ですね。
お気軽写真機道楽と爬虫類飼育が僕の趣味の双璧なんですが、
どちらも草食性のリクガメの好物です(笑。
にしても、かなりファンタジックでエキセントリックなボケ具合ですね・・・。
海底の海草というか三陸沖のホヤというか、そんなのに見えてきます(^^;
目の毒ですわ、欲しくなってみたり(爆。
2015.04.09 12:19 | URL | #PwYTJ1I6 [edit]
pipco1980 says..."halさん こんばんは"
こりゃあ楽しいご家族ですね。
ウチの子はもう仕事一途しかないアラサーのイカズゴケですし、
今は全員別々ですから、なんだか「そんな日々」が懐かしいです…。

リクガメくんの好物でしたか!

リサゴンのF値(3.5)というのが、私も少々気になりつつも、
曇り空の重々しい光景にジャストフィットな玉だとばかり思って
晴れの日に持ち出すことはなかったんです。
ところがやってみたら、本当はサッカーなんて大の苦手なのに、
メクラ滅法にボールを蹴ったらゴールインしちゃって、
友達いないのに突然みんなにチヤホヤされて、
どうリアクションしていいのかわからないまま、
その場を走って逃げ出したあ(長い!)...みたいな、
そんな感じでした。
2015.04.09 20:15 | URL | #- [edit]
amamian3 says..."この辺りが"
私も好きなんですよねぇ・・・

家人との会話
絶妙な温かさを感じます
心で支えあっているのですよね
あの業界は狂っているかに思えます
垣間見るお仕事でしたが 座りが悪くて・・・
もうすぐ そちらも春ですね
ご自愛ください
無理は 禁 ですよ
2015.04.10 06:39 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん おはようございます"
ご配慮いただきありがとうございました。

昨日病院へ行ってきましたが、「悪化」もせず「良化」もせず
「横ばい」…。てっきりこれは吉兆かと思ってましたら、
医師は納得いかないようで、かなり苛ついているようでした。

会話と言っても「電話」ですから、異常と言えば異常です。
ただ不思議と強烈に「あいたいなあ」とは思わないものです。

厳密には「詐欺」ではなく、芸能事務所は〈商品〉を
店に並べるまではしますから、そこの委託料はしっかり取る!。
で、万が一売れたら「丸儲け…」、売れなくても「そこそこ儲け」...。
昔はこんなじゃなかったですよ!
きちんと事務所はリスク背負ってましたから。
この手で数打ちゃ当たる式の「関西商法」恐るべし!です。
2015.04.10 09:23 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."今晩は"
ラトルズやモンテイパイソン当りは英国ぽくって
好きです。
摩訶不思議な感じのバンド。
この曲は変名でたしかポールがプロデュースして
ましたね。
ヤ〇ザ屋さんも今じゃ人手不足で詐欺商法が凌ぎ
とか世の中変わっていきますね。
2015.04.10 20:23 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん 毎度です。"
さすが良くご存知ですねoyajisannさん!

実際には、のちにエルトンジョンの相方になるガス・ダッジョンの
プロデュース曲でしたが、例によってポール得意のイッチョカミ!
しかもAll Together Nowにヒントを与えた….なんて
言われ方もしてましたね。私にはむしろメリーホプキンに書いた
「グッバイ」に聴こえますけど….?

2015.04.10 20:46 | URL | #- [edit]
面白半分 says...""
ラトルズからニール・イネスを知り
何枚かイネスのソロを聴いています。


メロディは素晴らしいのですが
ふざけたことをいってるのかも知れず(英語がわからないので)
そこらへんのわからなさがまた面白い。

このボンゾのPVも
つっこんでいいのか悪いのかわからないところが
彼ら流で英国流なんですかね。
まさに「これで”わかった”なんて思うなよ!」
まさに
2015.04.12 21:15 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."面白半分さん こんばんは"
私もね、このバンドを分かりにくくしてるのはきっと
ヴィヴィアン・スタンシャルって男の高等なギャグセンスのせいだ!
そうだ、ニール・イネスのソロ….きっとそっちのほうが
分かりやすいに違いない!….
ところがそれがまたトラップだったりしますから、なにしろ
ボンゾ組は厄介。私はスゴスゴとモンティ・パイソンのヴィデオを見ながら
途方に暮れたりもするわけです。ああ楽しい!!
2015.04.12 21:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/517-1a6739f8
該当の記事は見つかりませんでした。