ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

理解不能な10万円...

あめ
aus JENA 'Pancolar' 1.8/50 (Early-1970's Zebra / for Exakta)

決して自分だけではないと信じるが、コンサートが苦手だ。
そりゃあ好きなアーティストのお姿を生で観たい、演奏を聴きたい….っていうのは、
ファンとして自然な欲求だとは思うが、コンサートへ行くことで、
自分と同じような何千、何万という群衆(人種)と遭遇するということに、
とても違和感というか、ある種の失望を感じるのだ。

中にはよく知った、自分にとってとても大事な歌を不遠慮に放吟しながら、
九段下や千鳥ヶ淵を練り歩く一団に遭遇したりすると、
決して愉快ではない、何とも形容し難い感覚に苛まれたりもする。

音楽を聴くというのは、とても孤独な行為だ。
家族や友だちとワイワイ聴く音楽は、一人で聴く音楽とは大きく趣旨が異なる。
少なくても自分にとって重要なアイドルであるFrank ZappaやGrateful Dead、
Miles DavisやKing Crimson、Peter Gabrielなどは、
一人の時間、場所でしか聴かないし、
裏を返せばヒトがいるところでは絶対に聴きたくない。

さらに言えば自分にとっては、ビートルズやローリングストーンズ、
ボブ・ディランまでもが、そういう趣旨のとても大切な音楽なのだ。

不思議なことにポールマッカートニー、ストーンズ、ディランともに、
私は過去に2度ずつ日本公演に足を運んでいるが、
実を言うと途中で帰ってしまいたい衝動に駆られ続け、
実際にどうしても辛抱たまらなず本当に帰ってしまった経験もある(ストーンズ初回)。

ミックジャガーは一生懸命に何十年も前の自分を演じている姿が
気の毒すぎて楽しめないし、演じれば演じるほど遠のくところがまた痛い。

ボブ・ディランはその真逆で、
ライヴに自分の価値などハナから見いだしてないから、
只々ダラダラと不機嫌そうに唄って、アンコール?うっざいなあ!という姿。
要はそんな私が現在の飾らない私です、それでも良ければどうぞ!っていう
刹那感を我々がどう受け取るかだ。

マッカートニーという男は、ジョンレノンという
目の上のタンコブみたいな存在がこの世から消えてしまったことでタガが外れ、
突然ビートルズを私物化して、あろうことか安売りし始めた。
その結果、良く出来たビートルズコピーバンドを、
良く似た老人が矢鱈と元気に唄ってる…
そうとしか見えないし聴こえないのだ。

ビートルズの持つ神懸かりな風格、鮮烈さなんかが全く削ぎ落ちた、
バッタモンで不愉快な存在が現在のポール・マッカートニー。

武道館で10万円…

「後ろの安い席のヒトは拍手してください…
 前の高い席のヒトは宝石をジャラジャラさせてください」。

ジョンレノン一流のジョークも今は昔か…。


仮にWings曲やソロ曲のみのマッカートニーコンサートだったら、
中野サンプラザ規模で心置きなく楽しめそうな気がする。
だってここらのポップセンスはとてつもなく凄いから…!
あの娘におせっかい


Venus & MarsVenus & Mars
(2014/11/04)
Wings

商品詳細を見る
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

4 Comments

ももPAPA says..."LIVEは絶頂期がベスト?"
PIPさん こんばんわ

自分は若い頃、LIVE参戦する機会がほとんどなかったです。
あの頃といえば、クラプトンの"コカイン" とか喫茶でかかってた頃
でした。
LIVEは、あの左向けば 右向けば みんな立って手を振って・・
みたいな雰囲気がどうも苦手ですね。

72年 パープルの初来日LIVEのとき、どこかのおかしな連中が、アンコールがなかったってことで大荒れに荒れて 椅子蹴飛ばして壊してたのを見て、いっぺんに興ざめしたものです。

思うに、アーティストの絶頂期のときにLIVEって体感するのがベストなんでしょうね。
直近で参戦したTOTO は、初めてLIVE観たのに、それほどの感動はなかったですから・・
あれが80年代 彼らの油が乗り切った頃だったら全く違ってかもしれない って今思います。
2015.04.22 22:34 | URL | #Wgi4adpQ [edit]
pipco1980 says..."ももPAPAさん こんばんは"
さんざんディスってるようですが、実は深過ぎるビートルズ愛…
理解していただけると思います。

クラプトンも最初の頃(70年代)だけですかね、ライブ参戦してたのは…。
TOTOも初来日の時のみ行きましたねえ。フュージョンブームのさなか、
意外にもルカサーがペンタトニックでしか弾かないので、ああこのヒトは
純粋にロックのヒトなんだ!って、妙に嬉しかったです。
勇気もらったし….

マッカートニーは初回来日のゴタゴタをモロに被った一人として、
また何だあかんだと言っても、殆どアルバム持ってる人間として
(ストーンズも)、敢えて言わせてもらった!とご笑納ください。
2015.04.22 22:58 | URL | #- [edit]
amamian3 says..."解りますねぇ・・・"
なるほど
コンサートへ行って感じる物足りなさは
それだったんですね

ところで 桜流し
いい感じですよ!!
季節の変わり目は 過ぎ行くものと
新たに来るものの交差点
切ないですね
2015.04.23 05:40 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん おはようございます"
ジョンレノンが生きてたら….まあもうちょい、ポールも
緊張感を持って、しゃきっと真剣にアルバム作ってたろうなあ…
新たな名曲もたくさん生まれてたんだろうなあ...と思うと、
ちょっとやりきれない….そう感じるわけで、ファンとして
ただただ稼ぐだけで、音楽的意欲が殆ど感じられない
今のテイタラクを叱責したい!そんな気がしたわけです。

いよいよ本番な「Island」の写真、愉しみに待ってます!
2015.04.23 08:56 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/525-0aa54035
該当の記事は見つかりませんでした。