ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

自転車屋に行きたい!

DSC04449.jpg
道が乾くだけで視界がグッと広がるから、普段の道も楽しくて・・・

ようやく軽快に自転車を走らせる季節になりましたね!
いやはやメデタイ、いよいよ春じゃあ! 

ところが冬の間、あっという間にマイチャリは大雪に埋もれ,もはや哀れな情況。
空気は抜けてるは、チェーンは錆びてギコギコと妙な音がする。
こりゃイカンと自転車屋に向かうものの、夕方5時過ぎでは自転車屋は閉店ガラガラ。
意外にも平日に自転車屋に行ける時間がない緊急事態となってしまった。
仕方なくポンプと機械油と簡単な工具キットをドンキホーテで購入し
何とかはなったのだが….。

確か近年は全国的な自転車ブームで、こうしたモノはまず格好から!との鉄則に従い、
オシャレな雑貨店的な自転車ショップが乱立していると聞く。
ところがこの街では・・・
まあ1年の3分の1は使用不能だし、仕方ないかあ!ということか。

それでも昔ながらの人情自転車屋は秋田にいくつも健在なのを私は知っている。
東京では30年前から自転車屋でポンプを借りると当たり前に料金がかかる。
昔は50円程度だったが、最近,とは言っても今や一昨年の情報ながら、
セルフで300円請求されて驚いた。

またブレーキレバーのネジが緩んだので、
自転車屋に寄ってドライバーを貸してくれ!と言ったら

「工具を貸すというカテゴリはない!きちんとメンテナンス依頼して欲しい」
と言われそのとおりにすると、ネジを半回転ほど締めただけで

「技術料700円+初回入会費用300円」で
まさしく「締めて合計1000円」請求された。
正直なかなか後味悪い!気持は分かるけどね....。

秋田に戻ってきて、足としての自転車を購入。
様々自転車屋に厄介なってるが、
空気入れたい→そこのポンプで適当にどうぞ!
料金?そんなもん貰えるわけねえべや!

全体ネジ緩んでるみたいで・・・
少しフレーム歪んでるなあ、転んだ?ぶつかった?
んだべ!....と、手際よく全体の調整をしてもらいその間30分。
おいくら?と恐る恐る聞くと、500円も貰っておぐべか!
最近多いスーパーで安く買ったような中国製ならもう少しもらうども、
旦那さんのは国産車だから、そんなに戴くわけにはいかねべ!!

まあ色々業界の事情はあるにせよ、爽快な気分になったものだ。
もちろん自転車も爽快!
散髪屋と同じで、自分で自分の頭刈ったって全然気持ちよくないのだ!

早く自転車に行ってさっぱりしたい!!

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/53-37d870e3
該当の記事は見つかりませんでした。