ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

モテアマシ気味のゲッチンゲン

r12.jpg
ISCO-Göttingen Westanar 2.8/50mm C(1956 / for Exakta)

久々に持ち出したイースコ・ゲッチンゲンのウェスタナー。
ご覧の通りの「クセ玉」いや「性悪玉」かもしれない。

ISCO社自体は西独の歴史的「銘玉」を数多く生み出した
名門シュナイダークロイツナッハ社の同族経営による傍系会社。
言わば由緒正しい出自なのだけれど、どう考えてもこれは
「クセ玉」に違いない。

色も変だし、ピントはおそらく一生掛かってもピッタリ合うことはないだろう。
開放なのに(F2.8)立体感もたいして感じない。
色の傾き方は、変な粉を炙ってその煙を吸い込んだような(??)
不可思議なサイケデリック感…。
背景のツツジの毒々しさも相まって、ちょっとした極楽浄土感、
明け方に見る異様にリアルな悪夢…
もしくは黒沢明の映画「夢」の世界。

私が生まれる少し前の時代の製造物だから、
基本的に「カラー」を想定してない。
この時代の製品特有の、モノクロ写真に特化したコーティングや、
屈折調整などで、色表現が少し狂うのが普通で、
その少しの狂いこそが古レンズの楽しみ方ではある。

確かにこんな色の昔のカラー写真が、押し入れの奥に仕舞い込んだ
ファミリーアルバムの中にたくさん収まっていそうだ。
それはわかるんだけど…さて一体どう使えば有効なんだろうか、このクセ玉…
難しいね。?



80年代後半くらいかな…アメリカ南部発祥のセカンドラインビートっていう、
昔風に言うと「アメリカ・インディアン音楽」と「黒人音楽」、
さらに中米もしくはカリブ海のヒスパニック系音楽が微妙に融合した
カーニバル(マルディグラか..)サウンドの代表的グループで、
当時は世界最高のライブバンドとも云われたのが
ネヴィル四兄弟からなるネヴィル・ブラザーズ(元はミーターズ)。

アップビートでノリノリゴリゴリな熱いステージが突然暗天になり、
三男アーロンの天使のような声(顔はごついが)で唄われる珠玉のバラードが
ライブの名物でもあった。

オリジナルは御存知サム・クック永遠のスタンダードナンバーだけど、
アーロンのカバーソングにはいつも驚かされる…。
Aaron NevilleA Change Is Gonna Come

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

10 Comments

amamian3 says..."もう直ぐ梅雨ですよね"
梅雨といえばアジサイ
雨の日に水面に映るアジサイの姿を
撮ってみてはいかがでしょうか?
F2.8であれば 曇天の暗さでもいけるでしょうし
遠景が玉玉にかすんで・・・って
想像なんですが(笑
是非見せてくださいね!! 
2015.05.19 05:20 | URL | #wZiQHpeI [edit]
hal says...""
パッと見ぃ、をを、ついに銀塩始めはりましたかー、とか思いました、マジで。
昔のネガプリントみたいです、確かに。
しかも・・・ツルツルなヤツではなくて、絹目で光沢のあるヤツ!(笑
2015.05.19 10:13 | URL | #PwYTJ1I6 [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん いつもどうもです"
去年は入院騒ぎなんてあったんで、お休みでしたが
毎年、あじさいは一応撮ってはいるんです。
ですがやはりこれも難しい!。何処かで見たよなあじさい…
にしかならないので、困ってしまうんですね。
そうなると、仰る通り、お天気とか背景とかが重要になるわけで、
何だかここで突然「水辺」と「玉ボケ」ってお題をいただいたように思います。
結構プレッシャー….。いずれにせよありがとうございます。
2015.05.19 10:21 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."halさん 毎度です"
銀塩….とっても魅力的なんですが、まだ踏み出せてないです。
少し前に幼なじみの友人から、CONTAXのRTSっていうボディを
譲ってもらってるんですが、どうやって使っていいのか未だ謎だったりします。

訂正?…このレンズ、銘の最後に赤文字で「C」って入ってるので、
これはもしかしてカラーのC?...いやコーティングのCかな…!?
まあそんなのも古レンズの愉しみですかね!
2015.05.19 11:54 | URL | #- [edit]
あとりえ 瑠璃絵 says...""
カメラに関しては全く無知なので、出だしの文章
チンプンカンプンでした。
3年前、歴史ある会社を解散しましたが、年代物の結構立派な
カメラ(現場写真用)が2台ありました。
誰かにあげた様な気がしますが、今思えば、もったいないお化け
ですね。
2015.05.19 17:20 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."あとりえ 瑠璃絵さん こんばんは"
今のように日進月歩の電子部品を組み込んだようなものは、
時が経ちシステムが古くなれば「燃えないゴミ」に過ぎませんが、
昔のカメラやレンズは、鉄とガラスの、職人による高度な技術の
「工芸品」「逸品」ですから、年代を超えて価値の高いものとなるわけです。
硝材の産地によっても、写りが変わると云われますしね。
まさにもったいないお化けです。


2015.05.19 19:37 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."ダブルで"
何時も閑散ブログにもコメント、ダブルで
恐縮です。
このバンドはアローンのソロやリンダとの
競演で知った後追いです。
顔と声が極端に一致しない方大概名作あり
ますね。
2015.05.19 21:37 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん 毎度です"
確かにね、あのごっついカラダであの美しい声ですから、
ヒトは見かけで判断出来ませんねえ。バンドの方もそんなアーロンの
アヴェ・マリア何かとは180度異なるノリノリのライブを心情とする
グループなわけですから、その落差ギャップがまたこのバンドの
魅力でもあるわけです!
サザンに米良美一氏が一人混じってるような感じ???
2015.05.19 22:08 | URL | #- [edit]
花ちゃわん says...""
久し振りだんす~♪
先週一週間、友達が居候してたんで
ろくにPCも触れなかったんでね。

>明け方に見る異様にリアルな悪夢…

わかる! 
イイ夢か、ワルイ夢かわからなかったけど
その時の赤は まさに、そのつつじの色。
無くなったじぃちゃんが、夕焼けを背景に
ハンチングハット被って、こっちを見てたけど
そん時の夕焼けの色も、そのツツジの色だった。

過去を感じさせる写真も、オモシロイね。
2015.05.20 14:24 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."花ちゃわん こんにちは"
ツツジ….勿論嫌いじゃないし、
子供の頃は甘い蜜をチュウチュウ吸ってったね!
ところがこの日撮った土手のツツジは、なんだかお盆かお葬式か、
どっちにしてもとってもお線香臭いぞ…って、そんな感じに見えて、
何だかこれって、昔の色褪せしたカラー写真見たいで、妙に懐かしいぞ!
あっ、幼なじみのMちゃんがいる、Kちゃんも…
あれは…小2の自分か???…….。
2015.05.20 15:43 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/541-880cd3b3
該当の記事は見つかりませんでした。