ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

スイッチはどこ?

r11.jpg
ENNA München ' Lithagon ' 3.5/35 (Early-1960's Zebra / for M42)

曇り空でアスファルチック、どうにもこうにも退廃的な絵面と云えば、
もうこれしかない35mmの「リサゴン」!。

ベルリンはブランデンブルグ門正面、
パリ広場からちょいと横丁に入った
とあるオープンカフェ前の宴の後…
そう見えなくもないかも…うーむ、ないなあ…秋田だし…。

ガラじゃないけど、一応、病で死の淵を彷徨い、
アチコチを切り刻んでもらいつつ、なんとか生還させていただいて、
あっという間に半年が過ぎ、そろそろ少しづつ職場に戻ろうかなと思ってたところ、
家人は私が仕事に戻ることを強硬に反対した。

まだまだ体調は充分ではなく、再発のリスクも払拭はされないということで
ならば東京に居て「焦りと過大なストレス」を抱えながら療養を継続するよりも、
30年以上も前にとっくに捨てた筈の故郷の「低ストレス(?)」な環境で
「のんびり」療養した方が、これからの人生の為にも良いのではないか!?
という主旨の提案によって、最終的に『秋田行き』ということになって
もはや遅すぎて誰も迎えにこない敗残帰還兵のような、
ちょっと惨めな立場で、ひっそりと生活しつつ、
今に至ってるのだった。

そうして秋田に戻ってもうすぐ丸4年になる。
いまだ曖昧なのは家族関係だけ。

「ねえ、パパいつ戻るの?」
「いつになるんだろうねえ」
「ママは秋田に行かなくていいの?」
「寒いの苦手なんだよねえ」
「もう、ウチの親達ときたら…」

本当は家のローンとか、生々しい現実が諸々のしかかっていて、
いつまでも安閑とはしてられないのだが、
なんとかカラダのスイッチをカチッとONに入れなければならない
時節が近づいているなあ…と思う今日この頃なんだが…
さてと、そのスイッチ…一体カラダのどこにあるんだ…??



退廃的な歌ってのを考えてみるのだが、
この曲が他を寄せ付けずに、ズンズンズンと訴えかけてきた。
音楽仲間内ではロキシーの「ジャメジャメ…」っていわれて、
意外と愛されてた曲だったと思う。

Roxy MusicSong For Europe(ヨーロッパ哀歌)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

4 Comments

あとりえ 瑠璃絵 says...""
おはようございます。
色んな人生がありますね・・・
早く家族と暮らせたら良いですね、ストレスも辛いけど、ンー

きょうの曲・・なかなか良いですね・・画像も良い。
2015.05.21 10:19 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."あとりえ 瑠璃絵さん こんにちは"
私のせっかちな性格からして、向こうに居るとまた焦り狂って
猛然と仕事方面に傾いてしまうのを、
すっかり家人に見抜かれてしまってますから…。
まあいつまでも甘えてられないなあ….って焦りの虫がむずむずと...
ってところでしょうかね。
2015.05.21 11:18 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."今晩は"
今晩はロキシーたしか最初の発売キングレコードだったかな?
まだガキだった私は随分ケバイグループだなぁが第一印象。
まだイーノが在籍してたし・・・。
その後ヘァーが見える見えないのジャケットとか関係ない所で
注目。
自分で買ったのがアヴァロンなんですよね。
シングルは恋はドラッグだったかな?
あんまり語る事資格ないです。
2015.05.21 22:50 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん 毎度です"
私はどうしたわけか最初に聴いた「Re-make/Re-model」から
いきなり気に入ってしまって、まあ最後まで…御贔屓筋でしたね。
なにしろイギリス的なかっこよさや粋...(ダンディズム?)が
詰まったバンドでした。
キングクリムゾンと同じ事務所!ってのも大きかったかな。
(ちなみにBフェリーはクリムゾンのオーディション落ちてROXY結成です!)
3枚目のこのアルバムからENOに変わって、当時熱狂してたカーヴドエアー
のエディジョブソン(この後ZAPPA-UK-K.Crimson-Jethro Tull etc)参入で
また熱狂が高まるわけです。勿論「恋はドラッグ」もとい「Avalon」も
大好きですが、Avalonはちょっと意味あいが違う気がしますけどね。
2015.05.21 23:43 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/542-60629879
該当の記事は見つかりませんでした。