ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

戸惑うDNA...

DSC05713_DxOFP1.jpg
Carl Zeiss 'Planar' 1.8/50 (for Rollei QBM)
[with Adobe Photoshop CS6+DxO Film Pack3 Plug In]


歴史と伝統に裏打ちされ、本来、宗教観に根ざした
「神事」として完成されたエンターテイメントとしての
「祭」の演目に、優劣など絶対にあろう筈もないけれど、
この神事の「祭り方」「踊り方」では、ほかのどこの地方とも異なる
突き抜けたように享楽的な「豪快さ」と「騒がしさ」の、
その特殊な精神性の源流は、いったい何に根ざし、
どこから溢れ出て来たのだろうか…?

同じ東北人として、その気質の違いをまざまざと見せつけられ、
考えさせられることになった実に今回、子供の頃以来の
「ねぷた」体験であるのだった。

ところで、古代史マニアでもある拙宅の家人の愛読書は、
『東日流外三郡誌(つがるそとさんぐんし)』。

私は読んでないので、家人からの聞きかじりでしかないのだけれど…
古代、安東氏が統治するツガルの中心都市「十三湊(トサミナト)」は、
海外交易で栄え、カトリック教会があり、多くの異人も住んでいた大都市で、
当時の大和朝廷以上に高度な文明を有し存在していたとされる(14世紀に大津波で崩壊)、
その内容を詳細に記した古文書だが、当然、現在も天皇を拝した
「大和朝廷政権」が継続している現代においては、
アカデミーから「疑いようのない偽文書」と指定されてしまっている。

しかし、この地域に数多く残るヘブライ人伝説やその痕跡などで、
真説と捉える学者、識者も多く、いまだ議論が続くところなのだそうだ。

そんな悠久のDNAを強く感じる「ねぷた祭り」に、
ただただ圧倒されるのは、安東氏の統治した地域には、
ここ秋田も、その大部分が含まれるわけで、
隣県の祭りと云えど、知らず知らずに、
カラダの奥の、そのまた奥の方から
身震いさせられるのも当然のこと…だったりするのかもしれない…。

この夏、行ってみようかな!…。
諸々、怖いんだけどね…
イニシエの記憶に、突然フラッシュバックしたりなんかして(笑)。



そういうわけで、心を揺さぶられつつ、
♫ラッセーラッセーラッセーラ!ってお囃子を聴いてるうちに、
なんだか似てるなあ、「ツガル・ビート」と「ジャングル・ビート」!!
そう感じてしまったら、なかなかそこから抜け出せなくて困った。
そういうわけで…Bow Wow Wow - Prince Of Darkness(Sinner Sinner Sinner)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

8 Comments

あとりえ 瑠璃絵 says...""
昨年、立佞武多の館に行って来ました。
五所川原のヤッテマレ、ヤッテマレも行って見たい
所の1つですね。
なかなか機会は無いですが。
それにしても1980さんは博学ですね。
2015.06.01 15:17 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."あとりえ 瑠璃絵さん こんにちは"
いやいや、マニアなのは拙宅の家内の方で、彼女曰くに
ナンチャラナニガシのミコトとナニタチバナヒメの息子が
ドレドレのミコトとして、何チャラの戦いで…..
眠くなるでしょ!?。そんな調子で私はさっぱり頭に入りませんよ。

やっぱ、私も瑠さんのように、津軽ツアー…
敢行せねばならないですかね!?
親類はいないんですけどね。
2015.06.01 17:49 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."今晩は"
Bow Wow Wow はセカンドアルバムのパロディ
ジャケットが印象的でしたね。
I Want Candy はコンピアルバムの定番です。
6月もよろしくです。
2015.06.01 20:17 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん 毎度です"
こちらこそよろしくです!
そうなんですね、BowといえばいつもI Want Candyの方…?
こっちの方が38倍?彼らの素敵さをあらわしてるのにね…って
思うんですが、コンピ作る側は、どれが素晴らしいか?より、
実績としての順位なんでしょうね。そんなのタイミングだけじゃん!
ってね、思うんですけどね。
2015.06.01 21:33 | URL | #- [edit]
amamian3 says..."OH!!"
一緒ですねぇ~、、リズム!!
ど・どん・ど・、ど・ど・どん!!なるほど~~

古事記も日本書紀も勝ち組が編纂した物語です
大和朝廷以後は大いに参考になるのでしょう
でも、各地に残る伝承や言い伝え、古文書をうそと決め付けるのは
あまりに芸がない
ロマンはルーツの誇りでもある訳だから大切にして
語り継いだほうがいいと思いますよ
「ヘブライ」・・・いい響きじゃありませんか!!
2015.06.02 05:50 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん おはようございます"
大震災以後、「がんばろ東北!」の一環で、東北各県の代表的な祭りが
一同に会するって趣向なんですが、なんだかイニシエそのものを伝える
ような祭り方と、いかにも京都的、中央集権的な祭り方とが混在していて、
いろいろ考えさせるイベントとなったわけです。

勝ち組が歴史を編纂する….。お隣の大陸も半島も、自らこそが
「勝った方」と思い込み、こちらは「お前らに負けたわけじゃねえ」...
ボタンの掛け違いは当分続きますね。

2015.06.02 08:56 | URL | #- [edit]
うさぎ屋 says..."こんばんは"
確かに十三湊は誇大に交易で栄えたようですね。
ふと思い出したのですが、十三湊、五所川原、八甲田、八戸・・・と青森には数字のつく地名が多い。千葉県も多いようです。千葉の場合は開拓地に入植した順番の番号が由来だと言います。では青森は何なのか、どういうわけなのか、これははっきり言って分からない(笑)。

青森にはイエスの墓もあるようですし(笑)、これもわからない。
我らは何にしろわからないことを分かるべきですね。わからないからその欠落や空白を想像力で埋めようと芸術や文学があるのだと、私は思いますよ。

よう分からんところがまた魅力の一つでして。ちなみに私は白河の関より北には行ったことありません。
2015.06.03 04:04 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."うさぎ屋さん おはようございます"
とても思慮深く機智に溢れたご意見をいただいて有り難く思っております。

実を云うと、そういうことにハマっているのは家内の方でして、
家内の高祖父は幕末〜の薩摩藩士。公武合体派で薩会同盟を
推進し、長州攘夷派を京から追い払った人物ゆえに、
司馬遼太郎的な幕末史観ではメインストリームではない人物。
明治政界には直接携わることはなく、天皇の側で
教育や歌舞に生きたヒト...などと詳しく調査してゆくうちに、
諸々あって、神話、古代史方面に向かって行くわけです。

東北ってのも実際には人種のるつぼで、今はあまり語ることはないですが、
侵略や民族浄化(!)など凄惨な裏歴史もあって、もともと仲が悪い!
今はみんな忘れて手を取り合って「平和」….ちょっと複雑ですね。
2015.06.03 08:59 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/548-6cbe0a72
該当の記事は見つかりませんでした。