ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

ジャンクだっていいじゃんか!

IMG_087000000.jpg
Canon EF85mm/F1.2L ll USM

相当未練たらしい話だけれど、
今回とても残念なことに、出掛けることが出来なかった
「モデル撮影会」の、その2年前に参加したときの写真がコレ。

まだ何も分からず、ただただこの歳になって生まれて初めての
モデルさんを前にしてのドッキドキの撮影ロケと、
その日タマタマお借りすることになった「85mm/F1.2」っていう
超高級レンズの、その恐ろしいまでの表現力のその両方に
鼻血でも吹き出しかねないほどに大興奮しながら撮った一枚である。

まあ、今の感覚で良く見たら、
左目にピントが合ってしまったために、
鼻の手前右側の「お顔」が微妙にボケてしまってる。
顔のパーツ毎に複数ポイントでピントを決めなくてはならない上に
微妙なタッチで絞らねばならぬという、
げに恐ろしきF1.2の超現実な世界である!。

そしてその時はっきり理解したのが、
ああ結局ここの世界もトドノツマリは「金額」なのか!?
ということ…。

努力も工夫も、高級高額なテクノロジー/製品の前には
あえなく敗北してしまうのか?。どうなのよ?、どうなのさ?

と、云うわけで、何となくそれ以降、普通の人は
一生懸命貯金でもして、高級カメラ、もとい高級レンズを
購入する方向に走るのだと思うのだが、
私の場合は逆に、どうしたことか「ジャンク」な方向に走りはじめ、
古い舶来系レンズの(?)のアンティークな味わいを求める方向に
徐々にシフトしてゆく、まさにその分岐点となったのが、
この生まれて初めての「撮影会」であったのかもしれない。

それだけに、今回はわざわざ、集まった超高級カメラおじちゃん達に、
嘲笑されるのを覚悟の上で、アンティークで突拍子もない
レンズでもって、美しいモデルさんを撮ってみようかと…
そう決意してたのに…

ああ、無理しても行くべきだったなあと、
今はとても後悔してる。

それにしてもこのレンズによる写真…久しぶりに眺めると、
やっぱり恐るべしだな、現代の日本の光学技術。



一方こちらは、5年くらい前に、友人から一眼レフカメラ(本体のみ)を
気前よく譲ってもらったその日に、銀座の中古カメラ屋で、その友人から

「ズームレンズなんて必要ない!これ買っとけ、絶対買え!」

って云われて「ええっ?単焦点かよ…不便そうだなあ」
何て言いながら、彼の迫力に押されて渋々買った5000円也の
「50mmF1.8…」レンズ。

未だにそのイタダキ物のC社一眼レフカメラに付けっぱなしの
お気に入りレンズではある。

上と同じメーカーの製品だけれど、何せ価格は40数倍…!。
品位が異次元ほども違う…ってお思いだろうが、
これはこれで、私はグッと来て好きだな!。

安くたっていいじゃん!!!

IMG_0804_DxOFP.jpg
Canon EF50mm F1.8 ll


そういうわけで今日はPマッカートニー曲では1、2番に好きな
その曲名も「JUNK」。
ただし、ここではまたへそ曲がりして、ビートルズ時代のリハーサルヴァージョンを。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

8 Comments

amamian3 says..."50mm/F1.8"
いいですねぇ~!!
昨日から晴天です
「必要だから送れ」と友人に頼まれ
町内集落全景を撮りに行きます、、行ったのですが
うかつにもバッテリー切れ!
ただいまチャージ中です
ただし不安は壊れている18~200mmのレンズ
今日はご機嫌よう写ってくれることを・・・
ポールの声って いいですね
2015.06.10 08:39 | URL | #wZiQHpeI [edit]
あとりえ 瑠璃絵 says...""
おはようございます。
カメラ、レンズ、焦点・・・深いですね。
多趣味な私がはまればヤバイので、深入りはしませんが
目にピント・・・鼻がボケる???

私の通販カメラでは恥ずかしくて撮影会なんて
行けないですね。
2015.06.10 08:56 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん こんにちは"
いやいやソチラの雄大すぎる景観は、カメラの、筆の…という
ものをとっくに超越してしまってますから、羨ましいというより
反則に近いものがありますよ!。
こちらは日々のアレコレをコソコソと精々立派に撮ってやろうが
関の山ですから….。ああそれにしても羨ましい。

ポールは1970年代的にジョンとは敵対関係にあったわけで、
結局和解しないまま、80年にジョンが撃たれるので、
ジョン派の私の中では未だにポールは「敵」のままなんです!。
だから「厚かましい奴」は、相変わらず
「武道館で10万円の入場料取る厚かましい奴」
「日本をお財布と勘違いしてる厚かましい奴」
「ビートルズを私物化して稼いでる厚かましい奴」
そのままなんですね。ホントは好きな曲たくさんあるんですけどね。
2015.06.10 11:27 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."あとりえ 瑠璃絵さん 毎度だす!"
それぞれの視力にもよりますけど、霞んでよく見えないものまで
はっきり写るカメラって、そりゃあ余計な仕事なわけで、
見えるものははっきり、ボンヤリしてるものはボンヤリ…
遠くのものは遠くなりに、その距離感を表現するには???…
というのが「視覚」の成り立ちだと思うんですが、
ただそれを考えて表現するという行程だけのことで、
突き詰めると「金が掛かるなあ」という他愛ないお話なのでした。
2015.06.10 11:33 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."今晩は"
今晩は私はジョン派ですがそれよりビートルズ派
当時和解してまた一緒にやってほしかったと思っ
てました。
ビジネスの面はさておき、ポールのソロ出た当時
やっぱこの曲が一番好きでした。
2015.06.10 20:13 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん こんばんは"
ビートルズの再結成話は当時も頻繁にありましたけどね、
なんだかいつも、ある種の胡散臭さがつきまとっていて、
純粋に期待は出来なかったですね。「RINGO」アルバムでの
時間差共演が一番近かったし、ある意味理想的再結成モデル
だったかもしれません。
ポールのライブに行くと、どうしても上手側にジョンの
いつものガニマタ+リッケンバッカーの幻影が見えてしまって、
結構ツラかったりします。
2015.06.10 21:12 | URL | #- [edit]
hal says...""
うら若き女性の微笑みが新鮮です。
そもそも片目にピント、とか超絶技術ですよねぇ。
アンジェニューdeお姉ちゃん、見たかったナァ・・・(^^。

さて、トドノツマリはお金・・・御意♪(笑
古レンズ業界にも、厳然としたヒエラルキーが存在しますもんね。
結局のトコロ足るを知る、という心境が肝心、でしょうか。

とかなんとか言いつつも、某オクで安レンズ落としてみました。
Juplen35mmが非常に良いので、同じフジタさんの35mmF3.5玉を。
海外へと、複数の名前でOEM供給されてたようなんですが、
そのレンズで撮影された写真は見つかりませんでした。
たぶん・・・そーとークソ玉の予感なんですけど♪(笑
2015.06.11 07:33 | URL | #PwYTJ1I6 [edit]
pipco1980 says..."halさん グーテンモルゲンです!"
アンジェニューとか、持ってないけどKern Switarあたりの
シネ系レンズの言わば究極のクセ玉になると、「だめだこりゃ…」
の累々たる屍の中にわずか数枚「何だかコレ凄い!」っていうのが
あったりなかったりって感じですけど、
そういうのを発見するときの無上のヨロコビが、
この趣向最大のハイライトっていうのが
だんだん分かってきましたよ。
陶芸家が、焼き上がった作品を駄目駄目と次々に割りながら
会心の作を捜すというのに、ちょっと似てるかな(?)。
んで、そんなリスキーなクソ玉ほどまた高価!!
まあ、世の中上手く出来てますよね(笑)!。

Juplen35mm…楽しみですね。OEMはもう分け分かりませんが、
案外「推理力」ってあたってる気がしませんか?
絶対、あのメーカーが隠れてるけど、関わってるよな…って。
2015.06.11 09:41 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/552-3f21e104
該当の記事は見つかりませんでした。