ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

その時ハートは盗まれた…の時代

花
Yashica/Tomioka Auto Yashinon DS-M 1.7/50(1974 / for M42)

なぜだかコチョコチョ(?)した花が好き….。

ビートルズが来日するその少し前、私が小学2年生くらいの頃の話だ。

そのころ当家に下宿していた高校生のイトコのオネーチャンが
テレビに映ったオカッパ頭4人組に向けて、
突然「キャー」って、聴いたこともないような女の子らしい嬌声を
あげるので、私は横で思わず耳を塞ぎ
「なな、なんだ今のは?…」と驚いた。

どちらかっていうといつも仏頂面で、愛想のないオネーチャンに
「女」の声をあげさせるこのオカッパボーイズ…ならぬビートルズとは
いったいナニモノぞ??…
これが以後半世紀にも渡って間断なく付き合いつづけることになる
連中の第一印象だった。

不思議なことに、彼女はそんな嬌声をあげるわりには、
ビートルズのレコードを1枚も持っておらず、
加山雄三とか三田明、西郷輝彦…そんなレコードばかりなものだから

「なんだビートルズ持ってねえのかよお」
と私が不満を述べると、

「あるわよ」といって、おもむろに引っぱり出してきたのが、

東京ビートルズ」…。

しかも、なんだか怪しいソノシート3枚組。

ソノシートは片面のみだから、1枚に2曲ずつで計6曲…。
これをオネーチャンのてんとう虫型のポータブルプレーヤで聴くと
テケテケペケペケと薄っすいサウンドが出てきた。

「♫オープリーズ、お前を、抱きしめーたーい」

「♫叫べよベイビーなう、騒ぎ明かすのさあ…」

「♫やーさーしーさーをかくしーてー…カモンカモーン」

「♫買いたいときにゃ、カネ出しゃ買える」

誠に残念なことに、このようなバッタモンなサウンドに、
小2の私はすっかり心を奪われてしまうのだった。

学校では、掃除当番のほうきを腰に構えて唄う真似...
「若い俺たち、踊り明かすのさあイエーイエー…」

そんな子供だったから、それからホドナクのビートルズ来日の
日本中大騒動の様子は、とても良く覚えている。

夕飯を済ませて、夜も7時…
まだモノクロのゼネラル製テレビに向かって、
正座してビートルズ来日公演(後年まで生放送だと思い込んでいた)を鑑賞した。

意外にもテレビからは噂の激しい嬌声や、修羅場ともいわれた
パニック状態の状況は、よくわからず淡々とプログラムは進行してゆく。

それでも隣では正座のまま、ハンカチを咥えながら、
涙と鼻水まみれでキャーキャーとうるさいオネーチャンに、
父や母も苦笑しながら、「まあ、今日だけは大目に見てやろう」
という態度をよく覚えている。

ステージは意外にも殆ど知らない曲ばかりが続いた。
プリーズプリーズミーも抱きしめたいもシーラブズユーもなし。
当時(無論東京ビートルズ版で)好きな歌だった
「その時ハートは盗まれた(I Saw Her Standing There)」も
「オーマイラヴィン」も演ってはくれなかった。

「なんだかケチンボだなあ、本物のビートルズは…」
それがウソイツワリない当時の感想。

今にして思えば、ロックの金字塔「リヴォルバー」も既に完成していた
そんな時期に、「抱きしめたい」や「She Loves You」を今更やれー!
っていうのも、随分と酷な話なのだが、もちろんそんな事情はまだ知らない。

「なんだよ、東京ビートルズの方が取っ付きいいじゃんか…」

そして来日騒動以後、我々小学生は何事もなかったかのように、
急速にビートルズを忘れ、再び我々の前に彼らが登場するのは数年後、

何だか偉く壮大な「宇宙中継?」番組で、
この年、我が家にもやっと到達したカラーテレビなのに、
なぜだか陳腐なモノクロ放送なのを嘆きながら、
殆ど明け方近くに、半分眠りながら観た、
もはや少々懐かしい感じのTheBeatlesの
随分とケッタイな曲…「愛こそはすべて」であるのだった。

それはともかく、そんな感じでビートルズ初来日、すなわち
1966年7月初旬の夜は更けるのであった。

東京ビートルズ抱きしめたい


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

6 Comments

oyajisann says..."東京ビートルズ"
おはようございます。
何時も閑散ブログの方までお越しいただき感謝感謝です。
東京ビートルズは大瀧さんのトニー谷や橋幸夫のビクター
再発の一環で知りました。
4曲入りのCD買いましたよ。
大瀧さんもライナーで漣健児さんの訳詩感嘆してましたね。

2015.07.03 08:48 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん 毎度です"
「さざなみさん」って、当時読めなくってね、
誰に訊いても分らなくてね...折角憧れていたのに…。
そんなことをふと思い出しましたよ。

ところで、ストーンズって何が最初だったろうか?って
考えるんですが、よく分らなくて…
取りあえずJumpin'Jack Flashの日本盤シングルの
あのジャケット写真(表+裏)が、トラウマになるくらい
格好良くて好きだったなあ….あれが最初かも?
って思うようにしてます。
2015.07.03 12:51 | URL | #- [edit]
花ちゃわん says...""
あ~、オモシロかった♪

昭和の映画を観てるみたいに、連想できてたのし~♪
ハンカチ咥えて、鼻水だか涙だか流しているオネエチャンの
服装とか、横で耳押さえてるお方の、小さい手とか
やたらに、勝手にぶわ~っと出てきたど~♪

また書いてね。
タダだから、得だわ~v-8
 
2015.07.03 13:41 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."花ちゃわん 毎度だス"
ははは...まあ楽しんでもらえれば良かったです。

本当は時代背景的な肉付けをしてゆくとか、
登場人物のそれぞれの生活実態などを記せば、
もっとリアルなんだろうけど、それを書いちゃうと
もうキリがなくなって、本が一冊出来てしまうんで、
簡素に終わらせましたよ。

少年は耳を塞ぎながら、ハナクソもほじってましたよ!
2015.07.03 15:03 | URL | #- [edit]
amamian3 says..."宇宙中継!!"
あれは衝撃でした
ビートルズを待っていた私の目には
「J.F.K 暗殺」の生々しいシーンが・・・・・
そして曲は「愛こそすべて」、、、、、一体 何だ!!!
両方とも現実とは思えず 何かの演出、あるいはドラマ?と
頭が混乱した一日だったのを覚えていますよ

小花ちゃん
いいですねぇ~~!!
手持ちで揺れる小花を撮るのは大変です
「絶対撮ってやる」と意気込む時は三脚持参ですが
思わず見つけたときはだいたい手持ち
ブレブレで可愛さが出ない・・・
だって 相手も揺れてますからね

去年 台風でキャンセルになった高校生ご一行様
来週の予定ですが・・・・・また、弩つぼ かもです
2015.07.04 05:40 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん おはようございます"
私的には風に揺れてプルプル生き生きとした立体感とか、
空気感、時間を感じるような写真が好きなので、風全然お構いなしです。
まあ大きな花がバッサバッサと揺れるのは論外ですけどね(笑。

実際より写真で見た方が素敵な花っていうのが確かにあるよな
って、近頃気付いたんですが、それってやはり花以外の何らかの
外的要因=空気感とか光(影)なんだろうなあ。
そういえば映画スターなんて、街で目撃したって
「あれ?」って感じじゃあないですかあ!?
2015.07.04 10:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/565-d96491c7
該当の記事は見つかりませんでした。