ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

幸福な1ヶ月間

D98.jpg
Pentacon auto 'Mono-Coat' 1.8/50 (Mid.1970's / for M42)

アメリカ…信じられないくらい強かったですね。

何だかこの4年間の怨念みたいなものが、信じ難いほどの
猛烈なパワーに変換され、ボールは何故だかことごとく、
浮き足立つ日本選手の股間をスルスルと通り過ぎて、
ふと我に帰れば0-4…。

正直、アメリカの闘いは、グループリーグから中国戦、ドイツ戦と
観続けてきたけれど、今日のアメリカはその時とは全く別物なチーム!。
開始早々から狙ってたんでしょうね、これまで観たこともない
200%パワープレーと、日本戦用に秘密にし続けてきた強引な
サインプレイを次々と仕掛けられ、驚きの連続な日本は、
捕まえられないまま4失点…。もはや見事というほかないですね。
悔しいですけど脱帽です。

アメリカの女子サッカーの競技人口は500万人だそうで、
それに対して日本は5万人…。

だからどうしたというわけではないけれど、
まだまだ日本国内の女子サッカー競技を取り巻く制度、環境は
万全とはいえない。

現実に代表クラスの選手でやっと
「サッカーだけでなんとか生活が出来る」のが精々で、
未来の日本のエースと期待されてる若い人気選手も、
地方都市の従業員数7名の工務店事務員…それが現実なんだそうだ。

一説によると現政権で19兆円もの規制緩和を行ない、
だぶついた末の円安の恩恵に浴して、大企業は創業以来最大の
経常利益を積み上げ、内部留保を高める。
しかし、従業員報酬はあくまでもリスクと位置づけ、
積極的な分配を行なおうとしない日本企業…。

更に政権は企業減税(!)を積極的に行なうと
告知してるわけで、それならば、その条件として、
スポーツ環境整備などの社会還元を、率先して行なうような制度改革を
是非成して欲しいものだなと、あらためて思う。

まだまだ未来へと闘いが続くなでしこ達に、ありていな
「〇〇をありがとう!」なんて、口が裂けても言いたくはないけれど、
この一ヶ月間、ホントに楽しい時間をなでしこ達に貰えたのは
まぎれも無い事実。これには素直にお礼を言いたいと思う。

「幸福な一ヶ月を、本当にありがとう、なでしこ!」

心残りは…187cmのGK山根の豪快なスーパーセーブが観たかった…
次回だな……愚痴じゃないよ!ほら、こうしてサッカーファンの楽しみは
永久に引き継がれてゆくわけなんです。



キャプテンビーフハートは1975年、ツアーに出発する直前に
バンドメンバーに一斉に逃げられてしまい、盟友フランクザッパの
マザーズに助けを求め、難局を乗り切るわけだけれど、
その時、逃げた連中が新たに作ったバンドがこの「マラード」!。

私が認識してるところでは2枚のアルバムを発表しているのだが、
これがまた意外に(?)良いのだ。
1stアルバムに収録のガイクラーク作のこの名曲も、
このバンド独特の芳醇な味と渋さに溢れた、実にいい塩梅なのだ。
MALLARD - Desperados Waiting For A Train

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

2 Comments

あとりえ 瑠璃絵 says...""
P様、ご無沙汰でした。
アメリカ強かったですね、王者の意地でしょうね。
ホテルで早飯して、テレビにかぶりつきましたが
あっという間に4点、諦めてシャトルバスに乗り
奇跡を願いましたが・・・まー良く頑張ったと思います
2015.07.07 20:52 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."あとりえ 瑠璃絵さん こんばんは"
おやおや、どちらかお出かけでしたか?

ホントはネガティブな毒をたくさん吐きたいんですけどね。
血圧が上がりそうなのでやめておきます。
とにかくあの「サッカーを知らない監督」の、見当ハズレな采配には
もう、ほとほと愛想が尽き…
やめておくんでしたね、ハハハ。
2015.07.07 21:38 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/567-9671553b
該当の記事は見つかりませんでした。