ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

真夏の夜の夢

岩牡蠣
Sigma 2.8/30 EX DN(2012)

@炉端焼ひもり(秋田市)

食い物の写真は難しい!!

というより、やはり「飯を撮る」という行為は、
根本的に公序良俗に反する行為だと思うし、
料理人に対してもとても失礼だ。

「どうぞ、写真良いですよ」

確かに快く応じてはもらえたけれど、
どうしても行為に対しての自己不信感が消えず、
数枚撮ったあと、カメラは鞄に仕舞い込み、
己の不始末を詫びつつ、純粋に食を楽しむことにしたら
何だか急に家族が懐かしくなった。

「おいしいね、来年も頑張って、また来ようね…」

何だか人生の新しい目標ができたみたいな気がした…。

そして、この歳になって本当に人生ベストに違いない
最高の岩牡蠣と絶品の鰻に出会えたのだ。
ホントにホントに旨かったよ、マスター!
(〆の和牛ステーキも涙が出るくらい旨かった!)

写真も陳腐で本当に申し分けない!
せめてもの礼儀で、味に見合うだけの最高の写真を
撮りたかったのだけれど、自分にはまだまだ無理みたい!

こんなことしちゃ駄目だな!って罪悪感が
写真に滲み出てしまってるなあ…やれやれ。

鰻の白焼き…もうとにかく絶品!。
白焼き
 



ちょいとばかしエキセントリックなところがある我が家の家人は
今回の論理破綻も甚だしい「違憲法案(!)」の衆院通過の報を聞いて、
早速暑くて寝苦しい中、真夏の夜の悪夢を見たのだそうだ。

我が家は、都心ではないけれど、端っことはいえ、
一応23区内で、JRが通過し、地下鉄の発着駅がある駅前の高層マンション、
その最上階なのだが、ある朝、東の空のなにやらタダゴトではない
雰囲気に気付いて見上げてみると、新宿高層ビル群や、更に東の先に見える
東京スカイツリー上空などに、無数の無人戦闘機とドローンが入り混じった
黒い大編隊が空にビッシリと張り付くように待機して、
今にも爆撃を開始しようとしている。

総理や政府重鎮たちは、既に横田基地から米国に出国済みらしい。
ハワイあたりのビーチ近くからのライブ映像で、盛んに首相は
「我々は国益と国民の幸福を総合的に判断して、一切の抵抗をせずに、
種の保存…それが美しいヤマト民族に課せられた最後の望みであると決し…」

「相変わらず文法グチャグチャで意味分らんわあ、この人の日本語…
 要は逃げたんだね…あの国もいざとなったらやっぱり
 何もしてくれなかったしね…」

やがて音もなく新宿の街には、雨にしては細かい霧状の液体が振りまかれ、
編隊は徐々に散開し,西の空にも移動し近づいてきた。
既にテレビもラジオも北京語+ハングル語+ロシア語に切り替わっていて、
さっぱり意味が分からないのだが時折,見覚えがある女性キャスターが
登場してきて

「怖れることはない。新しい法と秩序が施行されるに過ぎない。」

それを繰り返していた。

ネトウヨ連中は次々に逮捕され処刑されているから、
ネガティブな書き込みは一切見当たらず、それどころか手のひらを返すように
侵略者を歓迎し、讃えていた。

やがて,わが町の上空からも霧が撒かれはじめた。
奇妙な幸福感とともに、強烈な眠気に襲われた。
このまま死ぬんだろうか?
それとも何か別の理性に生まれ変わるんだろうか?
もう,どっちでもいいや!そう思いながら意識が遠のくのだった…。



音楽家という存在として、私のもっとも尊敬する人物の一人である
ピーターガブリエルは、人生終焉時に自ら聴く音楽として、
『Here Comes The Flood (洪水襲来)』を作り、
早くもソロデビュー作で発表している。
その後何度か手を加え、録音し直されているが
(その度に単純化され、凄みが増している…)
いずれにしても名曲には違いない。

高校時代の友人Nが「俺が死んだら葬式でこれを掛けてくれ!」って
指定したのが、トッドラングレンの「未来から来たトッド」だったから、
何となくそういう「死と音楽」ってのは、以後ずうっと意識するように
なっていた。議員秘書になったまでは知っているが、その後その議員も失脚…
今は彼は何処でどうしているのだろうか??
トッド・ラングレンはいつでもスタンバイしてるんだが.....??

さて私の場合、死の淵で聴きたい末期の酒ならぬ末期の音楽って…
やっぱりピーターハミルをおいてないように思う。ZAPPA同様、
新譜を見つけたら、迷わず買ってみる!
明日の食費がなくっても、まずは買う…ってそんなアーティストだな。
-Vision-
スポンサーサイト

5 Comments

amamian3 says..."全て"
好物ばかり

まさか常食ではないにしても
それも少しずつ ゆっくりと食事するのは
夢ですよ

悪夢が現実にならぬよう
せいぜい悪態ついてやりましょうか
肝心要で逃げ出した前回同様 次の選挙でまた逃げるでしょう
「責任を取って」
・・・・・・・・・与党も野党も
落ちたもんです
2015.07.17 18:17 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん こんにちは"
もちろん、常食なんてとんでもないですよ。
昔だって、ボーナスとかじゃないと、とても食せないですが、
自分へのご褒美と家族へのねぎらいの意味を込めて,
毎年…各1回だけですけど、フグ、牡蠣、カニ、うなぎ,それと
冬の箱根のアジ…かな、それだけはどんな時も食べに行くようにしてましたね。
今は,そんな他愛ない行事の一つ一つが,懐かしくて愛おしいですけど。

あの方は、この法案が筋が悪く、怪しくて理不尽というのを充分理解
しているからこそ、メディアにこの件では一切顔を出さないのでしょうね。
まあ、友党運営のネットテレビには頻繁に出て捲し立ててるようですけど…。

2015.07.17 18:58 | URL | #- [edit]
あとりえ 瑠璃絵 says...""
こんばんわ
超短編小説、面白かったです、

高層マンションの最上階ですか
夜景がきれいでしょうね

アベ君は自信満々の顔してるけど
心中はいかに、しばらくは報道に敏感な日々になりそうですね。
2015.07.17 22:11 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."あとりえ 瑠璃絵さん 毎度です"
景色は…3日で飽きますね。
東京ですから地平線の先まで建物ばっかりですし…。
たまに富士山…かな。

先週末までは、新国立はこのままでいいだろう!という
首相方針だったからこそ、文科相も五輪相もそうした庇護を
背景に、強気に現行継続を主張したのに,何だかスコンと
梯子を外された感じですね!まあサラリーマン社会では
よくあることですけど…。ちょっと笑えます。
2015.07.17 22:33 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.07.19 18:51 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/573-555e3ebd
該当の記事は見つかりませんでした。