ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

祭り囃子がきこえる

Fuji Provia 100_1DxOFP
Carl Zeiss 'Planar' 1.8/50 (1973 /for Rollei QBM)
Adobe Photoshop CS6
with DxO Film Pack Plug In “Fuji Provia 100"


日常があるからヒトは非日常に期待する。
その非日常によって男女はモラルを超越し
劣情的に高揚し、燃焼する。
やがて日常に戻ってゆくけだるさ...。

朝早くから、アチコチから断続的にお囃子の音が聞こえる。
そわそわした非日常な空気に、嫌が応にも巻き込まれてゆく。

秋田の竿燈祭りが始った。

秋田にいて、最後に竿燈祭りを見物したのはいつの事だったか
実は殆ど記憶が曖昧だ。
子どもの頃は、今より遥かに近所な広小路っていう(上野じゃないよ)
当時の目抜き通りで行なわれていたから、
ほぼ毎年のように出掛けていたはずだが、
いつしか少しだけ遠い、現行の大通りに移転した後は、
さっぱり出掛けた記憶がない。

秋田に居た最後の年に、ガラにもなく「おデートらしきもの」で、
新しい開催場所での竿燈祭りを見物しようと出掛けたのだが,
現場へは川を渡らねばならないのだが,既に橋の周りの混雑が
あまりにも激しくて、すっかり気持ちが萎えてしまい、
途中で引き返した記憶がある。

今考えれば,カノジョはしっかりと祭りの正装「浴衣」を着用していたのに
それを不機嫌に引き返すだなんて,何とも無粋な与太男であった…。

地元に居てもそんないい加減な調子なのに、何故だか秋田を離れると,
竿燈祭りが無性に懐かしくなって、毎年8月の声を聞くたびに思うのだ...

「ああ、秋田じゃもう竿燈が始る季節なんだなあ…
 何にもなかったけど、何だか幸せな日々だったよな…あの頃。
 ♫どっこいしょーどっこいしょー…ってか…」

東京という街は,あらゆる事が便利で効率がよく、意外に
緑が多いし、住環境も申し分ない上、行政サービスも(地方より)発達している。
いろんな種類で立場のヒトが住んでいるけれど、総じて安全で、
とても調和のとれた良い街だと思う。
しかし、日常と非日常の境界がとても曖昧な街だ。
だから時々どうしようもなく疲れるのだ。

地方で就職した事が無いので、実際は分からないのだが、
東京で働いていると、日常的に膨大な数の人たちと出会い、すれ違う。
自分は感じた事はないが、それは過度なストレスを誘発するし、
よく云われるのは、あまりにもたくさんのヒトと出会うから、
ヒトとヒトとの付き合う密度が薄れるという事。
知人ではあるけれど、友人ではない関係が、
普通にそこらにある。

そんなに深くヒトと付き合うなんてナンセンスだよ…。

そういう殺伐さを、東京人は無意識に持ち合わせているし、
そうやって精神的にバランスを取っているのだと思う。

彼らに必要なのは(自分も含めてだが)、非日常より日常…。
愛する家、家族、信頼出来る(数少ない)友…。

4年前から秋田に居るけれど、笑っちゃうくらいに毎日が日常。
非日常の竿燈祭りが、何百年もこの町でいかに大切にされているのか…
とくと拝める、灼熱の4日間でもあるのだ。

ちょうちん1DxOFP



冗談ではなくて、これを初めて聴いた時は「竿燈のお囃子か?」って
思って、つい「どっこいしょー、どっこいしょ」って、囃子詞が
口を突いて…なんて、それは冗談!。
Jah Woobleの脱退や、盟友Keith Levineとの仲違いなんかで
バタバタと揉めていた当時のP.i.Lなのだが、
いろいろ主張するヒトが居ない分、余計なものを削ぎ落し、
すっきりと薫香高い、良いアルバムに仕上がってる。
Public Image Ltd. - Four Enclosed Walls

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

4 Comments

あとりえ 瑠璃絵 says...""
こんばんわ
私も夜竿燈は10年以上見ていませんでした。
今年、六魂祭で久々に見ましたが、4日間の本番と
違って、一発勝負なので、普段より継竹の数を増やし
思い切りしならせた妙技には感動しました。

それにしても浴衣の彼女、かわいそうに 
2015.08.03 22:07 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."あとりえ 瑠璃絵さん 毎度です"
私は、この4〜5年は毎回出掛けるようにしてます!
そうですね,仰られるように不思議な感動ってありますよね。

ずっと忘れてましたけど、カノジョは受験勉強が気になるから
行きたくない!って云ってたのを,無理矢理「息抜き」なんて
云って連れ出しておきながら…ですから、
まあバカな男です,ハイ。
2015.08.03 22:36 | URL | #- [edit]
amamian3 says..."その祭り"
一度は
間近で体感したいものです

絶妙なバランスと緊張感
支える人の顔
きっと撮りまくるかもですよ

暑いですねぇ~!!
今日は 南部へ行きます

2015.08.04 07:38 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん おはようございます"
竿燈祭り…写真撮影はとても難しいです。
どういう構図でも、独特の大きさの躍動感を
小さなフレーム内におさめることの困難さを毎度痛感します。

相変わらず,精力的に動かれてるようですが
お身体お気をつけ下さいね。

2015.08.04 09:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/582-a8904eaf
該当の記事は見つかりませんでした。