ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

堪え難いほど苦手なモノ

generic fuji velvia 100_DxOFP
Schneider-Kreuznach Radionar 2.9/80(1952)
(Simulated : Generic Fuji Velvia_100 )


シュナイダークロイツナッハ!への偏愛が続いている…。

80mmと云えば、まあまあの望遠画角だし、普通に言えばポートレイト用といって、
美しい女性モデルなんかにポーズをとらせつつ、
いくつものエロい色の照明の、妖しい光が交錯するスタジオなんかで、

「いいね、最高だねえ!...」

なんぞとオヤジがホザキながら、ニヤニヤしつつ撮るべき用途のもので、
自分のように散歩ついでの風景写真と云おうか、
他愛ないスナップなんかには、近すぎて使いきれないだろうと思っていたし、
カメラもフルサイズ機じゃないから(APS-C)、実質120mmにもなってしまって、
それはそれは狭っ苦しい世界になってしまうんじゃあないかなあ…
そんな風に危惧していたけれど、これがどうしてどうして、
なかなか使える画角ということに気が付いて、
摩訶不思議で独特な世界観の描写力ともども、
まあ何しろ楽しませてもらっている。



前回はコンプレックスの話をしたが、生理的にキライと云うか
どうしても堪え難いほど苦手なものが、私にはある…

花火」である。

あの美しい空のファンタジーではなく、音の方。
あの暴力的で破壊的なサウンドが、もう生理的に恐ろしくて仕方がない。

ヒューっと来てドンッ!と来るのは充分分かっているのに、これがダメ。
ドキン!と心臓が下の方から突き上げられる感じで、
次の瞬間完全に即死な私であるのだ。

どうやらこの苦手意識は、子どもの頃かららしく、花火大会では
初めから終わりまで、ダレカレ構わず近場にいるお姐さんの胸やお尻(?)に
顔を埋めて泣きじゃくるのが、私の常であったらしい(…)。

ある時、重要な取引先の浅草橋本社のビルの屋上=即ち隅田川河畔で
花火見物の夕べ…というのに招待された。イヤな感じはしたけれど、
もう充分に大人だし、平気だろう…そう思ったのが運の尽き、
さすがに泣くじゃくることはないにしても、実際に空が火と爆音に覆われて
それがビルの屋上に降り注いでくるような感覚。

ふと、お年寄りは、あの「東京大空襲」の忌まわしい記憶が
呼び覚まされるのではないだろうか?と心配するくらい、
自分の中ではもう、大惨事で大事件な感じなのだ。

ときに、あの悪趣味極まりない「連発」ってのは何なのだろうか!
ドドドン..ドドドドドーン…ダダダダダ…乾いていて焼けるようなイヤな音。
300回は撃たれて死んだ最悪の気分なのである。

絶対に前世では、織田軍の壮烈な火縄銃隊に撃たれて死んだ
武田勝頼軍の雑兵(甲斐に縁者はいないけれど)、
もしくは、悪さをして(おそらく無実の罪で)銃殺刑に処された罪人…
そんなところなんだろうなあと思う。

花火大会なんて、もう二度と来るものか!と心に誓うのだが、
何処からかの情報で、私が『苦手』というのがバレると、毎年毎年、
忌々しくも私はアチコチから招待されつづけるのだった。

たまに家にいて、遠くで鳴ってる花火の音でさえも、ドキドキして、
早く終わらないかなあ…と、ひたすら祈るほかないのである。

ちなみに実家の近所では、そういうコトもなく、すっかり安心していたら、
今年から、来月?…お堀の周辺で、なにやら花火大会が賑々しく企画されてる様子。
さあて、何処に逃げようかなあ…。

ああ、線香花火とか小さなモノは、その限りではないんですけどね。



90年代も後半になると、我が子もティーンエージャー(小5くらい?)になって、
気が付けば私のCD棚をごそごそと弄り出し、時々無くなってるモノがあることに
気付くようになる。基本的にオヤジの好きなロックやジャズを、我が子が
愛聴することは、歓迎すべきことだから、「あれどこへやった?」とか
「触るな!」とか言う気持ちなどなくて、知らない振りをして放っておいたのだが、
ある日、「どういうのが好きなのだ?」と聴くと、意外にも
OasisだのBlurだのBeck…そんな名前が出てきて、そして娘は言い放ったのだ。

「おとうちゃんのCD棚に、Oasisよりもっとすごい音楽が一杯あるよって
 おかあちゃんが言ってたから捜したんだけど、今のところまだ見つかってないよ...!
 だからまだ、Oasisが一番」と…。
(後にKinksとかThe Who~The JamあたりのMODS系を得意分野としていたらしい)

当然私はそのOasisだのBlurだのを、半ばムキになって聴き倒したのだが、
私にはどれも「バッドフィンガー」の焼き直しくらいにしか聴こえなかった。
歳かな…?そういうわけで、バッドフィンガー嵐の恋


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

10 Comments

あとりえ 瑠璃絵 says...""
こんにちは
こんな画像見せられたら・・・
もう絶対戻れない・・・

花火が嫌いとは以外でした
私は大好きです、スカットします
でも輝く時間が短いので
はかない気持ちになります
今日の画像も・・・はかない気持ちになりました。
でも素敵なアングルなのでポチです。
2015.08.24 11:27 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."あとりえ 瑠璃絵さん こんにちは"
まあ、前世の呪い...としか思えないですねえ。
案外、土崎空襲で亡くなったどなたかの生まれかわりかもしれません….。

写真のこの場所は、だんだん南無妙法蓮華経…的な、
霊験あらたかな雰囲気になりつつありますね。
残念ながら一般立入り禁止なエリアが多すぎて、絶好の散策路とは
言い難いですけど….。



2015.08.24 12:58 | URL | #- [edit]
ケロ says...""
こんばんは。

最近、僕がハマっているのが90mmです。
マクロのために買ったんだけど、普段使いになってます。
結構、画角的にも気に入ってます。

それはそうと、僕と年代的に被ってるような気がします。
聞いていたものが略同じですから。

ということで、バッドフィンガーを聞いて喜んでました♪
2015.08.24 21:36 | URL | #5fZIkb1. [edit]
oyajisann says..."悪指"
悲劇のグループ悪指の映画化なんて話あったけど
その後どうなったかな?
ビージーズが来日した時ライバルは悪指なんて言
った記事ML誌に出てた記憶あります。
アップルバンド、佳作多し。
蛇足ながらオアシスファースト・セカンドと好きです。
2015.08.24 22:12 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."ケロさん こんばんは"
ずうーーーっと、ソ連製のJupiter9(85mm)ってのが気になってたんですが、
中望遠って果たして実際に使うだろうか??って躊躇してたんです。
でもユピテル9ではなかったですけど、縁あってこの古い蛇腹中判カメラの
改造レンズと出会って、その面白さに今ハマってるところです!。

中2の時に、ドンマクリーンのアメリカンパイにするか、
バッドフィンガーのデイアフターデイにするか…高々400円の
シングルを買うのに3日3晩悩んだ末に、アメリカンパイを選んだが為に、
その時の喪失感で、後日、立て続けにバッドフィンガーのアルバムを
2作も買うことになるような、アサハカな中坊でしたよ。

今後ともよろしくお願いします。
2015.08.24 22:15 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん どうもです"
ポールの余計な干渉がなければ、もっと自由で良いバンドに
なってたような気がします。良くも悪くもビートルズの影響や、
ドタバタ劇に巻き込まれる形になって、結果的に悲劇のバンドに
なっちゃいました。ジェームステイラーみたいにさっさと逃げるべきでした。

娘のオアシス好きはその後どうなったか分からないですけど、
中2くらいで、ポールウェラー好きが高じて、ジャムのフリークになってました。
今も音楽関係の仕事してますから、よっぽど好きだったんでしょうね。
2015.08.24 22:26 | URL | #- [edit]
amamian3 says..."台風一過"
 まさに青空
最近の台風はのろくて 通過後もぐずることが多いのですが
今回は「洗濯物が乾く」と家内を喜ばせています

 奄美は明日からがお盆
旧暦で行う慣習のため月遅れお盆とはややずれています
今日はお墓の掃除に行ってきます

バッドフィンガー
よく聴きましたよ わたし的には好きな曲です!!
2015.08.25 07:52 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん おはようございます"
被害なくて何よりでした!
古来より、島に方々は永々と「台風一過、洗濯もの快調!」って
明るく前向きに生きてきたんでしょうねえ…力強いものを感じます。

さてこれから定期検診の病院です….一日潰れるんですよねえ、全く…
と、こちらはもう下向きです….。
2015.08.25 09:28 | URL | #- [edit]
ぽん says..."お久しぶりです。"
いい、写真、ですね。
夏のこの景色、大好きです。
何度も、見に行ってしまいます。
2015.08.25 16:56 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ぽんさん ご無沙汰でした!"
こんにちは お久でごんした。

蓮がちょっと多すぎやん!
ともちょっとだけ思ったんですが、
まあ、この街にしては、これでも出来過ぎなんじゃないだろうか?
って、そんな風に思うと、何となく愛おしく思ったりもするわけで、
アベック君の、おいおい、男子、もっとしっかりしろよ!ってな
哀愁も含みつつ、悲喜交々、写真て楽しいなっ...て思うオヤジでありました。
ぽんさん、今後ともちゃんと見ててくださいよ!なんてね。


2015.08.25 19:43 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/594-28960c8c
該当の記事は見つかりませんでした。