ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

コスモスとジャズ喫茶

16.jpg
Carl Zeiss 'PLANAR' 1.8/50 (1973)

コスモスって…どういうわけか花びらのウシロ側から、
思いっきり逆光気味で撮りたくなるのは、
私だけじゃあないと思うんだけど、逆光といえば、
まさにそれを天敵・鬼門としているのが、
古~いレンズ群達。

それでも一応、ダメ元で狙ってはみるものの
「やっぱり失敗かなあ…」
と、すっかり諦めつつ、帰宅し現像してみると、
あれあれ、これ、良さげじゃないの...?

逆光だから当然背景は影絵の世界。
それなのにコスモスの花は、光が透けて、
まるでスイッチが入ったピンクの電灯みたいに明るく輝く…。

さすがPlanar、私の他愛ない思惑を見事に実現してくれた!。
逆光…いやいや逆境に強い粘り腰の東北人…ではなく
まさにゲルマン魂…!見せてもらったぞ!!
って、イチイチ大袈裟かな(笑…。


4274.jpg
Carl Zeiss 'PLANAR' 1.8/50 (1973)

こっちもナカナカだと思うのだが(日の丸構図はご愛嬌として…(汗))...
あくまでも光は花びらの向こう側に当たってるわけで、
コスモスの花びらの絶妙な透明度(透過度?)…堪能しましたよ!

写真としては、もう破綻ギリギリなんだが、その刹那感がまた凄いなあって、
もうすっかりコスモスにハマる、ある日のオッサンであったとさ…。



まだ上京したばかりの頃、私は東京のはずれの蒲田っていう、
どちらかっていうとブルーカラーな街で、
毎週土曜日はオールナイト5本立て学割500円なんて映画館に埋没するのが、
まあ週1の恒例行事みたいになっていたのだが、
それが夜9時スタート、それまで1〜2時間、時間が潰せる場所っていう
陳腐すぎる理由で、土曜のみ通うことになったジャズ喫茶があった。

店の名前は「直立猿人」。
チャールズミンガスの超名作のタイトルだから、
忘れようがないだけなのだが…。

初めて入店した日、腕まくりをした毛むくじゃらのぶっとい腕が
ミルクコーヒーを持ってきて、その毛むくじゃらが、ボソッと言うのだ

「リクエスト…ありましたら…」。

「…ありましたらって言われても、レコードのリストがあるわけじゃあないしなあ…」

と、一瞬心の中で思ったが、咄嗟に私の口をついて出たのが...

「トニーウイリアムスのライフタイム…エマージェンシーがいいな…あればお願いします」

実は当時私が中古屋で捜していたタイトルで、これも廃盤、入手困難になっていたから
ついつい、毛むくじゃらに対しての意地悪心が炸裂したのだ。ところが突然...

「♫だだだだだだだだぐわわわーーーーん」

マゴウコトナキ、高校生の時に、秋田のジャズ喫茶「羅生門」で
一度だけ聴いてノックアウトされたEmergencyの、
凄まじい演奏が始ったのだ。

「あ、あ、あ…こ・これ、後生だから、テープを…」

「お客様、いつでもご来店お待ちしておりますので…」

結局20〜30回通って、20〜30回エマージェンシーを聴いた。

その後、私は引っ越しするなどで、「直立猿人」には行かなくなったが、
10年くらい経ったある日、所用あって久しぶりに蒲田にやってきて、

「ああそういえば、結局エマージェンシーのレコードは見つけられなかったなあ、
 直立猿人….まだあるかなあ…」

懐かしい商店街を通り抜け、慣れた道を歩いてみたけれど、
店はもうその場所にはなかった。

「10年かあ…」と思いながら駅まで戻る途中に「えとせとら」っていう
中古レコード屋があったので、何の気なしに覗いてみたら…

あったのだ…もうボロボロのEmergency…!。

「毛むくじゃらさんの置土産だな…きっとそうだ…」

The Tony Williams Lifetime - Emergency


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

14 Comments

NORI says...""
むずっ むずむずむず…
この2枚目のコスモス…
花びらの透明感、ボケの美しさ、ファンシーな配色
たまりませんっっ≧▽≦

ワタクシ…レンズ構わず、逆行撮り多発しておりますi-179
2015.09.16 05:14 | URL | #- [edit]
amamian3 says..."ナイスショット!!"
いえいえ
接待ゴルフの上司に対する掛け声ではありません
まじ いい写真ですよ2枚とも!!
逆光!! いいですよね
私も好きです
エマージェンシーのお話も好きです
最近 七夕さんよろしく上京すると
世話になったお店は跡形もなく消えています
無機質なコンクリートの建物が並ぶとおりには
腐りかけた壁板のおでん屋さんのにおい
無くなっていました
2015.09.16 05:35 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."NORIさん 毎度です"
2枚目の、逆光で破綻寸前なところをなんとか
クラスの優等生で学級委員のPlanar君がギリギリ支えきった
ってのがいじらしい..そんな感じ...お分かりいただけると思います。
2015.09.16 09:48 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん 毎度です"
実はつい今しがた、直立猿人のアルバムの方を検索していたら
蒲田のジャズスポットがヒット!。なんと現在も営業中でしたよ!。
場所も多少ズレてはいますけど、昔とほぼ同じ…
やややや?であります。

眩しいものは眩しく写ればいいし、暗ければ暗いなり…
それで写真はいいと思いますが、なんだか今のカメラ、
人間の眼のポテンシャルを越えて、何をみて何を写し出そうと
してるんでしょうかね。ISO=41万…暗闇で何がしたい?
ワタシャISOなんて、いつでも100固定ですよ!!
2015.09.16 10:03 | URL | #- [edit]
あとりえ瑠璃絵 says...""
こんばんは
コスモスの写真、良いですねー
カメラの違いか、センスの違いか
私のカメラは逆光だと上手く撮れません
まーこれからも無難な画像でしょうが
もう一度説明書見てみます。
2015.09.16 17:12 | URL | #- [edit]
carmenc says...""
そっか〜〜なるほど〜〜逆光で透け感を出すのですね。透き通るコスモスを時々色んな方のブログで見てましたが、そこに気づいてないという、なんともお馬鹿な間抜けなんでしょう。
マクローリン、そう言ってました。
懐かしい音です。この音は聞いたことがある、
田園コロシアムが浮かんでその空気が蘇って来ました。多分生で見てます。トニーのドラミングに興奮したような…トニーはスゴかったですね。
そう言えばマクローリンとパコでルシアとラリーコリエル3人が田園コロシアムでやったときに見てます。
ノートパソコンだと音が割れて良く聞こえなくて残念ですが

2015.09.16 17:17 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."あとりえ瑠璃絵さん 毎度です"
いやいや、カメラもレンズも実は笑っちゃうくらい安価なんです。
今時のちょっとしたコンデジの方が遥かに高価!

コスモスはそこら中に普通に咲いてる花ですから、皆さんが目にする
機会も多いわけです。それならせめて写真は、普段は見れない違った角度で!
って思うところから、いろいろなストーリーが始るんだと思います。
何せ高度な方になると、影までも自由にコントロールしますからねえ…。
2015.09.16 18:12 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."carmencさん 毎度です"
あれあれ ?carmencさんは結構ご年配の方!?

マクローリンって呼び方…なつかしっすね。

今は亡き「田コロ」のライフタイムのステージ
=確かギターはロニーモントローズでしたね!をご覧になってるって、
あれは私もまだ20代前半だったような….??
無茶苦茶懐かしいっすよ!。ホントマジ、トニウイ最高!って思ってました。

それと…「ご安心ください!履いてます
Emergencyは元々音が割れてて、音質は海賊版並みに悪いですから!
2015.09.16 18:24 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."えとせとら"
何時もありがとうございます。
ジャズ喫茶は縁がなく横浜野毛に付き合いで行った程度
ロックの渋谷道玄坂のブラックホークは良く行きました。
えとせとら、懐かしいですね今は蒲田店だけになったと聞
いてます。
邦楽の中古に強く私も知りあいから捜してと頼まれたロカ
ビリー?歌手のレコード見つけた思いであります。
2015.09.16 19:56 | URL | #eTRrWisM [edit]
ギターマジシャン says..."ライフタイム"
ライフタイムは、アラン・ホールズワースが在籍した第二期(?)しか、
聴いたことがなくて、マクラフリン(マクローリン)とやっているのは、
ビッチェズブルーみたいな音を想像していましたが、この曲を聴く限り、
ロックっぽいドラムソロのあとは、ビバップに近いように思いました。

トニー・ウィリアムスは、サントリーホールができた頃、ハンコックや、
マイケル・ブレッカーと来日したのを、見たことがあるだけなのですが、
思ったより小柄なのに驚きました。(カーターとかの背丈がありすぎ?)
2015.09.16 21:04 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."oyajisann さん 毎度です"
道玄坂は、私の場合「BYG」でしたね…。志向的には明らかに
私もブラックホーク派なんでしょうが、その辺は女性絡みで
趣向など簡単に変えてしまったりするわけです(爆…。
今度書いてみましょうかね...ネタ見っけ!!サンキュです。

「えとせとら」…そうですか縮小したとは訊いてましたが、
それでも健在なんですね。安心しました。
2015.09.16 21:14 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん 毎度です"
ライフタイム...最初っからロック・フィールドを視野に入れてたみたいで、
3作目以降くらいからは相当ポップというか、聴きやすくなってましたね。
そういう意味でもこの1stアルバムの奇怪さは突出したものになってます。
セカンドもいいですけどね。
今の耳ではどう聴いてもジャズそのものですけど、当時は限りなく
ロックっぽいとされ、ジャズファンにソッポを向かれたって
話も面白いです。まあ、ジャックブルースも参加してましたし、最後は
モントローズですから….。いずれにせよトニウイのドラミングは
ロックとは別物ですよねえ…。
2015.09.16 21:39 | URL | #- [edit]
carmenc says...""
ジャズそのもですよ。ソッポ向いたって誰?って感じ。皆聞いてましたよ。バップだけの当時のお兄さんジャズマンたちだってスゴイネと言ってましたよ〜
その内新主流ジャズがこんな要素を含んだものになって行きましたね。

そう言えばその頃杉並に住んでました。
近い?みたいですね。
2015.09.16 23:04 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."carmencさん 毎度です"
時代が少しズレてたかもしれませんけど、マイルスも然りですけど
「電化ジャズ」を絶対に認めない保守派とか、「ロック・フィールド」
に接近するのを好しとしない向きとか、様々議論が沸いたと記憶してます。
形骸化にとらわれないところがジャズとロックの最大の魅力
だと思ってますけど、変に慣れると既成に縛られがちになるのが
ヒトの常みたいですね。


2015.09.16 23:26 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/606-214fa0e8
該当の記事は見つかりませんでした。