ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

めんどくさい家系

982.jpg
Carl Zeiss Jena 'FLEKTOGON' 2.8/35 (2nd Edition-1964)
ぺんたごん?

東京の、家の二人が国会議事堂前に昨日出向いたそうだ。

「黙ってるわけにはいかない!」
「将来後悔せぬように、自分に対して反対の意志をしっかり示しておきたい」
「ムッチャ寒いよオトーちゃん!」
「取りあえず、法案に賛成した政治家、学者、評論家達の顔は絶対忘れない!」

「反骨」はどうやら家系らしい...。

家人の高祖父は薩摩藩士だけれど、武力倒幕を掲げる西郷+大久保組に反発。
平和的大政奉還を唱え、小松帯刀を懐柔し、京において、後藤象二郎、
山内容堂公らと連動して朝廷を動かし、見事無血開城を達成したものの、
それが故に薩摩ツートップに疎まれ、維新後は不遇をかこう…。

司馬遼太郎の小説では、西郷や龍馬を、殊更に英雄視するあまりに
悪役までは行かないが、頭の固い「取るに足らない」
守旧派士族として登場することが多い。

一方、私の祖父(父の父)は、大正時代からのプロレタリアート…。
神戸商船学校の英語講師だが、上京後、独学でロシア語を学び、
「プロレタリア文献」の翻訳家として活動した。
終止「戦争反対」を唱え、そういった出版物発行にも関与していた為に、
当然ながら特高警察にしょっぴかれ、そのまま「病死した?」とされている。

まだ10代の父が、特高の霊安室に出向くと、特高担当者がこう言ったそうだ。

「お前のオヤジは悪事を働いてここに来たわけじゃない。
 むしろ人間として立派だった。それは誇りに思って良し。
 生きた時代が悪かっただけだ」

子供の私は、このことを何度も何度も父から聞かされて育った。
(とはいえ、戦後、父も祖母も「党」を嫌い、距離を置いていたし
 代議士とかが寄り着くのを、むしろ追い返していたように思う)

まあ、そんな家系だから、あえて「護憲!」と大きな声で言うこともないけれど、
「9条」は潔くてかっこいいと思っている。

そんなもん今時通用しないよ…

と、保守派にはせせら笑われるけれど、
この条文は、とてつもなく多くの犠牲を払い、
やっとのことで日本人が得た宝...

とても崇高な「究極のロマン」。

未来永劫、意地を張ってでも通用させるのが、日本人の重大な使命であり、
ドイツとは違う、日本人的情緒にあふれた「贖罪」ではないかと思っている。

とはいえ、専守防衛自衛隊は、国家の現実として絶対必要。
それが憲法違反なら、野党も違憲だブーブーと言わずに
与野党協調して「専守防衛」に不都合な憲法の縛りを融くべく
さっさと改訂する努力をすべきだった…。

平和憲法と専守防衛は、矛盾しない!

一番危惧してるのは、今後防衛予算がトメドナク増大して、
福祉(年金や医療費)や教育予算が大幅に削られること。
これはもう間違いないです。

そんなことをしたら世論が許さない??政府転覆??

8割近い国民の反発(および危惧)ですら
簡単に黙殺する暴力的な政府だよ…
もう誰にも止められないよ…。



ちょいとベタかな…もうなりたくてもなれないけどね...
ジョンレノン -「兵隊にはなりたくない

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

25 Comments

面白半分 says...""
「9条」

あまり私はこういう問題に対し明確な意思というものがなかったのですが

”日本人的情緒にあふれた「贖罪」”

この視点にものすごく共感しました
2015.09.18 17:41 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."面白半分さん 毎度です"
9条は、GHQが作ったものとされるものの、文言を作ったのは
あくまでも日本人。
「解釈」なんて入り込む余地がないほど、簡素で明快な条文なのに、
何だかとても無粋で粗野な連中に、ガサガサと荒らされ甚振られる
千利休な心境とは、ちょいと言い過ぎですかね。

美意識無くして、なにが日本人ぞ…。

って思います。
2015.09.18 18:20 | URL | #- [edit]
瑠璃絵 says...""
こんばんは
今、この時間も野党は時間稼ぎに必死でしょう。
ナサケナイ
私も談合歴20年、警察のお世話にもなりました。
見込みの無い仕事は上手に譲り、他社に引き際の美学を
見せつけ、次の仕事に繋げる、そんな駆け引きがなければ
弱小会社は仕事は取れませんでした。
なんか、なさけない毎日です。
2015.09.18 20:13 | URL | #- [edit]
amamian3 says..."美意識"
大切だと思います
人間を行動に駆り立てるのは
その崇高な美意識
9条は
日本人の誇りですよ
2015.09.18 20:20 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."瑠璃絵さん 毎度です"
野党の方々はここが見せ場でもありましょうし、良いアングルで
国会乱闘に加わって、地元での武勇伝にしたい気持ちも
分からぬではありませんが、「簡単には負けないよ」って意思表示も
こういうときは必要なのでしょうね。

むしろミットモナイのは、烏合の衆と化した顔の見えない
自公のセンセー方じゃないでしょうか?ただの多数決要員で、
体力自慢はボディガード…虚しくないんでしょうかね?

あと賛成に回った小党に言わせれば、引き換えに付帯事項を
勝ち取って法案運用に歯止めをかけた!なんて自慢気にいってる
みたいですけど、そんなもの、内閣が変わればすぐに反故に
出来るようなものばかりらしいですしね。
2015.09.18 21:07 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん 毎度です"
私もそう思います。

だんだんその運用は難しくなってきてるみたいですが、
コンセプトと言うか、「精神性」は絶対に変えないで大事にして
欲しいと思います。

保守の方々は、戦争をしない為に、派兵して後方支援で闘うのだ!
って言ってますけど、何処かに行って戦争に実力で加担すること自体が、
我々にはすでに戦争突入なんです。
その辺りがどうしても噛み合ない...。

2015.09.18 21:30 | URL | #- [edit]
carmenc says...""
国会議事堂前に立つお一人お一人の後ろに行きたくても行けない多くの思いが連なっていると思います。

2015.09.18 23:04 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."carmencさん 毎度です"
野党が弱すぎるんで、デモに行くしか方法ないよって感じもありますね。
大阪のナンチャラ会だか党だかは、完全に消えちゃってますしね。
保守な方々はみんな安倍さんを神様みたいな、
気持ち悪い宗教団体みたいな様相で、誰も批判しませんけど、
あの粗雑さ、いい加減さ、そして幼稚なくらいの甘さも
良しなんですかね??それがとっても不思議です。
2015.09.18 23:40 | URL | #- [edit]
mikitaka08 says...""
こんばんは

 花の見事な写真とおじい様のショッキングな話が結びつきません。
 めんどくさい家系、とんでもありません。

 おじい様の話と何かの本で見た小林多喜二の拷問死の写真がオーバーラップしました。

 <8割近い国民の反発(および危惧)ですら簡単に黙殺する暴力的な政府
 
  さらに、pipco1980さんが的確に表現する現実が不安感や恐怖感を増幅します。
2015.09.19 01:19 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."mikitakeさん こんばんは"
今まで、国会中継終盤の様子を見ていました。
何故か野党陣営が誇らし気ですっきりした表情でいるのが
なんともこの法案の危うさ、不気味さを表していますね。

小林多喜二絡みの文献によると、祖父の渋谷・松濤の家に
一時、多喜二はかくまわれ逗留してたという記録があって
そこを突破口に祖父の足跡が少しですが分かりました。
何せ父も幼かったですし、祖母もあまり詳しい事情は
聞いてなかったようで、やはり自慢出来るような種類の
話題ではないですしね、無理もないことと思いますが、
せめて孫くらいは足跡を知っておこうかなと調べた次第です...。


2015.09.19 02:36 | URL | #- [edit]
carmenc says...""
そうなんですか
多喜二が暮らしていた阿佐ヶ谷の家(官憲に掴まった場所)の跡地を訪ねた事あります。
アパートが建ってました。
2015.09.19 15:21 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."carmencさん 毎度です"
なるほどそうでしたか。
阿佐ヶ谷っていうのが、絶妙に多喜二っぽいっですよね。
足立区とか江戸川辺りだと、ホントに「べた」って感じになっちゃいます。
文章を読んでてもね、意外にモダンでハイカラなんですよね、多喜二は…。

ある時期、プロレタリア文学もちょいちょい読んでましたけど、
未だかつて共産党に投票したことはないんです。
まあソ連がユートピアではないことを知ってしまった後の時代ですからね
我々は….。
2015.09.19 16:07 | URL | #- [edit]
天安 says...""
9条は、やはり日本人の誇りだと思います。
ダンディズムといいますか。

もう誰にも止められない暴力的な政府…
「どうにもとまらない」(山本リンダ)でも聞いてもらって
アタマを冷やしてほしいですね。

国民の8割が反対してるのに、強行で押し通す。
こんなのが政府といえるのかな?
空恐ろしい今の日本です。

2015.09.19 16:16 | URL | #Hzotv27w [edit]
ギターマジシャン says..."僕の戦争"
「愛と平和の使者」というジョンのイメージは、ジョンが亡くなった後で、
ヨーコが作り上げたものでしょうが、ジョン自身も、66年の来日で、
ベトナム戦争に言及したり、平和、戦争について考えていたと思います。

あの「イマジン」を含むLPで、「兵隊にはなりたくない」と歌ったのは、
「ハウ・アイ・ウォン・ザ・ワー」に、脇役の兵隊で出演したのを思うと、
なんとも皮肉な話ですが、映画では、戦争を茶化したかったかもしれません。

邦題が「ジョンレノンの僕の戦争」というのは、ジョンにあやかりすぎだし、
チャップリンの「担え銃」以上に、ナンセンスな映画ですが、ジョンにとり、
引っかかるものがあったのか、「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」の中でも、
「英国が戦争に勝った映画を見た」と歌ったのも、深読みしたくなります。
2015.09.19 18:09 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."天安さん 毎度です"
以前もお話ししたかもしれませんが、こんな例があります。

ソウル五輪の前後に、北の様子が何やら不穏で危険な状態という時期に
私はソウルに出張せねばなりませんでした。あまり気も進まないので
延期しようかなと連絡すると、先方のアメリカ人のスタッフが、
「ならばソウルのベース内のヒルトンホテルをリザーブしましょう!
あそこなら何があっても安心ですから…」と言います。私の発想では
基地が一番危ないだろう!と思うんですが、彼は基地だから安心=
ここを襲えば、米軍の総反撃に遭うのは明白で、いかな将軍様でも
そこまでクレージーではない….。
いや、クレージーだからこそ、何するかわからないのでは?

「抑止力」の構造は、かくももろい論理のような気がするんですけどね。


2015.09.20 00:46 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん 毎度です"
レボルーションあたりから、ジョンの歌は徐々に政治性が
見え隠れしだすわけですけど、「平和を我らに」とか「インスタントカーマ」
「ハッピークリスマス」を経て、その究極の「GOD」あたりまでは、
ただただ刺激的な言葉をアジテーションすればいいか!?って感じで
稚拙さも目立つんです。それが、ヨーコさんの影響か?突如、
俳句が出てきて、般若心経=Imagineの精神性をもって
政治色は、より彼らしい内省に昇華して、見事完成したように思います。

この歌は成功してるとは思えませんけど、「兵隊になりたくない、死にたくない」
と簡素な言葉を繰り返す、やはり日本的な俳句や短歌を感じます。
扇情的な言葉の羅列ではなく….ですね。
2015.09.20 02:03 | URL | #- [edit]
会社員(30) says...""
【マッカーサー3原則第2項】
国権の発動たる戦争は、廃止する。日本は、紛争解決のための手段としての戦争、さらに自己の安全を保持するための手段としての戦争をも、放棄する。日本はその防衛と保護を、今や世界を動かしつつある崇高な理想に委ねる。日本が陸海空軍を持つ権能は、将来も与えられることはなく、交戦権が日本軍に与えられることもない。


GHQのマッカーサー元帥殿は潔くてかっこよく崇高な「究極のロマン」を持った方だったのですね。
2015.10.08 04:04 | URL | #I9hX1OkI [edit]
pipco1980 says..."会社員さん こんにちは"
他所でお世話になっております!。
とんちんかんやろうです。

何だかお越しいただいて、とても光栄です。ホントです。
会社員さんのある意味公平な態度に、何度か救われた思いがありました。

「〜ロマン」です。
今にもC国が攻めてきてNK国がミサイル打ってきても
日本は何も出来ないではないか!?それも被害妄想っていうロマンです!。
そうならないための知恵と条約による真の政治力に期待したいです。

とんちんかんやろうでした。

2015.10.08 10:22 | URL | #- [edit]
会社員(30) says...""
お返事有難うございます。

pipco1980様は理想・観念論で語り、我々は具体論で語る、おそらくお互い平和を求めるのは同じでしょうが噛み合わない理由はそこでしょう。

支那が攻めてくるなんて妄想だという人がいます。それはバットとグローブを持ってグラウンドに入る人達を見て「あの人達が野球なんてするはずがない、妄想だ」と言っているようなものですので論外でしょう。

「真の政治力」について具体的にご教示頂きたいですね。
私は真の政治力とは軍事力を伴う外交力だと考えます。外交力だけだと北朝鮮のように相手が聞く耳をもたなければ無力です。軍事力だけでも満州事変で国際連盟から脱退した日本のようになってしまいます。なお軍事力を持つ=戦争をすると短絡的に捉えるのもまた誤りです。
軍事力なんて要らない、一緒に酒を飲めば分かり合えると豪語する学生などがいますが、では具体的に2020年までに支那の軍事費を5%削減させるにはどういう条件が必要か答えてもらいたいものですね。
2015.10.09 07:15 | URL | #I9hX1OkI [edit]
pipco1980 says..."会社員さん 毎度です"
おはようございます。

噛み合ないのはもう永久に噛み合ないように思います。

本文でも書いてます通り、国家の「自衛」とか、米国との同盟という概念に
いささかの疑いを持つものではありません。国を守る備えが大事という点は
同様かと思います。ただ日本政府、とりわけ安倍政権が応対する対中国政策は
このままで良いのでしょうか?対朝鮮も同じです。私も国際貿易交渉を何十年も
生業としつつ、確かにアジアは難しいですけど、方法はいくらでもありますし、
首相自らが、胸襟を開いてことに正々堂々正面突破することが
まず先ではないか!?何故戦争の準備を先にするのか??っていう
安倍政権に対する疑念があるのです。9条がそんなにお嫌ならば変えればいい!
ただタカ派とか右翼とかいう好戦的な方々にこの国を自由にさせてはならない
その一心の、あのデモではなかったかと思います。
噛み合わないでしょうね。以上にしましょ。
2015.10.09 10:09 | URL | #- [edit]
会社員(30) says..."本当に噛み合わないですか?"
噛み合わないように具体的な議論を避けてはいませんか?

「正々堂々正面突破」すべきだと仰るなら、それこそあの共産党に主導された学生デモ隊に向けて言うべきでしょう。レッテル貼りの印象操作ばかりしていないで真面目に対案を考えればいい。
あなたの某所での言いっ放しコメントもしかりです。

あなた方はきっと、小泉政権がなぜ拉致被害者5人を取り戻せたのか真面目に考えたこともないのでしょう。
2015.10.09 13:13 | URL | #I9hX1OkI [edit]
pipco1980 says...""
>共産党に主導された学生デモ隊
当人たちは否定してますけど、何処にそんな証拠はありますか?
ただの風評なら馬鹿げてますよ。

小泉政権の成功例のからくりを(風評では駄目ですよ!)どうかお教えください。
まさに正面突破の勝利だと私は信じていましたが違うのですか?….。
2015.10.09 14:18 | URL | #- [edit]
会社員(30) says...""
私は左翼ではないので風評でモノは言いません。

前者について証拠を示そうとしましたがURLの書き込みが制限されているようで示すことが出来ません。設定を解除してください。

後者について、あなたの言う「正々堂々」「正面突破」の定義をまず教えてください。
「正々堂々正面突破することがまず先ではないか!?」というご指摘から始まる話なので、あなたの理解を確認する必要があります。

宜しくお願いします。
2015.10.09 18:22 | URL | #I9hX1OkI [edit]
pipco1980 says..."会社員さん こんにちは"
あまり生産性がないようなので、この項、この辺りでお開きとさせてください。

主張は全く異なりますけど、私は、鹿児島の某ブログ主さんを非常に
尊敬しております。ご自身の正義感に基づき、真剣に平和を希求されている
姿には感動すら覚えることがあります。それだけに、ブログ主さんの
主張を超えた形の下品で調子に乗ったコメントに腹を据えかねて一言だけ….
ということがありました。ただそれだけです。

会社員さんに、お叱りを受けたことも覚えておりますが、
なるほど、そういう論理展開もあるのだな…と勉強になったりもします。

ですが、これはさすがに...ちょっと疲れちゃいました。
傷つくのも傷つけるのも本意ではありません。
これでお開きということでよろしくお願いいたします。
2015.10.09 19:31 | URL | #- [edit]
会社員(30) says...""
恥をかく前に切り上げようということですか。
形勢を読む嗅覚だけはお見事です。

ただ上記の2点、特に後者については日本人にとって大事なことなので知っておいた方が良い。
真面目に勉強する気があればまたご訪問ください。
年齢は存じ上げませんが、勉強するのに遅すぎるということはありません。

以上
2015.10.10 02:41 | URL | #I9hX1OkI [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/607-45937fb4
該当の記事は見つかりませんでした。