ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

アサハカな夢

DSC04403.jpg
Carl Zeiss Jena 'FLEKTOGON' 2.8/35 (2nd Edition-1964)

当ブログで既に何度か語っているが、高校2年のある日ある時、
突然思い立って、心に決めたことがある。

そうだ…美大へ行こう…。

別に画家になりたかったわけじゃあない。
高校のときの美術教師(担任だったときもある)の、何とも独特な
ライフスタイルと言うか、その飄々とした佇まいが、
高2の私に、突然ズンズンと響いてきたのだ。

口数はきわめて少なくて、普段は職員室ではなく、美術室の隣の
用具室みたいな小部屋にいて、朦々とたちこめるタバコの煙のその向こうで、
いつも一心不乱に絵筆を動かしている…
まさにRCサクセション「ボクの好きな先生」そのままの世界観だ。

授業が始まれば、実にかったるそうに、ボサボサの髪をボリボリと
掻きむしりながら、絵の具と煙草の臭いが混じった
ヨレヨレのジャケットの袖に腕を通しながら、我々生徒がいる
美術室に移動してきて、開口一番   

「…描け」

そして再び小部屋に戻り、終業ベルが鳴ると、また同じように
ぬうーと出てきて

「終われ…」。

それだけ。
なんて良い仕事なんだろう!そう思った。

よし決めた。美術教師になってやろう。

地方公務員の教員なのに、なんやらほんにゃら?とかいう
雅号?を持っていて、画伯としてその名が轟いてもいるらしく、
「号何万円?」だかで作品は画商に売れると言うから、副収入も上々。
さらにはその「ほんにゃら教師」、我々のクラスの担任なのに、
ガラパゴスだかパタゴニアだかに写生旅行とやらで、
夏休みが終わっても1ヶ月くらい帰ってもきやしない?!…。

やっぱり、なるなら美術教師だぜ!

そんなこんなで、私は無謀にも北の方の国立大の美術課程を
受験することになった。もちろん自慢じゃあないが、
サッカー部創設に奔走し、ロック専門のミニコミ誌を編集、発行、
営業まで行ない、さらに地域ではちょっとだけ人気のバンド活動等々、
それなりに多忙な高校生活である…
つまりは私は、美術部員でもなければ、専門教育も全く受けたことがない
ただのド素人。

入試は、通常の2日間の5科目考査のあと、
さらに2日間の実技試験があった…

いきなり、持ったこともない木炭とトーストを渡され、
石膏像の素描…。
何故トースト?昼食にはまだ早いよ??まさにそんな感じ。
さらに中学以来の水彩に油彩、そして意味すら分からない
「平面構成」「立体構成」…。

そこで全く想定外のレベルの高さに閉口!。自らのアサハカさと
才能の無さを、イヤというほど噛み締める屈辱の2日間となった。
普通に受かってた私大も幾つかあったけれど、
この時点で私の浪人が確定したのだが、美術はもうコリゴリ。
私の淡い夢は、もはやあとかたもなく、既に見事砕け散っていた。



電化時代のマイルスを聴くと、何故か絵を描きたくなる。
一度だけ思い立って、地球堂だったか世界堂だったか忘れたが、
新宿の画材屋で、高校時代以来の「油絵セット」を購入して、
イーゼルを立て、カンバスに向かったのだが、床を汚したとして家人に
激しく咎められて以来、何処かに仕舞い忘れている…って、
今回突如思い出した次第….送ってもらおうかな…。
取りあえず、チックコリアが窮屈そうにエレピを弾きつつ、
その横でキースジャレットが何故かノリノリでオルガン(シンセ?)を
いじってる、奇怪な時代のマイルス・デイビス・セプテット
"DIRECTIONS"
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

4 Comments

ギターマジシャン says..."マイルス"
高校の頃、76年あたりだったか、TDKかマクセルのCMに出ていて、
派手なパンタロン姿で、ワウワウを通したようなトランペットを吹いて、
同級生の間では話題になりましたが、まだジャズは敬遠していました。

新宿高層ビル街へ降臨したライブは、テレビで見て、すごく感激して、
そのライブをエアチェックしつつ、「クッキン」「フォア&モア」に、
「ビッチェズブリュー」を買うという、支離滅裂な聴き方をしました。

この演奏は、まさにエレクトリック・マイルスで、続くアガルタの頃や、
復帰後から晩年も含めて、このパターンに終始したように感じますが、
鍵盤が二人は、このときだけでしょうし、それが、キース・ジャレット、
チック・コリアというのが、当時新人とはいえ、すごすぎる面子ですね。
2015.09.21 09:16 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん 毎度です"
私も初めてマトモに聴いたマイルスは「ワイト島ロックフェス」の
ライブ盤で、あの時代は、ロック側の大御所がジミヘンで、
ジャズ側の大将がマイルス、その一騎打ちみたいな....そんな中での
敵将マイルスの実力を覗き見る!みたいな機会でしたが、殆ど
理解出来なかったですね。のめり込むように聴くようになったきっかけは、
日本公演の2枚「アガルタ」「パンゲア」からだったと思いますが、
これを最期に御大は暫く隠遁しちゃいますから、遡るには好都合な
タイミングでもあったわけです。そのうちに大人買いが可能になると、
ZAPPAとMILESはとことんコレクションの対象になるわけです。
2015.09.21 10:00 | URL | #- [edit]
あとりえ瑠璃絵 says...""
おはようございます
筆一本でサラサラ絵がかけたり
書がかかける人、さらにそれが売れる
羨ましい才能ですね。
これは天分だと思います、私は
絵も書も練習しても上手くならず
練習も嫌いです
人それぞれですね。
2015.09.21 10:13 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."あとりえ瑠璃絵さん 毎度です"
絵を描くのは好きなんですが、さすがに入試のこのときばかりは、
全国から集まった美術部精鋭の中に、独りサッカー部が
混じっちゃったっていう居心地に悪さと、場違い感に、
「もう美術イヤ!」….そんな心境になったわけです。
キラキラした才能….欲しいです。
2015.09.21 10:33 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/608-bf9e187d
該当の記事は見つかりませんでした。