ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

少し怒りモードです。

DSC02775.jpg

おかげさまをもちまして??秋田に戻ってそろそろ1年なのだけれど
ずうっと、そこはかとなく不気味に感じてることがある。
東京では当たり前にそこら辺に紛れている「制服警官=おまわりさん」の姿が
街にも路上にもどこにも見当たらない…
いや見たことすらないということ。

彼らは普通に街の景色や活気に同化してパトロールしていたり、
駐車違反を取り締まっていたり、交差点の物陰に隠れ姑息に
ネズミ取りをしかけていたり、
逆にさりげなく微笑みながら幼稚園児の通行をアシストしていたり、
夜は夜で酔っ払いと一悶着していたりと、当たり前に我々の身近で
まさに陰日向になり、有り難く存在しているはずだが、
この街にはその気配すらないのは何故なんだろうか?。

秋田県警は人出不足なんだろうか?
それとも秋田は平和で事件もトラブルもなく、
ドライバーもマナー良く交通違反などしないですから・・・??
ということなんだろうか?

そのわりには毎日自転車に乗っているが、
いずれ私は黄色ナンバーのオバちゃんドライバーに
「このオジサンがどこからともなく急に飛び出してきたのよー
私はむしろ被害者!でしょでしょ!?」
と云われながら無残に轢き殺されるのだろうな?
という未来映像をリアルに想起できる程、ハイリスクな運転をなさいますな。

私は東京でも自転車愛好家、興が乗れば渋谷でも六本木でも
きちんと交通法規を護った上で、チャリで快適に疾駆する。
そして長年の夢だった秋田颯爽自転車走!は、
実は未だに恐怖体験の連続(毎日)だったりするわけなのだ。

さてドライバーの皆さん!耳の痛い話かも知れないが敢えて言いますよ!
秋田のドライバーさんにはヤバイ人多いです(特にYellow Number Lady )!
語弊ありますが、知りうる限りでは交通事故率日本一の沖縄に匹敵する乱暴さです。

十字路左折方向の横断歩道を渡るご老人がチンタラしてると、
待たずにその目前を加速してGOしてませんか?
更に後続車もよく前方を把握せずに前が発進したからと続いてませんか?
少なくとも私は毎日この光景を数カ所で目撃しています。

青信号を渡るお年寄りの直前をクルマが後ろから回り込んで横切り、
お年寄りはビックリして転倒して怪我をしてもクルマは構わず去ってしまいます。

これって立派な「轢き逃げ」ではないでしょうかね?。

まあ轢き逃げの件はめったにあるものではないにしろ、
似たような情況はほぼ毎日目撃してますから、
秋田って歩行者側が率先して譲り合いの精神を発揮して自分を守らなきゃならないのね!
と秋田に来て早々に覚悟した次第。
クドイようだけど、もっと交通量も歩行者数も過密な都市で
30年以上もチャリに乗ってるけれど、
それまで本当に一度もなかったことをほぼ毎日目撃、
或いは経験してるわけですから、
そうなると「オマワリさんは一体どこで何してはるの?
あなた方は街に出てナンボでしょ!?」
と思わざるを得ないわけです。

歩行者やチャリがどん臭くてイラつくのは当然のこと。
それを大きな温かい愛で安全運転、心がけましょうよ!

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/61-6d79f7bc
該当の記事は見つかりませんでした。