ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

みんなで一緒にコンコンコン

高砂狐1_DxOFP
Carl Zeiss Jena 'Flektogon' 2.8/35 (2nd Edition-1964)

秋田市通町商店街の招福狐の行列…。

「♫商売繁盛コンコンコン…家内安全コンコンコン…」

由緒正しき「お稲荷さん」の、有り難い「願掛け」なのである。

お稚児衣装の子狐から、裃狐・色もの狐などの扮装で商店街を
練り歩く…。行列参加は自由らしく、参加費を支払うと、
美大学生による狐メイクや衣装などが借りられるのだそうで、
ありがちな、地元住民や関係有志だけが手前勝手に盛り上がる祭り…
というものではなく、開かれた感じのノンビリとした空気感が、
なかなか心地良い、土曜の午後のささやかな縁日行事であるのだ。

フリー参加だから、特別な演出や、変わった出し物があるわけじゃあない。
ただ練り歩いて、コンコンコンとシンプルすぎる踊りを舞い、
商店街の店先のあちこちで「商売繁盛家内安全」の願をかける。
お稚児さんはひたすら沿道の見物人や通行人に「幸福の稲穂」を配る
…それだけ。

とても良い、スゴく良い…
皆等しく愉しんで、皆等しく祈ろう…
その気高い精神性が好き。

まあそんなこと言うと、またサヨクのとんちんかんなスパイ野郎って...
意味わからんレッテルべったり貼られちゃうかな…?。

 サービスショット??…ピントが…
794_DxOFP.jpg

今回も、ホントはフレクトゴンに偏らないように様々なレンズを
持参して、取っ替え引っ替え使ってるんだけど、
結局画質がどうの…ということではなく、
フレクトゴンの35mm(ウチのカメラのセンサーでは53mm相当になる)
の画角が一番使いやすくて、構図の適度な隙間感も好みだし、
いざとなったら18cmまで寄れるど!ってメリットも大きい上に、
なによりピント部分がきりっとしていて合わせやすくて、
「動きもの」なんかには、とても重宝する。

そういうわけで、なにげにこのフレクトゴンが最も使用頻度の高い
「標準レンズ」ってことになってるようなのだ。

描画の質だけなら、アンジェニューとかシュナイダークロイツナッハの
絵画的なモヤモヤ感が好きなんだけど、画角がいまいちしっくりこない…。
ああ、フルサイズ機(A7系しか選択肢ないけど)が欲しいなあ…なんてね。



さてその名も「DIRTY MAC」の登場。
久しぶりに観たなあ、この映像。
まあバンド名の意味するところは別として…みんなそれぞれ悲喜交々、
事情ある時代の貴重なショットではある。

ブルース・ジョン!は、ちょうどホワイトアルバムが発売されたばかりの
時期で、この曲、バンドこそ大きく異なるが、ギタリスト二人はレコードと同じ!
首尾よく新曲披露にもなっている。そしてこの翌月には、
ゲットバックセッションとその映画撮影がいよいよ始まる時節である。

クラプトンはクリームの解散ツアーを終えたばかりで、
さてこれからどうしようか?
ジョンレノンからは、プラスチック・オノ・バンドに誘われてるけど、
もしかしたらビートルズ本隊に加入?って目もないわけじゃあないみたい...。
ストーンズからも、この番組収録直後に解雇されることになる
ブライアンジョーンズの後釜にというオファーを間もなく受けるが、
ビートルズ加入もちらつくクラプトンに、ストーンズ加入の目は
さすがになかったのだろう。
まあ結局どちらもナシで、Sウィンウッドと話し合って、
ブラインドフェイス結成ってことになるけど
な~んだ全然面白くないじゃんか!って、逃げるように渡米して
デラボニ周辺を彷徨しつつ、酒と麻薬に溺れる自堕落な生活を過ごすのだ。

キースリチャーズは…?とりあえず、私が彼らの存在を認識したのは
この少し後で、小5か小6になっていたけれど、まだその頃は
ジョージハリスンとクラプトンとキースリチャードのルックスが似すぎていて、
区別が上手く付けられなかった頃だ。
まあ、そもそも青い目の外人さんなんて、秋田の田舎じゃあ実物をほとんど
見かけることはなかったから、それを見分けろって方が無理難題かも。

ミッチミッチェル? 取りあえず、このセッションの前後にマイルスに呼ばれて
ビッチズブリューのセッションというか、オーディションに参加したらしいけど、
テストのみで終了…残念!。

というわけでDIRTY MAC - Yer Blues!  ブルーース・ジョン!!


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

6 Comments

あとりえ 瑠璃絵 says...""
おはようございます
コンコンコン、楽しそうです
笑顔の写真も良いですね。

NHKホールで携帯、ガラケーで撮った
写真展があり、イベントの合間に見てみたら
機械より技が優っていました。
2015.10.11 07:04 | URL | #- [edit]
ギターマジシャン says..."スーパーバンド"
ストーンズのTV番組用に急造したのでしょうが、まさにスーパーバンドで、
ビートルズ、クリーム、ストーンズ、エクスペリエンスと、すごい面子です。

ホワイトアルバムの曲は、その気になれば、ライブ演奏できる曲も多いし、
この「ヤーブルース」は、アルバムよりも、クオリティが高いかもしれず、
ジョンは手ごたえを感じて、クラプトンをトロントへ誘ったのでしょうね。

それにしても、ダーティ・マックとは、ジョンのガキ大将ぶりが伺えるし、
ラトルスが、ダーク・マックイックリーを名乗ったのも、このパクリかと。
2015.10.11 08:14 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."あとりえ 瑠璃絵さん 毎度です"
中途半端なコンデジより、最近の携帯カメラの方が日進月歩で
スゴいみたいですね。iPhone用の追加レンズなんてのもあるようですし…。

クルマで言うと、1950〜70年代くらいの古い外車(もちろんマニュアル車)
にあえて乗ってるような、そんな気分ではありますけど、
もちろん乗り心地もスピードも何もかもキツいですけど、走らせる
楽しさは、ご理解いただけるんじゃないかなと思います。
2015.10.11 09:33 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん 毎度です"
この番組は結局お蔵入りで放送されなかったんですよね!。
ダーティマック!の部分だけ写真とか、動画もニュース映像的に
出回り、海賊ビデオ化されてて、私も80年代のいつ頃かに観てました。
公式リリースは…DVDでしたから今世紀ですねえ??

ヨーコさんが上手側で何やらいつものBag系のパフォーマンスしてますけど
カメラは無視…ですかね。まあこの後存分に叫びますけど。

おそらく、スーパーバンドとか、ブルース系のジャムセッションが
この時代、流行してたんでしょうね!
何れにしてもさすがにビートルジョン...法外に豪華過ぎますけどね。

おっしゃる通り演奏クオリティもとても高くて、
ジョンもミックもキースまで、黄金期のクラプトンに
魅せられたんでしょうねえ...。かつてのギターキッズには、
ああこれが、泣きながらコピーしたCrossroadのその335か!
なんて妙な感慨がわき上がりますけどね。

いろんな意味で必携のビデオではありますね。





2015.10.11 10:07 | URL | #- [edit]
oyajisannj says..."ロックンロールサーカス"
ロックンロールサーカス、CDとDVD購入しましたが
ストーンズよりゲストの方が何か光ってる印象ある。
贔屓目と言われようがジョンのYer Bluseが一番。
しかし当たり前だけどみな若い。
キースはカッコよく歳取ったなぁとしみじみ・・・。
願わくばミックのソロベストに収録されたジョンとの競演
の音源あったらリリース期待です。
2015.10.12 19:46 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん 毎度です"
結局放送中止となった豪華すぎるストーンズショー!

その原因は諸説あるけれど、ブライアンジョーンズとギクシャクした
最悪の状態にあったストーンズのパフォーマンス不調に反し、
The Whoが圧巻のプレーをし、さらのこのDirty Macの熱演などで、
ミックは意気消沈し、番組をお蔵入りにしたって言われてますね。
ストーンズには旨味はないにせよ、トニーアイオミ入りの初期の
ジェスロタルや、タジマハールの圧巻のライブなど見所も多かっただけに
時代的にも勿体ない番組でしたね。


2015.10.12 20:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/618-fced5d6e
該当の記事は見つかりませんでした。