ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

妖しの森はまだヤケきらず

angenieux.jpg
P.Angenieux Paris 'Anastigmat' 2.9/45(1949)

「ジョンレノンって、エキザクタにアンジェニューつけて
 撮ってたんだってさ!」

ある日,そんな噂を耳にしてしまった私が、
このフランス製の古いレンズに興味を持たない道理など
あろうはずがなく、いかにもジョンレノンが好む感じの、
ちょっとクセの強い個性的な写り…と聴くや、
もう居ても立ってもいられず、これはもう入手する他ないだろう!

そんな感じになったのだが,いざ調べてみると、

これがなかなかの価格帯…。

哀しいかな、今やプチリタイヤ中の侘しくもシガナイ身の上、
全く手も足も出ない高価格帯に、ここは私ゴトキなど素直に諦めるのが
まさしく世の中に対する正しい作法で礼儀というものだろう!?
(別になんら公的扶助も受けてないですがね…)
そう思って、今は見果てぬ夢,諦めようとしたまさにその時...

まるで神様の思し召しのように、あり得ないほど安価の
アンジェニューが私の眼前に現れて、もう即決で購入。

全体にフレアを纏った感じの、それが麗しの滲みとなって
独特の柔らかさとなるのが、このアンジェニューの特徴。
背景部分の「ニジミボケ?」も独特の風合いで美しい(と思う...)。

現代の国産レンズとは全く思想が異なる画風だから、この辺りで
好き嫌いが分かれるらしい。現代レンズの高コントラストでシャープな
画風に慣れた眼には…

「しゃきっとせんかい!しゃきっと!!」

そう感じるらしい。

しかし、それはモネやドガやルノワールに「もっときりっとせんか!」って
言うのと同じような気がするのだが(笑)…。

ポールやジョージやリンゴが、来日の折に「朝日ペンタックス」
の当時の最新型カメラを手に入れて悦に入ってる、
長谷部宏か浅井慎平かウイテカー辺りが撮った
そんなビートルズのモノクロスナップを数多く見かけるけれど、
ジョンだけは、頑固にアンジェニュー付きエキザクタ(Exakta)を、
大事そうに抱えていたんだろうなと思うと、
なんだか心が震える私なのだ。

d0130640_1757377.jpg



同じような状況で撮った、こちらは東独ツアイスのフレクトゴン(奇しくもExakta用!)…。

ピントの部分はシャキッとして、いかにも頑固一徹なドイツだぜ!
って感じなのに、背景の玉ボケ辺りはいきなり妖しの森…。
これはこれで大好きな世界観でもある。

DSC06466.jpg
Carl Zeiss Jena 'Flektogon' 2.8/35 (2nd Edition-1964)

さてイチョウの葉はまだ黄緑色なのが目立ち、
モミジに至っては、未だ青々としている。飛車角というか、
明らかに主役達がこんな調子では,まだまだ紅葉狩り!なんて
状態にはとても至ってない。もう2週間くらい先が、我らが
千秋公園(秋田市)では見頃かなって感じである。



スタックリッジ(STACKRIDGE)である。

70年代は「田園のビートルズ」とか「田舎のビートルズ」と言われてたかなあ??
我々はプログレだと思って難しい顔して聴いてたけれど、フォークとか
トラディショナル方面の切り口から入り込んできたスタックリッジファンもいて、
そうなると、もはや音楽のジャンル分けって一体なんだろうって思ったりしたものだ。

1977年に解散して,「コーギス」なるバンドに一度は生まれ変わっていたのだが、
2000年頃から断続的に「スタックリッジ」として再結成していて,
しかも今般めでたく「初来日決定!」なのだそう…ああ行きたいなあ!。

確か「山高帽の男」っていう邦題が付いてたお気に入りのアルバムから...
Stackridge - Pinafore Days

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

12 Comments

NORI says...""
アンジェニューの滲みは上品で奥深く、
シネレンズ全般よく滲む中でも絶品ですよね(と、私は思っていますuu*)
一枚目の写真を見て、そうそうこれこれ!!っとうっとりです♡
でも確かに高額^^;; 私もいつか…と思っていました。
それが、間もなくお迎え出来そうなんです(*^_^*)
個体差がどれくらいあるのか分かりませんが、
入手したら掲載していきますので見てやって下さい^^ 
この喜び、pipco1980さんには分かっていただけるかしらと思い
ついつい/////

2015.10.24 02:45 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."NORIさん 毎度です"
そうですか!素晴らしいですね!。

個体差は確かにあるようで、私のも,実際には二コイチ?サンコイチ?
みたいな感じの改造レンズらしいので安かったようですし、コンディションも
最良ではありませんが、それらすべてが「個性」だと思って
優しく接する心を、NORIさん充分ご承知じゃあないですか!
みんな均一な良い子じゃないところの面白さ!
愉しみましょう!!
でもちょっとうらやましいなあ。
2015.10.24 08:36 | URL | #- [edit]
mikitaka08 says...""
こんにちは

 フランスにカメラテクノロジーがあるなんて初めて知りました。世の中は広いですね。ジョンレノンが愛用していたことも初めて知りました。確かににじんだ画像が魅力的ですね。
2015.10.24 13:11 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."mikitaka08さん 毎度です"
源流はドイツでしょうけど、フランスはもちろん、
スイスにもオランダにもとっても個性的ないいメーカーありましたけどね….
全部日本の光学技術が駆逐しちゃいましたね!。
「個性的ではないけれど,おしなべて優秀…」
それを世界が選択したわけですから、文句はないですけどね...。
2015.10.24 14:01 | URL | #- [edit]
あとりえ 瑠璃絵 says...""
こんばんは
カメラの話はチンプンカンプン
分かりません。
まー人それぞれですからね。

我が家のイチョウもまだまだですが
黄色くなる前に散ってしまいます(笑)
2015.10.24 17:07 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."コーギス"
当たり前の事ですがすべての音楽を聞くのは不可能。
ロックだって隅から隅まで聞くのは到底無理。
私はコーギスまではたどり着きましたがスタックリッジ
までは到達せずコーギスがらみで名前だけ。
コーギス事体、牧歌的なバンド、アメリカでは絶対生まれ
なかったサウンドぐらいしか思いませんでしたが・・・。
嗜好の問題かPOPSから聞き出した所以かな?
何時もありがとうございます。
2015.10.24 17:38 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."あとりえ 瑠璃絵さん 毎度です"
私も4年前まで、カメラなんて、そんなオジン臭いもの
全く興味なし!でしたから、何も言えないです!(笑。

ただリハビリの散歩ついでに最初スマホ→コンデジと来て
奥行きとかメリハリとかに不満を感じて一眼レフにたどり着いて、
それでも納得できなくて,ズームレンズを捨てて単焦点、
さらにはマニュアルのクラシックレンズと行き着くわけです。
残るはフィルムカメラですね….。


2015.10.24 19:18 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん 毎度です"
マニアックな仲間が昔からなぜか周囲に多くて、普通に売れてる
レコードは殆ど聴かず、毎日毎日,全く未知のレコードばかり
聴いてた時期が延々と続いてたのが実情で、そういうわけで、
逆にヒットしたレコードって随分と後年になって初めて聴く!
なんて事が多かったです。

スタックリッジなんかは、クリムゾンが活動停止し、
イエスのフロイドもツマラナクなって、もっと刺激的な
プログレ探求の旅の途中でチューダーロッジやTrees、さらには
カンタベリー系の面々なんかと次々出会うわけですね。
2015.10.24 19:33 | URL | #- [edit]
花ちゃわん says...""
おばん♪
BSで「男はつらいよ」観ながら呑んでた。ケケケ

>モネやドガやルノワールに「もっときりっとせんか!」って
言うのと同じような気がするのだが

これを書いてくれたから、納得♪
写真も音楽もわからんけど、オラこっち系だったんで
言ってること良く解って、嬉しいど~。
雨だね・・・体調いいかな?
お腹、撫で撫で~♪ ( ̄▼ ̄)
2015.10.24 20:27 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."花ちゃわん 毎度だす"
コラッ、ミツオ!…ってやつね。
全話DVD持ってたど!売っぱらっちまったけれど….。

そうかあ、花ちゃわんは美術系かあ!?
カメラ触ってるけど,実は絵を描いてるつもりの写真だし、
またそうじゃないと、ちっとも面白くないと思うんだす。

お腹は少しず〜つ良くなってきた...撫で撫でサンキュ!



2015.10.24 21:58 | URL | #- [edit]
ギターマジシャン says..."遺伝子"
「ビートルズの遺伝子」というコラムに、70年代のアーティストとしては、
「バッドフィンガー、10CC、ELO、パイロット、スタックリッジなど」
と書かれていましたが、スタックリッジは、その名前さえ、ほとんど記憶に、
残ってなく、今回初めて存在を知ったり、その音を聴かせてもらいました。

バッドフィンガーとELOは、ビートルズ本人との関係も深いバンドですが、
10CCは、そうなのかなという気分で、「アイム・ノット・イン・ラブ」の、
わきあがるコーラスを、ビリー・ジョエルが「素顔のままで」で真似ていて、
そこから、ひるがえって、ビートルズよりポールの系列にも思えてきます。
(あのコーラスは、稲垣潤一の「夏のクラクション」にも出てきますね)

スタックリッジは、田園、田舎の言葉どおり、すごく牧歌的な雰囲気がして、
トラッドフォークやカンタベリーロックに聴こえたり、ちょっと違いますが、、「イッツ・ア・ビューティフル・デイ」のジャケットが浮かんできました。

2015.10.25 00:35 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん 毎度です"
ビートルズ云々というより、哀愁感ではキンクスに近いかなって
思ってましたが、英国では伝統芸的な定番の音って感じもします。
英国民なら皆が皆、憎からず思う安心のサウンドってところなんでしょうね。

因みにビートルズに似たバンドって、ありそうでないですよね?
10ccもELOも真似れば真似るほど遠くなってるように思えますし、
バッドフィンガーはもしかしてビートルズを嫌ってるんじゃないか?
ウザがってるんじゃないか?って思えるほど、遠い地平にいる気がしてます。

イッツ・ア・ビューティフル・デイ...言われてみれば確かに…でした。
2015.10.25 01:09 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/624-f92b081c
該当の記事は見つかりませんでした。