ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

5年経ったぜ!?

DSC07122s.jpg
Ernst Leitz Wetzlar ’ELMAR’ 9cm/4 (1936)

昭和11年製のELMAR…。
ふと、レンズの発達って何だろうか?と、
禁断の疑問が頭をよぎった...。



倒れてちょうど5年が経った。

5年前、激しい目眩と強烈な胸やけ(?)で、ずっと苦しんではいたのだが、
ちょっと大口の新規顧客との契約を纏めねばならず、諸々奔走していたのと、
故郷の幼なじみバンド(Porto/August Moon)が、オヤジバンドの
コンテストの東北代表になって、東京恵比寿での全国大会に出場するぞ!!
というので、それもしっかり見届けねばならない…。

なかば気力でしばらく生きていたのだと思う(今はもう当時の記憶は曖昧)。

それらをなんとか無事終えて、ほっと一息ついたものの、
体調は悪化の一途を辿り、特に目眩はもはやほぼ歩行困難というより、
深夜2時の酔っぱらいか、ウォーキングデッドなゾンビ状態と成り果てていた。

仕方がないので、ちょちょいと何らかのドーピングで取りあえず、
この鬱陶しい目眩を取り払ってもらおうと、あまり深く考えずに
病院へ飛び込んだら、医師に宣告されたのは、思いもよらない

「心臓冠動脈と脳血管の同時多発梗塞…直ちに専門病院に搬送します」

それ以後は、にゅるにゅると気持ちが悪いカテーテル検査等を
行なうが、軽めの麻酔のせいか、何となく記憶が途切れ途切れ。

家人が周到なカンファレンスを医師から受けたらしいが、
私はその家人からのマタギキだから良く理解できてない。
いずれにせよ、明日手術だ…ということだけ
朦朧とする中でも理解できた。

心臓は、どうやらオペによってめでたく完治したらしい。

問題は、手術を終え、いよいよリハビリ開始という段になっても、
あの忌々しい目眩は一向に治まらず、ますます悪化している。
そのうち、ベッドからカラダを起こすと、後頭部の首の辺りから、
F1のフェラーリの甲高いエギゾーストノイズが、
盛大に鳴りだすのだ。

そこで問題が起きた。そこは某K大学系の総合病院なのだが、
医師不足並びに流動によって、脳外科は無期限休診中…。
つまりミタビ転院ということになって、それならばということで、
嫁&姑の秘密会談によって、いよいよ故郷の秋田行き…が、
決まるのだった。

故郷に戻ったのは大震災を挟んだ翌春…。

いろいろあったような、なんにもなかったような…。

取りあえず、元気で生きてます。

DSC07153s.jpg
Ernst Leitz GmbH Wetzler 'SUMMAR' 5cm / 2 (1937)



King Crimsonの1981年の初来日公演、奇しくもFRANK ZAPPA以来の
浅草国際劇場の全公演のチケットをおさえたものの、さすがに3〜4日目
ともなると、少々食傷気味になっていたのも事実なまさにその時、
例によって座席に多量に置かれたチラシの中に、

MELON X'mas Party In…」

出演は中西俊夫、佐藤チカ…えっ?Plastics? 土屋昌巳...そしてゲストがなんと
Percy Jones (Brand X)。当時も今も最も好きなベーシスト!
なんとクリムゾンの最終日と重なっているけれど、そんなことはたいした問題じゃない!。
迷わずパーシーを観に、いや聴きに、原宿はピテカントロプス・エレクトスなる、
後で知ったことだが、日本初の「クラブ」の、そのオープニングも兼ねた
パーティに馳せ参じる私であるのだった。

この曲は翌年出たデビューアルバムの表題曲で、奇しくも件のKing Crimsonに
参加直前だったエドリアンブリューのギターと(土屋昌巳も参加)、
特徴的なパーシーのベースが、なんとも当時のクリムゾン以上に美しいエモーションを
象っていて、名演だと思う。
MELON - Do You Like Japan?

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

8 Comments

ミキタカ08シクティーズ says...""
こんばんは

 本当に大変な状態だったのですね。
 月並みな表現ですが、なんといっても健康が一番ですね。
 健康を維持するためにはいろいろな意見があって迷うこともありますが、ご自分のお体と相談しながら、ご自愛ください。
 能や血管の健康管理は難しそうですね。
2015.11.05 02:05 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ミキタカ08シクティーズさん 毎度です"
わりと自由というか、我を通して生きてきた方だと思うんですが、
それがある時、新しい経営者に、動きを封じられる事態になって、
これが人生で一番キツかったですから、それから10年と経たずに
次々とあちこち発病して今に至ってしまいました。
まあ少しのんびりしたところで家族孝行?も、まずは療養優先で
離れて暮らすことに….。何だかワガママのツケと云うか、罰を
今受けている心境でもあります。 
普通におとなしく生きるべきだったなって、今は少々後悔してます。
2015.11.05 07:54 | URL | #- [edit]
あとりえ 瑠璃絵 says...""
こんにちは
私ぐらいの年齢になると、三途の川から
戻ってきた人結構います。
以前より元気になって、ゴルフ三昧もいれば
毎日、自分で注射して、それでも酒は止めれない奴
再び、三途の川に呼ばれ、戻って来ない奴
Pさんの、ブログ拝見している限り、まだまだ
脳は元気の様にお見受けします。
2015.11.05 13:58 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."あとりえ 瑠璃絵さん 毎度です"
病気の方はね、ご承知の通り、キチンと自己管理して、
薬を欠かさず服用していれば、取りあえず大事に至ることはないと思います。
気持ちの中では一刻も早く東京に戻り、仕事復帰って思うんですが、
家族は私の性格を知ってるだけに、何でものめり込む性格なので、
病気、体調など構わず、また仕事に没入してしまうから、まだ駄目だ!と
大反対されてしまうんです。もう少し田舎でおとなしくしておれ!
…..早い話が邪魔にされてるだけだったりして...。
2015.11.05 17:22 | URL | #- [edit]
ギターマジシャン says..."すごいメンバーです"
MELONは知らなかったのですが、セッションバンド、ユニットとはいえ、
どういう取り合わせかというくらい、すごい面子が集まっていて驚きました。

土屋昌巳にフレットレスベーシストと言えば、ジャパンのミック・カーンを、
思い浮かべますが、プログレのブランドXから、パーシー・ジョーンズとは、
エイドリアン・ブリューつながりなのか、そもそもブリューが参加するのも、
プラスチックスとトーキングヘッズで交流でもあったのか、すごいですね。

ブランドXは、つけっ放しのラジオでかかった「ライブストック」の曲が、
ジョン・グッドサルの早弾きの曲で、感動し、すぐにLPを買いましたが、
他の曲では、わりとギターが目立たなくて、がっかりした記憶があります。

土屋昌巳は、一風堂よりも、美乃家セントラルステイションの頃が好きで、
クロスオーバー系のインストアルバムを出してくれないか、期待したのに、
全然違う方向へ行ってしまった気がして、「ライス」もスルーしました。

自分がジェフ・ベックに夢中だった10代の頃、ロックギターのムックで、
土屋がベック奏法を解説して、ソノシートの模範演奏は、北島健二でした。

北島は、織田哲郎のWHYとは別に、ベック系のインストを出しましたが、
土屋もそれ系統のインストとか、クロスオーバーは楽勝だったでしょうに。
(ラジオに美乃家が出たとき生演奏した、「キャプテン蚊とんぼ」という、
リトナーの「キャプテンフィンガー」をパロった曲とか、すごかったです)

本題と関係ない話を延々と書いて、失礼しましたが、pipco1980さんは、
当時の音楽現場にいらっしゃった方なので、ついつい語りたくなります。
2015.11.05 20:55 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん 毎度です"
土屋氏のトラで、セーラなんとかってモデルの人のバンドで
弾いたことありましたね...今ふと思い出しました。

パーシージョーンズはEnoのAnother Green Worldで一目惚れ…一聴惚れ?。
ミックカーンは彼の95%コピーでしたね。
楽器もWalっていうパーシーと同じメーカーのもの使ってましたしね。
ちなみに私の相棒もWal…確か70万円...買ってましたね….。
Walとスティックとアレムビックのエレキウッド…!
彼の口癖が、あー普通のジャズベが欲しい(笑)。

そんな彼とアマチュアでBrand Xのコピーバンドやってましたが、
ベースとドラムが主役で、ギターとキーは脇役と云うかサポートでしたね!。

さてMELONですけど、ホントはクリムゾン辺りはこちらを
真似すれば良かったのに!ッて思うくらい、サウンドは1stにして完成していて、
結局そうしたアイデアは、土屋さんのソロとかYMOとかアッコちゃんとか
そっち方向に流出し、結局JAPANにフィードバックされ、リップリグとか
XTC方面にまで影響を与えたのだと考えてます。


2015.11.05 21:30 | URL | #- [edit]
yuccalina says...""
こんにちは。
病は気からと良いますが、病気に打ち勝つぞ!と意気込むよりは、共存して手なづけるくらいが良い、と聞きます。辛い時は辛い、不安なときは不安なんだと、外に吐き出してくださいね。

ところでメロン、ワタクシはスネークマンショーで初めて聴き、日本のバンドと知って驚いた記憶が。確かリップ・リグ&パニックの後だったから、余計にそう思えたのかな。
2015.11.07 11:01 | URL | #qhVXTLRM [edit]
pipco1980 says..."yuccalinaさん 毎度です"
何だかとっても….ありがとうございます。
その通りだと思います。

私も最初はスネークマンショーでしたね。
プラスティックスがなんだかキンクスみたいになっちゃったよ!
すげえよお!!って衝撃でした。
リップリグとかピッグバッグとか、ポップグループ残党連中の
あの辺りをまた聴きたくなりますね。


2015.11.07 13:03 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/631-35c924b6
該当の記事は見つかりませんでした。