ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

苦手の呪文

7299.jpg
Ernst Leitz Wetzlar Elmar 9cm/4(1936)

大トリのモミジ…いよいよ大団円。

シツコイようだが、盧溝橋事件の年に作られたにしては、
なかなかになまめかしいライカ=エルマー(9cm)の描写。
さらになまなましいのは、これをF千円ぽっちで競り落としたってところ…。
ライカなのに…エルマーなのに、コイツだけは例外的に
人気も価値もないらしい…名門ライカの堂々たるミソッカス…??



ご愛好の諸兄には甚だ失敬ながら、若い頃の自分は、
ゴルフオヤジと、カメラぶら下げオヤジだけにはなるまい!と
硬く堅く誓っていたにもかかわらず、その一角である
「カメラぶら下げ」は、見事にその禁を破ってしまった。

ゴルフは、もちろん接待に必要という、ただその一点で、
嫌々だが格安セットを購入し、それなりに書籍など数冊読み、
知識を深めた上で、打ちっぱなしに通うなどしながら、
手を染めたこともあるけれど、なにしろ競技自体を、
面白いと感じたことは一度もない。

自分にとっては、とても貴重な休日なのに、早起きをして
無為に時間を潰す厄介な雑事にすぎないどころか、
ある時、接待先の某老舗百貨店の仕入れ部長さんが、
林の奥深くに打ち込んだOBショットを

「残念、OBですね…」と云ったら、
その態度が気に入らん!OBなら君、真っ先にやるべきことがあるだろう!、
分かっとらんな!などと叱られつつ、周囲の課長だの係長だのの腰巾着らからも、
「もっと気を利かせろ!、とにかくオマエは打たんでいいから、
 とにかく走ってなんとかしとけ!」

その時に、もう将来に渡っても二度とプレーすることはないだろう...
そう心に誓った(あくまでも個人の見解です!)。

ちなみにその時のセットは、邪魔なのでゴルフバッグごと実家に
送ったのだが、それが今になって、毎日のように視界に入ってくるから
困ったものである。

カメラオヤジは、あちこちビジネス、プライヴェートに関わらず
旅行に出ることが多かったが、素晴らしい景観や貴重な体験の殆どを、
小さなファインダーを覗き込むだけで過ごし、
レストランでも、バーでも、恥ずかしいことに美術館、博物館でも
場所を選ばずパチパチ…本当に腹が立った。

そして奴らときたら、トラブルに巻き込まれ易い...。

高級カメラを強奪された。
スコールや砂埃にやられた。
空港でX線にフィルムが感光した。
地元の官吏にフィルムやカメラを没収された…。

その度に、大使館だの、警察だのインターポールだのと騒ぎたてる。
パニックに陥って、周囲に多大な迷惑をかけていることが分からない。
その国の人たちが持ってないような高級カメラを自慢そうに
ぶら下げ、携行するということに対する自覚、覚悟が、
決定的に不足している。

そういうわけで、カメラは持っていても、首からぶら下げたり、
場をわきまえずパチパチするのは、絶対に控えるべきと思っていたのだが、
今は見事に斜めがけ…しかも時によってはタスキがけの、2個…
ぶら下げてたりする…。

完全にオジイだな…って自嘲する瞬間でもあるかな…
まあ今は海外に出掛けることもないけどね…。



中3の頃は「モーリス持てば、スーパースターも夢じゃない!」
でお馴染みの鉄弦のフォークギター、しかもその一番安い奴
しか持ってないから、それを相手に指から血い滲ませつつ、
泣きながらコピーしてたのが、この「悪魔の呪文」。

ベーシックで、単純なコードの循環ながら、しっかりメジャー7thも
ジミヘンでお馴染みの+9th(#9)っていう、まさにロックギターの
醍醐味たる要素を存分に含む佳曲である。

もちろん、そう簡単にいかないのは、単純にエレキじゃないから!?。
中3の私はそう思い込んでいた。

そして翌年、高校にあがると、首尾よく待望のエレキギターを手に入れた。
もちろん日本製の、Fで始まるスペイン人みたいな名前のストラトキャスターのコピー。
(アンプは買えず、ステレオセットのAUX端子で強引に出力)

後年、破綻寸前だった米国の老舗F社を救い、80年代の老舗F社の
アーキテクチャを担い米国工場を再建。さらにJapan工場、Mexico工場まで創建した
日本のギターメーカー有志連合の中心的企業の一角ではあるものの、
70年代前半はまだ粗悪コピー品に過ぎず、トレモロアームのスプリングは
まるで輪ゴムか?ってほどビヨンビョンで、ちょっとでも触れれば、
チューニングは滅茶滅茶…サウンドもアーム同様で、何だかスカスカで
ピックアップを切り替えても大して変化がないような、
そんな残念過ぎる感じ...。

これで「悪魔の呪文」を弾いてみるのだが、なんだかどうにもこうにも
シャリシャリと似ても似つかないのだ。
もちろん指先はアコースティックで泣きながら覚えたものだから、
さすがにエレキだとスムーズに弾けてるのだが、サウンドがどうも違う…。

「やっぱ、レスポールとかSGみたいな、Wコイルのピックアップが付いた
 ギターじゃないと駄目なのか?」

あるとき、幼なじみのヨッちゃん(現August Moonのバンマス!)が、
「これ使ってみい…」って持ってきてくれたのが、
AceToneってメーカーのファズボックス。

ブヒブヒブヒーン!と、ケタタマシク歪んだサウンドで、
60年代のトロッグスかジャニスんとこのビッグブラザーなんちゃら
っていう時代的なこもった歪み。
それに前から持ってたワウペダルを組み合わせつつ、高域のヌケを確保して、
だいぶサウンド的にエゲツナク近づいたのだが、まだ少し違う…。
(結論的には普通にギターアンプを買えば解決するだけの話なのだが…)

そうしてるうちに、ところでこの曲、仮に今後完全に再現できた
にしても、ヨーデルヴォイスのタイス・ヴァン・レア役はどうするの??
と考え始めたら、一気にやる気が失せてしまった。
気がつくのが遅過ぎたな!!

と、云うわけで問題の...
FOCUS - Hocus Pocus (悪魔の呪文)


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

6 Comments

NORI says...""
たすき掛け、私もです(^_-)-☆
(時に…首掛けも加えての3台持ち。笑)
2015.11.10 20:37 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."NORIさん 毎度です"
はははは...出来るだけ鞄に仕舞うようにはしてるんですが、
あれこれと出し入れしてる間に、鞄の中でレンズなんかが
もうグチャグチャになってるから、最後の方は大体斜めがけの
たすき掛け御免…って感じになっちゃいますね。
そうした中で、ライカの沈胴式は便利かなと思ったんですが、
古いせいかパコパコ出っ張ったり沈んだりしてます….。
2015.11.10 21:07 | URL | #- [edit]
amamian3 says..."なんと!!"
「リペアして見たんだけど」って
島 唯一のリペアショップのオーナーが
シャラーンと弾いてくれた音に 
突然40年前に出会った「ヤマヒラ」が笑った気がしました
「ようするに・・そういうわけなのでーす」って
あのCMソング 彼が歌ってたんですよね
これ 貰うよ・・・言ったか言わないか(笑
今 私の横に居ます
物(素材)が良いのか 今までの管理がよかったのか
少し傷はあるものの 新しい相棒が なんだか
とてもうれしい 今日この頃でございます!!
2015.11.10 21:21 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん 毎度です"
MORRIS…入手されたんでしたね!
うちオンボロは…物置にありましたけど…見なかったことにしてます。
東京の物置にはオベーションのエレアコがありまして、家人の甥っ子が
どうしたわけかギタリストを目指して専門学校に入学したらしいので
「もしよかったら、オべ...使っておくれよ!」って云ったら、
「バイトしてTaylor買うから要らない」って断られちゃいましたよ!

山平和彦さん….懐かしいですね。彼が「放送禁止歌」でデビューした頃
私は中2でしたけど、ラジオの公開録音みたいな場で毎週、我ら中坊にも
丁寧にギターコードを教えてくれた近所の兄ちゃんって感じの人でした。
我々と全然ギターの音が違って、とても美しいサウンドなのが
不思議でしたね。

2015.11.10 22:03 | URL | #- [edit]
ギターマジシャン says..."アット・ザ・レインボー"
クラシックギターを習い、あまりロックを聴かなかった、高校の同級生が、
フォーカスは好きだと、「シルビア」を耳コピし、ソロギで弾いてました。

その影響と、ロックの名盤に「アット・ザ・レインボー」がよく載るので、
廉価版シリーズになった時に買い、アッカーマンの早弾きに驚きました。

弾いているレスポールは、ギブソン製なのか、よくわからなかったですが、
自分の中では、マイク・ブルームフィールドの「フィルモアの奇蹟」とか、
ベックの「BBAライブ・イン・ジャパン」と共に、レスポールの名演です。

ただ、ヨーデルと、しゃべりながら吹くフルートは、ない方がよい気もして、
これ1枚で十分と、他は買わず、CD時代にベスト盤を借りたくらいです。

「悪魔の呪文」の早弾きは圧巻ですし、「シルビア」はカッティングの鬼、
「トミー」は、クロスウィンドの小川銀次の泣きのギターにそっくりでした。
2015.11.11 00:32 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん 毎度です"
GibsonのL5sですね。

レスポールっていうと、ちょっと恥ずかしいけど、やっぱりジミーペイジ
のイメージデカいっす。あとちょっと特殊ですけど、レスデュ-デックの
ゴールドトップな奴…なかなか好きでしたよ。

Focusは「ハンバーガーコンチェルト」くらいまではきっちり真面目に
聴いてましたよ。まあセカンドアルバムのその2曲くらいしか
コピーはしませんでしたけどね...。
2015.11.11 01:18 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/634-bf507301
該当の記事は見つかりませんでした。