ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

りのべえしょんなのだ!

リノベーション
Ernst Leitz Wetzler 'Summar' 5cm / 2(1937)

地元では老舗の酒、醤油、味噌の醸造会社の物流倉庫を
オシャレなカフェや焼きたてパン、生活雑貨、ビアレストラン等々に
今後も順次リノベーションしていくのだそうだ。

道路面を撮ったが、この面は施設の裏側で、内側に広い駐車場
や倉庫群などがあリ、そちらがメインエントランスとなるらしい…
最初からマイカー客をターゲットにしてるのが明白だが、
当地ではこれが正解答であるに違いない。

実は私も、まだリノベーションなんて便利な言葉はなかったけれど、
80年代から、東京近郊ながら、そうした計画に随分と参画してきた。

失敗例もなかったわけではないけれど、実績あるしっかりした
デヴェロッパーが仕掛け、管理する物件なら、きちんと統制され、
今現在も賑わっていると聞く。

逆に失敗するパターンも熟知している。
殆どが利権者の問題...生々しいので割愛する。

当所は、市街地中心部に隣接し、元物流基地だけあって、
充分な駐車スペースなど申し分ないから、当面の集客に問題はないだろう。

今後はカフェはカフェとして、パン屋はパン屋としての内容を
充実させ、その他イベントなども、切れ目なくケアできれば、
相当面白いケースになり得ると思う。

個人的にはこの場所に隣接しているが、今は退廃しきっている
「旧映画街」…なんとかリノベーションでもって復活して欲しいなあ。



愛するXTCである!。

80年代に入ると、バンドとしてもう無理にパンキッシュなスタイルを
装わなくても良くなったのか?より趣味性が高まり、
アンディのリボルバー&マジカルミステリーツアー好きは益々際立ち始める。

彼は何度もビートルズの、特にジョンレノン曲の自宅録音を繰り返し、
精度を高め、そうした成果?が、徐々にXTCの作品に現れ始める。
この曲も…まさに…だいぶジョージに寄ってるけど...大好き。

XTC - Beating Of Hearts


んで、いよいよ一人ぼっちになっちゃったらしいが、現在も頑固にXTCを
継続してるらしいアンディの新曲(?)がこれ!!
奴も還暦をすぎたら、何だかマッカートニーっぽくなっちゃったな??
ANDY PARTRIDGE - DOMO ARIGATO GOZAIMASU

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

8 Comments

ギターマジシャン says..."ぽいです"
最初のほうは、ジョンというよりは、本当にジョージの世界という感じで、
シタールをかき鳴らしたような効果音に、インドっぽいオブリガードと、
かなり意識していますが、歌い方は、どちらでもないのが面白いですね。

ソロの曲は、歌詞が日本語なのは、ジョンを意識したのかもしれませんが、
メロディもアレンジも、笑ってしまうくらいポールの雰囲気が出ていて、
いっそ、「オーッス」とでも言ってくれれば、良かった気もしてきます。

日本のファンへの感謝をこめた歌だそうで、そう考えると、クイーンが、
本国以上に、日本のファンはメジャーになる前に、見出してくれたからと、
「手をとりあって」を作りましたが、さらにストレートな感謝の歌ですね。
2015.11.12 22:16 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん 毎度です"
まあ、うるさ型のマニア連中に「神格化」すらされてるのは、
世界でも日本人ぐらいでしょうから(?)….感謝されて当然!?って
気もしますね。殊にアンディの他にも、コステロとかウェラーとか…。
坂本教授&矢野夫妻(当時)が、ロンドンのアンディの家に遊びにいくと、
彼の自宅録音版のデモとか、ストロベリーフィールズの履修版とか
散々聴かされ意見を求められたそうで、教授は素直に「スゴ過ぎる!」と
感嘆したそうですけど、アッコちゃんは一言「あんた…馬鹿じゃないの?」
って言い放ったそうです。さすがアッコちゃん!

2015.11.12 23:20 | URL | #- [edit]
あとりえ 瑠璃絵 says...""
おはようございます
画像、秋田ですか? 何処かわからない。
せめて日本語があれば・・・
私には、どっか国外の画像に見えます。
2015.11.13 09:54 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."あとりえ 瑠璃絵さん 毎度です"
左側の…STORE?の表記は「KAMENOCHO STORE」です。
「ヤマキウ(小玉醸造)」のビル。

好みは別にして、ライカのレンズって、ある種「魔法」だなあと
思います。
2015.11.13 10:56 | URL | #- [edit]
花ちゃわん says...""
こんちは~。
ご無沙汰してしまった。
客が来てたのョ。10日間ほど。
会社行きながら飯食って酒飲んで・・・
あ~、忙しかった! (^^)v

いろいろ便利になるのはいいけど
オラが住んでるとこなんて
コンビニやら スーパーやらが
建ったと思えば 短期間で閉店したりして
景気がいいのやら 悪いのやら。
景色が様変わりするんで、閉店後のうら寂しさはやだね~。

畑や田んぼや空き地の中で、ひっそり暮らしてるのも
また い~かもなぁ。

・・・・でも、これからは、灰色の世界!
タイヤ交換しねばな。



2015.11.13 12:27 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."花ちゃわん 毎度だす"
えっ? 会社行きながら酒飲んでた!?
そりゃあ忙しいわあ…

一応ね、スーパーだろうがコンビニだろうが、
ものすごい投資な訳だから、きちんとマーケして勝算もあった上で
やってることなんだけど、失敗するってのは、やっぱ何か原因がある。
人が集まらないっていうなら、最初から作らないわけだし…。
その辺の熱とか、責任感とか、工夫とか技術とか..
そこら辺が、何だか足りないんじゃないかなって思う。
人が集まらないんなら、お届けを充実させるとか…ねえ?。
2015.11.13 13:47 | URL | #- [edit]
mikitaka08 says...""
こんばんは

 確かにジョージ色が強いですね。
 ブレイクしたコレっという曲がないイメージで私はあまり聴かないのですが、
 この曲を聴くと引出を色々と持っているグループだなって気がします。
 曲名は知らないのですがキューバを歌った曲があったことを覚えているのですが。。。
2015.11.14 00:41 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."mikitaka08さん 毎度です"
Living Through Another Cubaっすね。
さすがご存知ですね!。
印象深い、初期の代表曲の一つですね。

鈴木慶一、佐野元春、小西康陽って云う面々が、今秋、
ラジオで同じ番組の「日替わりDJ」をつとめる番組が始まり、
当然選曲も、それぞれが四苦八苦して行ってるとのことですけど、
その第一週目に、それぞれ別曲ながら、全員がXTCを掛けるって
結果になって、XTCのミュージシャンズ・ミュージシャン
たらしめるところを、如実に露呈することなりました。
スター性というより、60年代音楽の探求者、研究者ってところも
なかなかクスグル連中でした。
2015.11.14 01:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/635-e91a5d2e
該当の記事は見つかりませんでした。