ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

昭和のぬくもり

8346.jpg
ANGENIEUX 45mm/F2.9 (1949)

このシリーズを少し撮り貯めてみよう…
なんて思ったけど、これがなかなか見つからない。
郵便受けなら、結構見掛けるんだがね…。

子供の頃は、わが家にもコイツがあって(ウチは武藤牛乳!)、
毎朝、瓶牛乳2本と、箱の上にやっぱり瓶入りのヤクルトが2本配達されていた。
ごく稀に、瓶入りのヨーグルトが入っていると、
私などオオヨロコビで転げ回る…。
しかしそれはごく稀。母によると

「良い子にしてれば、牛乳屋さんがご褒美でヨーグルトを入れてくれる」

すっかりそれを信じた私は、たまに玄関先で出くわす
牛乳配達のおばちゃんに愛想笑いなどしつつ、ちょいと媚びながら、

「カアサンのおつかい、ちゃんと行ってるよ」
「犬の散歩も、朝夕きちんと30分以上連れてってる」
「おばあちゃんのジュウシマツの世話もしてるんだよ」

などとアピールするのだが、牛乳屋さんも万事承知なのだろう…

「良い子にしてたらね、今度はプリンが入ってるかもよ!」

やがて予告通りプリンが時々混じるようになったのだが、
当初は親に「何かの間違いだから食べるな!」と云われ、
牛乳屋のおばちゃんに「いつもすみませんね…」と、
丁寧にを礼をいってるのを、何とはなしに目撃しながら、
朧げに、事の顛末というか、大人の社会の筋書きのようなものが、
子供ながらも見えてくるのだった。

ちなみに今現在も、牛乳屋のおばちゃん(今の私より遥かに若いけれど)
が、週一回だけだが、毎週やってきて、牛乳だけではなくて
諸々の食材を届けてくれる。

もともと独居老人宅…の時期が長かった我が実家。
それはそれでとても助かったのだろうが、
何か大して好きでもない、かりんとうとかどら焼だとか、
硬くて噛めない煎餅なんかを、毎週大量に買ってたりして、
無駄だなあ!?とは思うのだが、
震災のときも、様子見がてら、真っ先に水や食料を届けてくれたらしいし、
週一ながら、牛乳おばちゃんとの世間話も楽しいようで、
まあそれはそれで、「有り」なのかなあ…と思いながら、
やり取りを眺めている私がいた。



大昔…30年ちょい前かな…? 下北沢で中古レコード屋を営ってた知人が、
ある日唐突にこう私に宣言したのだ!

「俺は今日から、終世、ザッパとデッドしか聴かないと誓う!」

おいおい…いったい…?と訊いてもよくわからず、ただひたすら

「そう決めたから、俺はそうするのだ!」

時に商売どうするのさ?と訊ねると、

「それはビジネス。聴こえてしまったものは仕方がない」

数日して奴は唐突に店を畳んだ。
しばらくして、やっぱり唐突に案内状が届いた。
小滝橋に新しいオフィスを構えたから遊びに来いという…。
奴は輸入CDの正規国内ディーラーを既に始めていた。

会社はどうやら成功したらしい。なにより彼の会社から
私は今も「新譜CD」を注文し買い続けてるのだから…。
義理で買うのではなく、常に私も欲しいと思わせるタイトルを
発掘し発売し続けるから…。

で、ザッパとデッドしか聴かない誓いは??
もう30年も前の誓い、訊かなかった事にして許してやろう。

彼曰く、「きちんとした大人の嗜みとしてのロック=グレートフルデッド」
(確かに子供な自分は最初ちっとも彼らの良さが分からなかった!)。
さて何を選ぼうかと思ったが、何しろライヴ曲はひたすら長い…で、
ビートルズで云えば「抱きしめたい」とか「シーラヴズユー」みたいな
ベタベタ選曲で恥ずかしいが、取りあえず短めで収まるこの曲…

ユルさと緊迫の絶妙な均衡感…ハマるとクセになる
その常習性にご用心(ヤバい)。

Grateful Dead - Casey Jones

※12/10 映像を差し替えました。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

9 Comments

ももPAPA says...""
pipさん ご無沙汰です

Greatful Dead そして Little Feat Allman Brs
この時代のアメリカンで サザン ブルースロックな音を聴いてると、
今はセピア色に染まったあの頃に戻ったような感覚を覚えます。
Deadはサイケな色合いもあってまた独特の音世界を創ってましたね。

ロウエル・ジョージがあの ザッパバンド出身だったこと 最近になって知りましたね。
そうそう・・・pipさんちだったように記憶してます。
2015.12.09 22:02 | URL | #Wgi4adpQ [edit]
pipco1980 says..."ももPAPAさん 毎度です"
何しろDEADは大人の嗜みだそうですから…。
たしかにUSAではデッドヘッズとトレッキーは大人の社交。
スターウォーズはお子ちゃまの….っていうのが定説のようです。

ロウエルジョージは、69年の一時期、マザーズに居ましたね。
ザッパに勧められリトルフィート結成→契約となるようです。

デッドを聴いてると、NO DRAGなのに、なんだかふわふわしてきて、
ヤバい大人の気配が漂います。まあ赤ん坊にキメちゃった大馬鹿者も
近頃居たようですけど….。



2015.12.09 22:31 | URL | #- [edit]
ギターマジシャン says..."長い演奏"
昔、渋谷陽一のヤングジョッキーで、キングビスケットフラワー特集の際に、
キング・クリムゾンとグレイトフル・デッドが同じ回で、大半はデッドの曲、
1曲が長いから、クリムゾンが削られたんだと、どこか恨めしく思いました。

クリムゾンは、たしか「USA」の元音源となったアズベリー・パークで、
今では正規盤がありますが、当時は蔵出しに近くて、よけい恨んでました。

それでも、そのデッドの演奏は、延々と続くジャムセッションのようでいて、
レイドバックした感じや、アドリブソロもご機嫌で、気に入って聴きました。

それにしても、デッドやフランク・ザッパのファンは、クリムゾン以上に、
こだわりのある人たちが多いように、はためからは、映ってしまいます。
2015.12.09 22:36 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん 毎度です"
ははは…デッドもザッパもクリムゾンも...こうなると単なる欲張りですね。

ちなみにクリムゾンのUSAは超名盤だと思いますけど(異論多いですが…)
エディジョブソンのOD参加前提での名盤なので、Dクロスがフィーチャーの
アズベリーは除外して聴く…なんてね、やっぱ五月蝿い!ですよね!。
ちなみにAsbury Park公演のストレート音源は、The Road To Red BOX(21枚組)のDisc15&16で完全収録されてます。音質も公式録音ですから
無問題です。

2015.12.09 23:23 | URL | #- [edit]
mikitaka08 says...""
こんばんは

 毎日紙パック牛乳にお世話になっていますが、やはり瓶の牛乳にはかないませんね。

 なつかしい牛乳箱!!

 北海道東部のド田舎で生まれた私はこども時代、酒の瓶をもって農家に牛乳を買いに行きました。その牛乳が濃すぎてあまり好きでなく、後に地方都市の学校に転校して飲んだビン牛乳を美味しいと感じましたね。今となってはもったいない話ですが。

 今、近くに牛乳を生産している農家があるのですが、しぼりたての牛乳を購入することができません。そういうシステムなのです。しぼりたての牛乳の濃さがなつかしいです。

  
しぼりたての牛乳同様にグレートフル・デッド、ハマるとクセになる、のですね。
 私はくせになりませんでしたが、手元にある洋書「The Art Of Rock」には
 1960~70年代のグレートフル・デッドのポスターがかなりのページに載っています。当時の人気は凄かったようですね。
2015.12.10 00:50 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."mikitaka08さん 毎度です"
絞り立ての牛乳なんて、思い返しても記憶にありません….
もはや叶わぬ夢…なんでしょうか??

何しろワタクシ、最後の脱脂粉乳世代ですから、家では瓶入り、
学校では進駐軍払い下げの明竹林な味のミルクもどきでは、
相当にギャップがあり、好きも嫌いもなく、ただただ不味かったですね。

デッドはアメリカの驚くほどのエグゼクティブがファン(デッドヘッズ)を
自称し、彼らの全米全公演(今で云うサマーソニック)に一生に一度は
帯同する事が、日本で云うところの「お遍路」みたいな体験共有の文化と
いうのがあって、特に政治家なんてのは元デッドヘッズじゃないと
当選しない!とまで云われるようになるわけです。

ちょっとロックバンドとしては別格というか、他に類を見ないですねえ。
2015.12.10 02:05 | URL | #- [edit]
あとりえ 瑠璃絵 says...""
こんにちは
牛乳箱、良いですねー、昭和ですねー
私はあの紙のフタ、開けるのが苦手でしたが
その後、太い針が付いた開ける道具が流行り
ポンと鳴る、あの音、昭和の音でした。
2015.12.11 15:10 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.12.11 15:55 | | # [edit]
pipco1980 says..."あとりえ 瑠璃絵さん 毎度だす"
そうっすね、紙のふたを爪でめくって引っ張る…
自分も相当に不器用か、苦手でしたね。
クラスで蓋を集めて(ベルマーク?)、学級図書の充実だか何だか
に充てていたように思いますね。ポンっていう音で好きだったのは
マーブルチョコの筒型容器のふた….妙な思い出は尽きませんね。
上原ゆかり…(笑。
2015.12.11 18:19 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/649-6d4d4e03
該当の記事は見つかりませんでした。