ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

ゆっくり行こうぜ!

Slow Life01
LEITZ-SUMMAR 5cm/2 (1937)

激しく共感…
バー…かな?。



太古の昔から、営業担当者たる者、「政治・宗教・プロ野球」
それに絡む話題は絶対に御法度!…そういわれてきた。

しかしねえ、そう云われれば云われるほど、
そういう事を敢えて話そうとしない態度ってのは、
何だかあざといし、フェアじゃない(!?)って思ってしまう
困った奴が私なわけで…

「自分は子供の頃からの熱烈な巨人ファンでしたけど、
 実際に球場に足を運ぶようになってから、
 すっかり巨人が嫌いになりました。
 いや、巨人嫌いというより、厚顔無恥で傍若無人な巨人ファンが嫌い…。
 今はすっかり神宮通いで、ビニール傘持参で東京音頭唄ってますよ!」

と、東京のド真ん中にあるチェーン店本部でやらかして、
みるみる典型的巨人ファンとおぼしき担当者の表情が
こわばってゆくのを、私は密かに愉しんで眺めていたフシがあるのだ。

そうした背景には、自社商品に対する揺るぎない自信というのがある。
自分が最も尊敬するブレーン達やデザイナーのサポートを受け、
やはり世界最高水準の技術を有するクラフトマンを擁し、
コストパフォーマンスも相当に苦労して開発した商品が、
こんな野球ごときで崩れるなら、それもまた結構!…
そう思っていた。

根本的に私は、きちんとやるべき事はやった、納得の品しか
売る事が出来ないから、当時の上司らからは、

「オマエは商売人ではない。商売人ならそこらに落ちてる
 石っころでも売りまくるはずだ…」

そんな風に云われてたから、確かに自分は商売人では
ないだろう。それで結構。上等だぜ!
そう思っていた。

さて、テーブルを挟んで向こう側に座り、難しい顔をしている
後に私の最高のビジネスパートナーになるその男は、
全国の駅ビルなどに、当時50店舗ほどのファッションショップを
展開する会社の、噂のやり手で、30代前半の若さで既に次長(当時)
だったが、そのやり手次長が私にこういった。

「とても不愉快ですね…。
 あなた、今、私を試してますよね?。
 私がここで気分を害したら、そんな狭量な器量の奴が担当者の
 会社なんかと取引なんか出来るかよ!…そういう事ですよね。
 でもアイニクでしたね…私も巨人、大っ嫌いですから!」


現在の私は、自分とは政治的な考え方が180度異なる方々のブログが、
何だかある種のブラックジョークかギャグみたいで面白がって
読みつつ、時々、コメント欄に質問などするのだが、
靖国命なブログ主さんは意外にもきちんと答えてくれたりして、
勿論解答内容に納得は出来ないが、それはそれで尊敬すらしている。

思想が違うといっても、同じ日本人で、国土や故郷を愛し、
平和を願っている事に何ら変わりない。
思想体系は、それが行動となって示されるときは、案外同じような
ことをするのではないかな…とさえ思う。

正直に腹の中を晒して、裸のおつきあいが出来るのなら、
ホントに素晴らしい世の中が出来るのになあ…と、
思うのだが..さて?。



実はリアルタイムに新譜!で初めて購入したThe Bandのアルバムが
Moondog Matinee」っていうカバー曲集。

その前にいわゆるサカノボリで、既に歴史的名盤の誉れ高い
Big Pinkなんかを買って聴いてはいたけれど、
さすがに新譜というのは、いつの時代も、
初めてレコードに針を落とす緊張感というのは格別だ!。

で、いきなり出てきたサウンドがまさにこれ!
何だかとっても嬉しくて、浮かれて踊りだす。
スゴいゴキゲンじゃんか!最高じゃないか!どうだ!って、
得意満面にこの曲を聴いて興奮した時のことを、今も鮮烈に思い出せる。

家なしだけど、何とかなるさ、ゆっくり生きてこうぜ!
The Band - Ain't Got No Home


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

10 Comments

oyajisann says...""
今晩はバンドはML誌で5つ星のアルバム2枚以上もあるバンド
私は映画イージーライダーで流れたウェイトが初遭遇(何と
サントラには契約の関係で別のバンドで収録)
初購入アルバムはロック・オブ・エイジスでした。
オリジナルメンバーでライヴ拝みたかったです。
もうお二人しかこの世にいないのは寂しいですね。
2015.12.16 20:14 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん 毎度です"
〜Agesは2枚組だったので、当時は買えませんでしたね。
ただ仲間はみんな持ってたんで、いろんな奴から借りて聴いてましたから、
高校生になってやっと自分のAgesを買ったんですが、
もはやあまり聴きませんでしたね!。

イージーライダーのウエイトはグレートフルデッドじゃなかったでしたっけ?
確かWoodstockにも出演してますけど、レーベル関連で未収録ですものね!。
JanisもそうだからColumbia系はNGってことですかね….?。
でもSantanaはOK?…難しいですね。

2015.12.16 20:47 | URL | #- [edit]
みみずく says...""
こんちは~。
お昼ご飯食べたか~?
やっぱり、雪がチラチラだね。あんまり寒くないけど。

営業って、大変なんだろうなぁ。
もっぱら男性の仕事みたいになってるけど
駆け引きとか、難しそうだし、わたしだったら
精神病みそうだなぁ。

Slow Life、いいね。
TVで田舎暮らししてるの見ると、羨ましくなる。
ここも十分田舎なのにね。

風邪引くなよ~。雪は、大したことないね。
2015.12.17 12:35 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."みみずくちゃわん 毎度だす "
>TVで田舎暮らししてるの見ると、羨ましくなる。

えっ…これはどなたの台詞なんだろう!???(大笑。

営業のスゴい女性、いっぱい知ってますけど、
取りあえず、男性とは比べ物にならないほど、
えげつないです!。
夜の世界のナンバー1の方とか大体そうで、
何しろ頭が下がるほどすべてが万事マメですけど、
男性でもそういう奴がいて、それはもう圧倒的に
気持ち悪いです!。

こっちはまだ雪降ってないけど、今晩あたり来そうな感じ。
少しくらいはね….ね...。




2015.12.17 18:18 | URL | #- [edit]
ギターマジシャン says..."ラストワルツ"
ザ・バンドは、ボブ・ディランのエレクトリック転向を支えたバンドだとか、
解散コンサートが映画や3枚組LPになった「ラスト・ワルツ」の印象です。

解散というと、当時は、ビートルズをはじめ、ケンカ別れと思っていたので、
ウッドストックやバングラディシュみたいに、大々的にライブをやるうえに、
いろいろな仲間も集まってくるって、何なんだろうって不思議に思いました。
(そこへ、リンゴ、クラプトンが参加したので、興味がわいた次第です)
2015.12.17 19:02 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん 毎度です"
いやはやいやはや….ザ・バンド好きには、ラストワルツねたは結構
NGワードなんですけどね….。

あれは実は解散コンサートではなくて、ロビーロバートソンの脱退イベント
だったんです。当然メンバーもゲストもロビー中心に進行するわけですが
終了後、これが「解散コンサート」にすり替わり、寝耳に水のメンバー達…。
やがて、解散と銘打った映画やサントラの版権類までロビーに
独り占めされたことを知る憐れなメンバー達….ねっ...NGでしょ!?。

2015.12.17 19:28 | URL | #- [edit]
あとりえ 瑠璃絵 says...""
こんばんは
スローライフ良いですね
私も現役時代の嫌な仕事の夢も月一ぐらいに
減って、ようやくスローライフかな
ただ、頭も身体もスローになるのは
怖いですけどね。
2015.12.17 19:43 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."あとりえ 瑠璃絵さん 毎度です"
バルサのゲーム、ハーフタイムです…イニエスタ、やっぱスゲ!。

私はもうすっかり頭もカラダもスローですよ。
どうしようもないです。
仕事絡みのイヤな夢で、朝まだ暗いうちに目が覚めて、
一日中気分が悪いなんて、未だに頻繁です。
どうやったら消えるんでしょうねえ??

2015.12.17 20:25 | URL | #- [edit]
mikitaka08 says...""
こんばんは

 スローライフ、どっぷりつかっています。
 40数年間の目覚まし時計に支配された生活から解放されただけで満足しています。
 確かに夢にはイヤなこととイヤな奴しかでてこないです。
 タイトルは忘れたのですが、たき火をバックのバンドのアルバム。あんな感じでアウトドアライフも楽しみたいと思っているのですが、それはなかなかできません。
 
2015.12.17 21:45 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."mikitaka08さん 毎度です"
たき火は…「南十字星」ってアルバム…
「オフェーリア」とか入ってる、味わい深い、良いアルバムでした。

東京という土地で、心ならずも、わりと波乱に満ちた人生を
送ることになってしまい、おそらく一生働き詰めで死ぬんだろうなあ…
って思ってたのが、カラダが思ったより早く悲鳴を上げたことで、
予定になかった今のスローライフがあるわけで、
まだまだ復帰を諦めてはいないですけど、
社会復帰したにしてもスロースロー…にならざるを得ないだろうなあ、
そんな復帰ってあるのかなあ?ってそんな状況で、
結局、死ぬまで「本当のスローライフ」って...
自分には訪れないのだろうなあって思います。


2015.12.17 22:47 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/654-94313a78
該当の記事は見つかりませんでした。