ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

結局やって来たのね大寒波

DSC08783さs
Carl Zeiss PLANAR 50/1.8 (1973)

遂に寒波襲来!
しかも一気にドカ雪。
でもまだココロの準備が…
あああああああ…寒ム…。

スターウォーズたけなわの、この時節なんだろうが、
私はセコセコと、DVD版ながらやっと念願だった
是枝裕和「海街Diary」が鑑賞できてとても満足している。

出演者全員が、「ああ、いるよなあ…こういう人…」
という、きわめて普通な人々の掘り方/描き方が、
一瞬しか登場しない出演者も含め、一人一人に行き届き、
反映されているところが、何しろスゴい!。

さらにいえば、物語の中心となる四姉妹各様の個性に加え、
彼女達にそこはかとなく現れる、親や祖父母や、
諸々先祖から引き継いだ外観や性質…そういう仕掛けが
随所にちりばめられていて、日本人の本質に触れるような、
とても分厚い作品となってる。

まあ、ここのところタマタマだが、原節子さんのご逝去に
ともなう形で、小津安二郎や成瀬巳喜男作品を、久しぶり
立て続けて鑑賞したせいもあって、とても素直に
正調日本映画の世界観が自分の中に染み入ってくる。

卓袱台と縁側…庭の梅の木…そして家族…。
たとえ今はマンション住まいに身をヤツしていても、
これは日本人の原点だなって気がして
何しろほっこり暖かくて心地良い映画でありました。



先祖、血脈、遺伝子…といえば、一昨日テレビで見たこの方=
ウチの愚娘オススメ、トライセラトプスの和田唱氏も相当に濃い血脈の方…。

彼と小田和正がこの珠玉のメドレーを、例によって憎たらしいほどの
トテツモナク高いクオリティで唄ってたのを目撃して…
不覚にも泣いてしまった。

サイモン&ガーファンクルの神髄のすべてが
まさに、このメドレーに詰まっていると思う。
Simon & Garfunkel - Old Friends/Bookends


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

4 Comments

ギターマジシャン says..."グレイテスト・ヒッツ"
76年頃、NHK「世界のワンマンショー」を、毎週家族で見ていたところ、
ポール・サイモンの回があって、S&Gの人だと、カセットに録音しました。

それまで、S&Gは、ほとんど知らなくて、番組の途中、ビデオ映像として、
他の番組で2人が再演した場面で、ポールのギター1本をバックに歌った曲、
「ボクサー」と「スカボローフェアー」に感動し、他も聴きたくなりました。

母が買ってくれたのが、二人が選曲に関わった「グレイテスト・ヒッツ」で、
当時は、いくつか日本編集盤も出ていたので、ライブバージョンが混ざって、
曲数も少ない、このLPには、ちょっと不満でしたが、かなり愛聴しました。

「ブックエンド」は「旧友」がカットされていて、それでも良い曲でしたが、
その後、深夜のFMで、ビートルズに続いて、S&Gの全曲放送があった際、
この曲は、旧友と合わせてこそ、さらにアルバムどおりが良いと感じました。

ジョンの書く歌詞に感動する自分ですが、ポールサイモンの歌詞も素晴らしく、
「S&G詩集」を買って、英文対訳で、かなり真剣に、かみしめていました。

寒波襲来、いよいよ冬将軍の本番となりますが、ご自愛ください。
2015.12.26 19:28 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん 毎度です"
S&Gは、最初はやっぱり誰かに買ってもらうものなのかな?
好いお母さんですね!

私も同じで、小学生の時に、洋楽聴いてる生意気な甥っ子の為に
叔父が買ってくれたのがS&G。それもヒットした「卒業サントラ」でも
「明日に架ける橋」(まだ出てない!)でもない、
地味な「Bookends」。たまたま当時最新作だったって理由だったと
思いますが、私にはこれが特別なアルバムとなるわけで、
ビートルズといえば「昨日」とか「ジュード」「なすがまま」っていう
我慢ならないステレオタイプな風評表現と同じ理由で、
S&Gは「サイレンス」でもましてや「橋」何かじゃなく、
「旧友」そして「本立て」だぜ!と、生意気な「もう中学生(!?)」は
思うわけです。
2015.12.26 19:55 | URL | #- [edit]
mikitaka08 says...""
こんばんは

 私も見ました。さらに録画しました。昨年は途中からしか見れなかったのですが、今年は全編見ることができました。
 
 小田和正氏が若いミュージシャンと見事に溶けあう姿に驚きます。S&Gなんか知らなかったという和田唱氏が完全に歌いこなしているのにも驚きました。
 pipco1980さんの写真とPVの写真が重なりますね。素晴らしい!!
 
 
2015.12.27 01:23 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."mikitaka08さん 毎度です"
ここ数年、ちょっと不調だったみたいですけど、今年のは
いつも通りとてもクオリティの高い番組になってましたね。
なにより和田唱…すごかったですね。おっ母さんの血?でしょうか??

JUJUさんの「悲惨な戦争」も、とても良かったですよね。

私は最近涙腺が弱くなって、それらの素晴らしい歌唱や演奏を聴くと
すぐに泣けるんですけど、まさかオッサン二人の「フォーチュンクッキー」で
泣けるとは思いもよりませんでしたよ!素晴らしかった!。

2015.12.27 02:31 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/659-e3fb195c
該当の記事は見つかりませんでした。