ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

田舎の問題

DSC00381s.jpg
Carl Zeiss Pancolar 50mm/1.8(1970)

歩道に雪がないのは舗装内に電熱線を埋設している為…。

子供の頃だから、もう半世紀も前になるのだが、
同じ通りの向かい側の歩道(東北電力前)の
10mほどに、このロードヒーティングシステムが
初めて登場したときは、さすがに驚いたものだ。

半世紀前は今より断然降雪量が多かったと思うが、
忽然とそこだけ一足先に春が到来したような、
そんな科学技術の偉大さというのに、
ボクラ子供らは胸を躍らせたわけだが、
さて、本来なら、商店街とかもっと賑やかな通りに
これを敷設してこそ効果絶大というものだろう。

しかしだ…この街もご多分に漏れず、
郊外型の大店舗開発傾向で、
「活気ある商店街」という概念に当てはまる場所は
すベて壊滅し、消失してしまった。

で、現在、そのモータリゼーション型郊外大店舗が
隆盛を極めているのかと云えば、そうでもないらしく、
結局、「街の有様」を犠牲にしてまで得た「真の勝利者」は、

Amazonや楽天などのネットショップ…。

何だかね…。



イーグルスのグレンフライが亡くなったそうだ。

しかして何故だか彼の歌ではない
♫ホッテルカーリフォーニャとか
♫テイキットゥーザリミット?ワンモアターイム…

…などがテレビ&ラジオで平気で掛かってたりするわけで、
グレンの名曲はもっとたくさんあるだろうに…
何だかお気の毒だし失礼!…と思いつつ、
相変わらず日本のメディアの、無知なのか天然ボケなのか?
昔と全然変わってない体質に呆れ、ボヤくオヤジなわけです。

グレンフライという人物については、実は全然詳しくないのだけれど、
いかにも西海岸にいそうな伊達男という風体の、
ちょっとイカガワしくて、まさにカリフォルニアの青い空みたいに
明るくて軽い感じ。そしてどこか飄々としていて掴み所がないのも
彼の大きな魅力じゃないかなあと思う。

高校生の頃、自分の中では一番熱心に聴いたアルバムが、
2枚目のアルバム「ならず者」。

そしてバーニーやランディが居たこの素朴な時代こそが、
私の好きなイーグルスであったとあらためて思う。

Tequila Sunrise

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

10 Comments

バニーマン says...""
あー、この曲も名曲ですね。

セカンドにならず者というアルバムをつくるイーグルスって、結構スゴイなーと思います。

グレンフライとドンヘンリーは、たしか西海岸の人間じゃないはずです。他のメンバーは知りませんが。
そんな彼等が如何にもウエストコーストロックの代表格になるのが面白いところですね。
2016.01.21 21:20 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."バニーマンさん 毎度です"
こんばんは

ストーンズのエンジニアなどで知られる英国人のグリンジョーンズ
プロデュースで、イギリスまでバンドが出張してIslandのスタジオで
録ったのがこの「ならず者」ですけども、確かに深い陰影の一筋縄ではない
好アルバムでした…。
なんとなく当時は「カルフォルニアの青いバカ!」って、その軽さを
嘲笑してた部分もないではないですけど、実は様々な文化、要素が
混ざり合った深い味わいの逸品だったりもするわけで、ちょっと反省せねば
ならない部分もあります。自戒を込めてのテキーラサンライズ…でした。
2016.01.21 21:41 | URL | #- [edit]
ギターマジシャン says..."ニュー・キッド・イン・タウン"
高校の昼休みの放送で連日流れた「ホテル・カリフォルニア」が気に入って、
LPを買うと、しばらくは、1曲目ばかり繰り返していましたが、続く曲が、
これまた名曲で、こちらのボーカルはグレン・フライだと解説で知りました。

イーグルスは、ジョー・ウォルシュがゲストだったか、すでに正式加入だか、
来日コンサートに同行した記事を見て、カントリー系のバンドに、なんで、
ジェームス・ヤングの人がと思いましたが、ウィリー・ウイークスも参加の、
名盤「ライブ」のときに、すでにイーグルスも共演していたと知りました。

ドン・フェルダーが加入した「呪われた夜」の路線変更が、ジョーの加入で、
さらに進んで、「ホテル・カリフォルニア」となり、ドン・ヘンリーばかり、
目だっていきますが、グレン・フライの曲も、初期から名曲が多いですよね。

グレン・フライの訃報に「ホテル~」が流れるのは、ジョンが亡くなった時、
「イエスタデイ」や「レット・イット・ビー」が流れたのを思い出しました。
2016.01.21 22:29 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん まいどです"
>ジョンが亡くなった時、 「イエスタデイ」や「レット・イット・ビー」が
流れたのを思い出しました

あれはホントに悔しかったです。
しかもマッカがすぐに「追悼曲だ」といってシタリガオでリリースした歌が、
超くだらない曲だったのが、さらに怒りを倍加させました。

ドンフェルダーが加入した段階で「?」って感じたんですが、
ジョーウォルシュ加入に至っては、もはや意味不明!
BEGINあたりに、高見沢氏に続いて、B'sの名前知りませんが、
やたらうるさいレスポール男が加入したって感じ?
ですからあの大ヒットアルバムは「鬼っ子」で、薄っぺらくて嫌い。
また長いこと流行ってたのがホント苦痛でしたね….。

まあ、ソロ以降はほとんど聴かなかったですから、エラそうなことは
云えないんですけどね。
2016.01.21 22:56 | URL | #- [edit]
jack says...""
こんにちは^^

グレンフライが亡くなったのは
ビックニュースですよね悲しいです
レコードCDも買った、日本公演にも行った
大好きなグループでしたね
若い時はよくギターでコピーしました
これからも応援したいです
2016.01.22 14:01 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."jackさん 毎度です"
こんにちは

おお、日本公演も行かれましたか!
ギターコピーも!あのツインリードの部分ですか?
結構難しかったでしょう!?

こちらこそよろしくです。
2016.01.22 15:55 | URL | #- [edit]
瑠璃絵 says...""
こんばんは
秋田市道の坂道は90%が東京のあるメーカーが
施工した温水の融雪です。施工したと言っても
受注して指導しただけ、配管は全て地元の業者
メーカーは莫大な利益を得ましたが、5年ぐらい前から
あちこち耐用年数となり(と言うか、ずさんな設計)
秋田市は修繕費に頭を抱えたと同時に、そのメーカーは
融雪事業から撤退、ひどい話しですが事実です。





2016.01.22 19:58 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."瑠璃絵さん 毎度です"
実は、ランニングコストばかりを心配してました。
燃焼は廃プラスラグ?木くず?それとも何らかのバイオマスエネルギー?
一体わが町はどれを採用したんだろう??って興味津々だったんですが
「耐用年数」?「修繕費』?ちょっと呆れますね。
まあ何だか一事が万事、そんなことばかりな気がします。
ああ…ヤレヤレですね。
2016.01.22 20:38 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."グレン・フライ"
イーグルスはビーチボーイズ~CSN&Y~イーグルスとウエストコースト
の継承者ではないかと私は勝手に思ってます。
セカンドまでは東芝でしたね。
メンバーの確執・軋轢凄い物あった特にドン&グレンと対他のメンバー。
フェルダー何か暴露本+訴訟、ランディは精神的病気になったとか?
それでも数々のアルバム出来はエヴァーグリーン。
ロングラン何か生み出す苦しみアルバムロック史上歴代ナンバー1では?
ドンの渋いヴァーカルよりもグレンの優しい声好きでした。
ソロはベスト以外アナログなんで格安BOX期待してます。
2016.01.23 20:56 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん 毎度です"
なるほどなるほど….と、実はさほど内情に詳しくない私でありました。

日本ではほとんど情報がないまま、イーグルスをのほほんと聴いたんですが
「呪われた夜」辺りから何だか違和感を覚えるようになって、
このグループも崩壊の匂いが漂っておるなあ!と感じつつ、
Hotel〜では、もうカオス...ところが皮肉にも大ヒットじゃないですか!
なんだか、それで良いのかロックは!?なんて憤る当時の私でありました。

そういうわけで、イーグルスの企画もの…リンダロンスタッドの
バックバンド時代の音源なら聴いてみたいなあって思う程度で、
そうじゃなければ買わないと私は思います!。
2016.01.23 21:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/671-05b1e440
該当の記事は見つかりませんでした。