ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

自由は幸福?

DSC09569ange.jpg
P. ANGENIEUX 45mm/F2.9 (1949)

やっぱり麗しいアンジェニューの写り!
びびっどでほわんほわん…(呆れたね...自画自賛かい!?)。

まあこの種のくせ者レンズにはつきものだが、
いつもいつもうまいこといくってわけにはいかなくて、
もう箸にも棒にも掛からず、暴れ馬な悪癖が出まくる
アンジーさんも、決して少なくはないわけで、
個性が強いとは、そういうことなのだろうね。

オフィシャルなスナップ写真とかには、
無難でリスクの少ない国産AFレンズも有り難いけれど、
プロじゃないから、そもそもオフィシャルな場面がない!。
せいぜい親類の結婚式くらいだろうか…
それももうあんまり呼ばれないんだろうなあ?

そういうわけで、手持ちの国産AFレンズは
全部まとめて処分…しようと思ったけれど、
30mmと50mm単焦点だけは残した。
ほとんど使ってないけど、もしもの為の保険だね。

孫だって…まだ諦めたわけじゃないしね…。
運動会とか…男女に関わらず、絶対に
サッカー教えるつもりだし…。
そんなのに、ちょっとだけ憧れてる...。
絶対口にはしないけどね。

今のところは、小さい頃からの目標だった職場に
やっとこさ入れてもらって、
毎晩遅くまで音楽と格闘して、
給料の大半が深夜のタクシー代に消える生活。
それでも充分カノジョには幸福な筈だしね。
そういう意味じゃ結婚なんて、いくつでも出来るしさ…。



半分…いや相当に煮詰まりながらも、ひとえに生活の糧を得る為と
自らのステータスを少しでも向上させる為の、今は修行中なのだ!
と、自らに言い聞かせながら、日夜、歌謡アイドルのバックバンドなんかで、
「不気味〜」とカラカワレツツも作り笑顔などしながら踏ん張ってたり
或いは、サパークラブなんかで、ホントは
音楽なんてどうでも良い筈の紳士淑女の前で演奏する空虚な
「フュージョン」や「4ビートジャズ」…
上辺だけの端正さが、ずんずんずん…と精神を荒廃させてゆく。

やがて訪れる破壊願望!?…。

そんな時代の心の救いが、いつも時間が空けばウォークマンで聴いてた
Talking HeadsPublic Image Ltd(P.I.L)
それにXTCElvis Costelloの先進的(と思われた)で
活きの良い音楽!。

全ての呪縛を取り払って、好きな音楽だけに邁進できたらどんなに幸福だろう!
やがて、数年掛かったがその望みは適い、自由を手に入れた筈なのだが、
そうなればそうなったで今度は...

「自由って何? 好きなこと(音楽)って何?」

で、結局何も出来ないダメダメでグタグタな自分なのであった。

Public Image Limited - Death Disco [Swanlake]


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

8 Comments

NORI says...""
一目で これは! って思いました^^
レンズを確かめて…やっぱりアンジェニューだった♪ 良い写り♪
最強?甘ボケレンズの彼女は、ピンが本当に難しいですね~
私は連敗続きです;; がんばろ~って思わせていただきました♪
2016.01.30 02:08 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."NORIさん まいどです"
NORIさん、さすがですね!
実はこれもピンはジャストには来てないんですが、
元から甘めと開き直って撮るしかないみたいです。

私は逆にKern SwitarがNORIさんみたいに上手に使えず、
連敗続きです...。こちらもがんばろ〜であります。




2016.01.30 02:33 | URL | #- [edit]
ギターマジシャン says..."スーパーバンド"
PILは、あのピストルズとクラッシュの元メンバーによるバンドなので、
70年前後に流行したスーパーバンドの、一種とも言えるのでしょうが、
単なるセッションバンドでないし、ポストパンクの音楽とも違うような。

いつものことですが、メンバーのことも知らない頃、PILの頭文字から、
プログレのPFMみたいなバンドかと思っていて、違いにぶっとびました。

それにしても、パンクというと、下手でも良い、自己主張するのが大事と、
単にうるさいだけのイメージがありますが、演奏もしっかりしてますよね。
2016.01.30 21:55 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん 毎度です"
こんばんは

パンクは下手でうるさいだけ...というのは全くの幻想で,
その悪いイメージの象徴たるピストルズにしても、
普通に偏見なくレコードを聴かれれば、さすがのクリストーマス
というべきか,意外に?安定した演奏力に驚かれると思います。

ああ...サッカー、大逆転で優勝!興奮して眠れそうにありません!


2016.01.31 02:06 | URL | #- [edit]
花 says...""
元気だが~♪
雪少ねくって、楽チンだな。
まだ、一回も屋根の雪下ろししてね~なんて
こんたごどねがったな♪

それでも山ン中は、花も咲いでね。
紅い花っこ見で、なんだかホッとした。
2016.01.31 13:43 | URL | #LkZag.iM [edit]
mikitaka08 says...""
こんばんは

 初めて聴きました。
 白鳥の湖がベースなんですか。それとも無関係に曲は進行しているのですか。
 パンクとクラシックの融合なのか、クラシックや既成のロックを解体させる意図を含んでいるのか、あまり記憶にはないのですが、当時のロックシーンを震撼させたものなのでしょうね。
2016.01.31 17:37 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."花ちゃん まいどだす"
寒椿は北国の冬では唯一の彩りだから、とってもありがたい花だね。
これがあるとないでは大きな違い….。

花ちゃんとこもそんな感じで、いろんな人や動物(?)が
酒持って集まってきてるじゃない!羨ましいことだよ!。

2016.01.31 19:57 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."mikitaka08さん 毎度です"
ジャズは60年代の終わりに、ロックも70年代の半ばまでには
一度全部終わって、リセットされてるんですね。
パンクとかニューウェイブ(新潮じゃないですよ!)というのは、
破壊ととる人もいるけれど,再構築の萌芽だと私は思っています。
彼らの中には、成りすましの実力者(ポリスとか…)も混じってましたが
多くは融合だのと深く考えずに、普通に好きなもの好き勝手に
流用したのが実際だったと思います。あまり論理や理性を組み立てず、
野生と身体で聴く音楽…そういうものもあるのだ...ということで….。
2016.01.31 20:06 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/675-56b74ef5
該当の記事は見つかりませんでした。