ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

音楽好きの行き着く先は...

DSC00390s.jpg
Carl Zeiss Jena Pancolor 1.8/50 (1970)

昨日までは道路もすっかり乾き、自転車ですいすいと
何処へでも出掛けられる状態で、
「もう春だなあ…ウキウキ!」
なんて思ってたのに、一晩明ければ一転、
真冬に逆戻りの一面銀世界…
これが北国の現実だな!。



私は音楽好きだから(云わなくても分かる!?)
当然音楽CDをかなリ買う方だと思う。

月に何枚くらい買うの?とよく訊かれるけれど、
買うときは20枚組BOXなんかも含め、諸々まとめて買う場合もあるし、
2〜3カ月まったく買わないときもある。

肝心なのは、より多くの音を愉しむ為には、買ったCDは
出来るだけ早く「売る」ということ。

有り余るほどの経済力がある人なら問題ないが、
家族を持ったりするとナカナカね…収納棚の問題もあるし。
今も実家とは言え、ほとんど居候だから、
荷物を無闇に増やすわけにも行かない。
でも音楽は色々聴きたい!。

私の場合、ジャンル的にほとんど重版が期待できない国内盤や、
ナンバー入りの輸入限定箱モノなんかが多いから、
すぐ売ればほとんど同額近くだったり、場合によっては
買った値段より高く売れる場合も多い。

また売った額でまた次を注文するから、
売値的にも有利だったりするようで、
よく考えてみればレンタルみたいな感じかもしれない。

あくまでも邪道だとは思うけれど、高校生のときの
レコードを皆でシェアする会(大学生や社会人も巻き込んだ)
的なものも今は立派な「反社会的行為」!。
より多くの音楽を聴く為のメンドクサイ方法として
致し方ないと思っている。

大好きなキングクリムゾンの紛れもない最高傑作で、
最敬愛する「太陽と戦慄」の40周年ボックスが13枚組…。
スターレス」が調子づいて23枚組、「レッド」は21枚…。

高いから買えないよ…と云ってる間にそれらはすぐに市場から
消えてしまうのは明白…。これはもう買うしかない…
買って売ってまた買ってまた売る…。

PCは便利で、HDDも大容量なモノがとても安くなった…。

2テラのHDD(数千円)が1個あれば、概ね3〜4000枚くらいのCDが
CD本体とまったく同じ音質レートで収蔵できるし(aiff/wav形式)
方法は色々あるが、理論値ながらCDの数倍の高レートでも記録できる
(実際には有り得ないと思っているが…)。

中学生の頃から、お小遣いさえあれば全部レコードに注ぎ込んできた。
空腹を我慢しながら昼食代を浮かし、バス代を浮かした為に猛吹雪の中、
雪道の通学路を延々と歩かねばならなかった。
全てレコードを買う為。

そうした工夫が、40数年も続いたまんま…そんな感じで、
まだまだ引退できそうにないかなあと思うのだけれど、
さすがに近頃は、「買うべきもの」が少なくなってきたなあ
と、少々黄昏れた気分の、今日この頃なのである。



久しぶりにStackridgeをまとめて聴いてみた。

高校生の時に初めて聴いて以来の「お気に入り」の
グループだったが、ある時、塩ビ盤しか持ってないことに
気づいて、急ぎCDで買い直そうと思ったら、
その頃はタイミング悪く、世界的に「廃盤状態」!。

やっと数年前…と云っても10年以上も前だが、
国内仕様盤が再発売され、取りあえずオリジナル時代のCD5枚と、
解散後のユニット=コーギス(Korgis)のアルバム数枚を購入して…
そのままほとんど聴かずに忘れていた。

購入した途端に安心してしまって聴くのをすっかり忘れてた!…
なんてよくある話で、他にも結構ある…。
昔、一生懸命聴いてたとはいえ、今もちゃんと聴いてやらねばね。

特にこのスタックリッジは、私が高校生の頃から既に
田舎のビートルズ」「草原のビートルズ」とか呼ばれ賞賛されつつも
確かにマッカートニーが時折見せる牧歌的な曲を得意とするものの
カンタベリー的なプログレ要素も多く含む、なかなか一筋縄では行かない
味わい深いグループ。

今日選んだ曲は、彼らの3枚目のアルバム「山高帽の男」からで、
いよいよ待望のジョージマーチンのプロデュース(!)で
ロンドンAIRで制作されているから、誰もが期待するのが

一大ビートルズページェント!

しかしサウンドは、ちょっと赤面するくらいベタな

大甘のマッカートニー寄り!
というか、嬉し恥ずかしウィングスサウンド?!

マジカルミステリーツアーみたいなサウンドを期待してたら
ラムが出てきたって感じ…分かりますかね?

正直云うと、このアルバムに限っては、
発売当時はあんまり好みじゃあなかったし、
世間の評判もまさに賛否両論という感じだったと思う。

70年代前半は、もっとヒリヒリとササクレだったような鋭い
サウンドや、メッセージ性の高い音楽が求められてたからね…。

そんな中途半端さのまんま、4作目はエルトンジョンが設立した
ロケットレーベルから制作されたりもするが、グループは既に
破綻に向かっていた。(コーギス(Korgis)となる)

今般、思い立って彼らのCDを大音量で聴いてみたら…
私が年取ったのか?何と、このアルバムが、
とっても心地良く聴けたのだ。

ELOとかその後のビートルズチルドレンらと、
御大ビートルズの間の空白期間を埋めるような、
そんなグループだったなあ…などと思うのだった。

さて、ウィングスも一応買って持ってはいるんだけど
全然聴いてない…聴いてみようかな?? 
いや、もっと枯れた老後でよいかな…??

Stackridge - Fundamentally Yours


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

6 Comments

oyajisann says...""
今晩は私も結構買ってるほうですが売らないので保管に苦労してます。
そろそろ後ろから数えた方が良い歳、アナログ・CDどうするかいろ
いろ考えてます。
聴くアーテイストの訃報多く、グラミーノミネートの方たち何処が良
いのか?分からない。
>さすがに近頃は、「買うべきもの」が少なくなってきた・・・。
これ同感です。
ウィングス、レッドローズのアーカイヴ待ってるんですが・・・。
2016.02.02 20:47 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん 毎度です"
oyajisannさんも随分買ってますよね!それだけで尊敬です!。

レコードも本も映画も、やっぱりしっかり投資するからこそ
感動したり、逆に憤ったり怒ったりできるわけで、試聴試写では
限界あります。評論家でも自ら投資する人と、貰い物借り物で
評論する人もいるそうですが、その差はもう我々には歴然ですよね!
「ああコイツやっつけでいい加減なこと云ってる!」って。

グラミーなんか私は最初っから理解不能です?

マッカは今見たら、1と2とBand on The Runが2枚組仕様でした。
レッドローズは意味分からないK24盤??(笑。
2016.02.02 21:15 | URL | #- [edit]
ギターマジシャン says..."牧歌的"
昨年、こちらのブログで紹介してもらい、初めて聴いたバンドですが、
このアルバムは、他の曲も牧歌的な感じで、カンタベリーロックや、
ブリティッシュフォークの伝統的な感じが、すごくただよってきます。

ビートルズもそうですが、ポールの初期のソロ作品にもすごく近いし、
ジャイルズ・ジャイルズ&フリップスも、こんな雰囲気に思います。

自分は、レコードもCDも手元に残していますが、90年代以降は、
ほとんど新譜は買っていないうえに、iPodの時代になってからは、
LPで持っている作品をCDでレンタルして、懐古趣味の塊です。
2016.02.02 22:45 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん まいどです"
ギターマジシャンさんは、さすがに研究者肌の方で
キチンと曲を聴いてくれて評価していだたけるので、とてもありがたいです。

GG&Fが出ましたね。彼らの幻の2ndアルバムって聴いたことありますか?
マクドナルドが入って,元々の牧歌的サウンドが,少しずつあの「宮殿」に
近寄ってゆく過程がよくわかる貴重な盤ですけど、まだ海賊盤扱いかも…。

私も買うほどじゃあないCDは、TSUTAYA的なところで借りてましたよ!
わりと邦楽系が多かったかなと思いますね。「たま」か「ビギン」か
忘れましたが,返すの忘れて2万円くらい取られちゃったこともあります(笑。

2016.02.02 23:21 | URL | #- [edit]
MITSUI says..."元気そうで何より・・"
ご無沙汰してます。
LP持っててもCD買ってしまう、今日この頃(笑)
PortoもAugust Moonもメンバーの家庭の事情やらで
去年12月から今年の3月末位まで活動休止。
てな訳で、2月14日(日)大町銀河館にて1年半ぶりの
メイクラブカンパニー~♪(残念ながらホーン抜き)
バレンタインでお忙しいとは思いますが
お時間あれば、ぜひぜひ!
2016.02.03 21:32 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."MITSUIさん まいどです"
了解。バレンタインで大層忙しいんですが!?
なんとかやりくりて…楽勝で伺いますよ!。
どうもでした。
2016.02.03 21:40 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/677-9318058e
該当の記事は見つかりませんでした。