ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

情熱の春のボケ!

DSC04830.jpg
♪サクラサクラと今朝はいつも通学路として使っている太平川沿いの
噂に違わぬ見事な桜を堪能。
ところが桜とは別視線上の艶やかな色彩に妙に感動してしまったわけです。
情熱の春の色、その名も「ぼけ」!


仕事してる時分には天気の良い休日に早起きして
お散歩なんて考えもしなかったし、
家人に誘われても鬱陶しいだけだった。
まあ外食ブランチ!?なんてのにダマされ釣り出され、
腹ごなしに散歩…ってのはよくあったけれど、
自ら路傍の花に季節を感じ愛でたりなんて心境に至ることはなかったのだが

どうしたことだろうか?

天気の良い休日の朝など、
家で悶々としてることに罪悪感さえ感じてしまうし
道端の鮮やかな色彩に立ち止まったりする自分に対し

何?どうしちゃったのさダンナァ!と自問したりするわけだ。

この自身の変化を東京にいる家人に伝えると

「いいわね、そっちはのんびりしてて…」的な?嫌味を言われた。

毎日ビリビリしてるばかりじゃなくて
少しは花を愛でるくらいの気持ちの余裕を持ちなさいよ!
と云われ続けて数十年、
やっとその心境になったというのに…
まっ仕方ないか!であるのだけれどね…..

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/68-932b8a08
該当の記事は見つかりませんでした。