ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

頑張れ林檎!

DSC00530s.jpg
Leitz - Summar 5cm/2 (1937)

鴨の木偶(でく/Decoy?)って、居酒屋の店頭なんかで
よく見掛けるけれど、いったい何の意味があるんだろうか?
と、しばし考え込むオヤジであった…。
(カモ鍋やってます…にしては、ちょっとリアルすぎでしょう?
Decoy=おびき寄せる…も、エゲツなさすぎるし…???)

フクロウなら、不苦労って…いかにもお年寄ウケしそうな
ダシャレというか、とんち?、縁起物?!
って意味合いも分からぬではない。
それにしてもだ…カモって、どういう意味??

ちなみに東京・荻窪・日の出街のホルモン焼き屋で、
「鴨」を注文すると、「へい、鴨お待ちっ!」と言って
「ネギ焼き」が出てくる…
関係ないか…?。



Apple社とFBIおよび司法省のセキュリティコード開示命令問題が、
意外にも国論を2分する状況に発展しているらしい。

個人情報を管理する通信事業者としての
Apple社の毅然とした姿勢を、国民全員が賞賛するのかと思いきや、
国策に反抗するとは不届き千万!とか、テロを助長する…などと
批判する向きも多いと言う。

かのトランプ氏も「Appleはけしからん!不買運動を起こそう!
ワシも今日からサムスン製を使うぞ!?…」

MSのビルゲイツも「Appleは速やかにアンロックに協力すべし!」
と云っている。まあこの方はね…もう過去の方…。

ちなみにザッカーバーグやピチャイらは、毅然と
Apple支持を表明し、司法当局を批判している。

Apple社のクックCEOに独占インタビューしたニュースキャスターは、

「テロリストに利する行為という自覚はないのか!」

「自らの行為を恥じるべきではないのか?」

と、テレビマンなのに偏向が甚だしくてびっくりした。

その共和党系キャスターに味方する気持ちは全くないが、
彼のスタンスはそれはそれで尊重すべきで、
その一方で「Appleはユーザーの個人情報を身体を張って
FBIと司法省から守ってくれている。賞賛すべきだ!」
と発信する放送局があっても良い。

ある意味、キチンと両論ある方が「健全で公平な自由社会」
というもので、現政権批判を、即ち「偏向報道」とし、
「電波止めるぞ」的な、権力を背景とした「脅し」それ自体が
「全体主義=ファシズム」というものではないだろうか。

とはいえ、今回の事件の発端となったのは、
イスラム系テロ事件ではなく、アメリカによくある
「銃乱射事件」。

Apple云々より「銃規制問題」だろ!と思うのだが、
こちらの話題になるとアメリカは一気に「全体偏向」するらしい。

なにしろ、Sジョブス前CEOなら、FBIも司法省も、大統領府だって
力づくで撥ね除けそうだが、現CEOのクック氏…大丈夫かなあ??
ちょいちょい弱気な発言が…。

Apple社には、通信事業者の矜持を、しっかり見せてもらいたいものだ!



私がバンドマンの時代に、まだ頑に自分の理想の音楽を追求し続けている
仲間もたくさんいて、私に対して、口には出さずとも、
「魂売りやがった!」的な蔑みの視線が手向けられてたのは、
何となく気づいていた。

ただ私は、バンドマン=何でも屋の立場を、さほど卑下していたわけでもない。

それは、わりと早い時期(高校の初め頃?)に、この思いっきり素敵な
バックバンド集団「The Section」に憧れていたからに他ならない。

ダニー・コーチマー(クーチーって昔言ってた)、クレイグ・ダーギー、
ラス・カンケルに、リーランド(リー)・スカラー…
そして、当時まだ23歳のマイケル・ブレッカー…。

この最高のメンバーで、ジェームステイラー、キャロルキングなどの
バックを完璧に固める!派手なギターソロも壮絶なフィルインもないけれど、
何しろ確実で安定し、「唄」を最大限に浮き上がらせるその技術に感服。

やがて、日本でも「荒井由実とキャラメルママ」って言う、
最強のバックバンドも現れるけど、そういうセッションマンと言うか、
バンドマンという存在に、私はある種、畏敬の念を持っていたわけで、
「表現者として自分だけの音楽」も大事だけれど、
そこまでの自我って自分には希薄だったから、
このThe Sectionバンドマンという生き方…が、
自分には重要だったように思う。

The Section - Doing The Meatball


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

16 Comments

バニーマン says...""
ダニー・コーチマーのソロは持っています。
けど、あんまり聴いていない・・・(^_^;)
The Sectionのメンバーが参加しているレコードは沢山持っています。
が、The Sectionの音楽そのものは今回始めてかな・・・?
ファンキーっすね!
2016.02.25 20:29 | URL | #- [edit]
mikitaka08 says...""
こんばんは

 このようなバックバンド集団があったからこそ、ジェームステイラーの歌が活きるのですね。キャロルキングも素晴らしい。惚れ直した、って感じです。
 何十年も一緒だから息もピッタリですね。小さな会場ということもあるのでしょうが、ちらちら見える観客の表情も満足感いっぱいですね。なかなかこんなコンサートはないでしょう。
 ピーターアッシャーもいますが、やはり彼がプロデュースしているから、こんな素晴らしいコンサートになるのでしょうか。
 素敵なPVのご紹介ありがとうございます。

 
2016.02.25 21:20 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."バニーマンさん 毎度です"
今の耳で聴くと、なんとも「普通」でしょ!
でも、これって73年だっけな、ギターもドラムもべースまで、
ものすごく新鮮だったです!。
ソウルっぽいけど、当時のソウルはもっとエグい感じで、
ダニーハサウェーのソウルバンドほどビターじゃないけど、
何だか朝食みたいにヘルシーでも(ジャケのパイはクドそうだけど)
味は一流って、そんな感じは今でこそみんな真似してるけど、
当時は全く新鮮だったって分けです。
日本語になってます??
2016.02.25 22:02 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."mikitaka08さん 毎度です"
セクション絡みのPV、いろいろとご覧になったようですね。
ジェームステイラー?...キャロルキングのトルバドール…かな??
「愛なき世界」のピーターアッシャーまでご登場ですか!

不確かな記憶ですけど、中学生の頃、当時大人気だった
ミッシェルポルナレフの来日時のバックバンドも
彼らだったような記憶があります。
リーランドスカラーの長〜いヤギ髭が、妙に記憶に残ってます。



2016.02.25 22:32 | URL | #- [edit]
ギターマジシャン says..."ダニー・クーチ"
ダニークーチの呼び方に親しんでいたので、80年だかソロアルバムが出て、
コーチマーとあるので、発音とかスペルを間違えていたのか、不思議でした。

セクションはフォークのジャケットが有名だと思っていましたが、ピザのも、
あったうえに、何と72年の作品で、元祖クロスオーバー、フュージョンで、
この手のジャンルが、ジャズ、ロックに、スタジオミュージシャン達からも、
それぞれに始まって、発展して行ったのを、まさに実感できるサウンドです。

リズムカッティングばかり注目されますが、キャロルキング「つづれおり」の、
「空が落ちてくる」のアドリブソロは、ジャジーかつスピーディで好きです。
2016.02.25 23:41 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."Re: ギターマジシャンさん 毎度です"
確かにクーチでした。
昔のクレジットをみると「Kootch」なので、
どこかの時点で改名したんだと思いますね…。

The Sectionのツボは、クーチの渋すぎるギターよりも
スカラーのベースとラスカンケルのルーズなタイム感のドラムに尽きるとおもいます。
イギリス系のきちっとしたタイム感になれた耳に
彼のユラギのあるドラミングには驚かされましたね!。
リースカラーは荒井由実の「中央フリーウェー」でもお馴染み。
現在はTOTOのトラで活動中だそうです!

ジャズ系フュージョンバンドの、これみよがしな「上手いだろ俺様系」が
自分はとっても苦手なのは、彼らの適格なポップセンスに先に触れていたから
かもしれません。
2016.02.26 02:06 | URL | #- [edit]
天安 says...""
「Apple社には、通信事業者の矜持を」、、まさに同感。
警察国家になりさがってしまったアメリカ。
どこまでも監視・管理国家となっていってしまうのだろうか。
Apple社の踏ん張りを期待するばかりだ。

で、、居酒屋の店頭で鴨がつるされているってのは、
初耳でした;; わたし、あんまり見たことなかったんですが、
こういう「絵」があるんですね。ほんと、どういう意味なんでしょうかね?^^

2016.02.26 10:10 | URL | #Hzotv27w [edit]
pipco1980 says..."天安さん 毎度です"
こんにちは
アメリカだけではなく、日本も何だかおかしな空気になりつつありますね。
マスコミが正常に機能してない!。まずは報道陣にきちんとした
矜持を見せて欲しいなあと思うんですけど、保守の立場でいる方が
スポンサーや株主のウケがいいし、社長さんも政府要人との密な
お付き合いを望んでいる….。矜持なんて言葉すらもう国語辞典から
消滅しそうな雰囲気です。
2016.02.26 11:37 | URL | #- [edit]
瑠璃絵 says...""
こんばんは
鴨ねー「鴨が葱背負う」って言いいますが?
真意は私も分かりません(笑)
Pさんのブログはさりげなく内容が高尚で
いつも感心しています(本心です)

さて、コメント頂きまして有難うございます
持論ですが、コメントしてその返信を見る為に
またコメントした方を訪問するシステムが
なぜか理解出来ないまま、慣例に習い続けていますが
Pさんはどう思いますか
相手がブロガーでなければ、それも有ですが
ブロガーであればお互いのブログで会話した方が自然な
気がしています、実際にその様にしているブロ共もいます
硬いですかねー(笑)
て事で返信です
クリスタル=ガラスですが、我々にとっては別物です
成分も違いますが技法も違います
等工房のバーナーや釜ではクリスタルガラスは加工出来ません
クリスタルは硬いので超高温(酸素バーナー)とか吹きガラス用の
窯でようやく扱う事が可能です。ご存知だと思いますが
江戸切子もクリスタルです、スワロフスキーやバカラが有名ですね
ガラスをやる人間にとってクリスタルの透明感は憧れです
なので私はガラスなんです、ガラスはクリスタルでは表現出来ない
優しさもありますが、クリスタルはやはりガラスの王道だと思います
生意気な事書いてすみません。
リマスターは初めて知った言葉です、他の分野でも有るんですね
是非リマスターアート、プラスアルファーで等工房の展示会にも
足を運んで下さい。ガラスはほとんど独学なので、学童の展示会ですが
布製品は半世紀近い職人技(同居人)がチョコット出ています
ワイヤーアートも希少な技法なので(対象は女性)見てください
歓迎いたします。
2016.02.26 21:28 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."瑠璃絵さん 毎度です"
….で、若干の疑問を残しつつ、こちらでお応えしますね!
まあ、形式なんてどうだっていいんです。
何がどうで、然るにそれは無礼である!...何て絶対思いませんから、
取りあえずご安心あれ!

クリスタルに関しては、あまり深い意味ではなくて、販売の現場で
お客様の、まあ大体お上品なおばさまにトンボ玉やスワロなんかを
「これ何の石?」って訊かれて、「ガラスです」って応えると、
お客様は何故か怒って帰ってしまわれるってことが続発したことがあって、
ガラスという言葉自この際禁句にしよう!ということになったわけです。
確かに製法もニュアンスも違うのは承知してますけど、公取委違反かも?

音楽CDなんかは、いまやリマスターばやりで、然るに同じCDタイトルを
何枚も買わねばならぬドツボに嵌ってしまうわけです。

お約束はご勘弁いただくとしても、なんとか繰り合わせたいと思っております。


2016.02.26 22:30 | URL | #- [edit]
ももPAPA says...""
こんばんわ

The Secthon 懐かしいです。
よく聴きました。

スタジオミュージシャン 好きで自分も憧れましたね。
2016.02.27 00:57 | URL | #Wgi4adpQ [edit]
pipco1980 says..."ももPAPAさん 毎度です"
こんばんは!

ご存知のように(?)私は、いわゆる「俺って上手いだろ!」的な
馬鹿テク野郎が演奏するバッキングって最悪だと思ってますから、
あくまでも唄を中心に、彼らの様々な経験値でもって最大限に
演出する、セクションみたいな連中が好き!….ってそういうことでした!。
2016.02.27 02:42 | URL | #- [edit]
面白半分 says...""
名前は知っていたけど聴いた事のなかったのがザ・セクションです。

心地よいいい演奏ですね。

ベースの人は後にフィル・コリンズの「ススーディオ」のPVにもでていた
眼鏡の長髪の人ですね。
2016.02.27 05:48 | URL | #- [edit]
ももPAPA says...""
pipさん こんちわです

私もおっしゃる通りだと思います。
バッキングミュージシャンはそうあるべきだと・・

アンサンブルの中で 曲の雰囲気 流れの中でそれに合わせてスパイスを効かせる  みたいな感じですね。

そんな感じの曲が好きですね。

バカテクをこれみよがしにひけらかす輩は鼻について自分も嫌ですね。

Lukeはそのへん 心得てるようですが、時としてそれをやってしまうことも
ありますが、そこは彼のキャラでカバーしてるみたいな・・
2016.02.27 11:19 | URL | #Wgi4adpQ [edit]
pipco1980 says..."面白半分さん 毎度です"
いやはや、ススーディオ…チェックしましたよ!
間違いないですねえスカラーさん!。(ドラムはチェスターでしたけど!)
やっぱりイギリスの方々にとってもステータスなんでしょうねえ、
彼らを起用するって…。
2016.02.27 12:01 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ももPAPAさん まいどです"
ルカサーって不思議なヒトで、云っては失礼かもしれませんが、
TOTOでのプレイより、セッションとかバックアップの方が、
断然光るタイプのギタリストだと思ってます。
大昔ですが、Wilson Brothersでの彼の珠玉のプレーの数々…最高でした!
ジャズ系じゃないスタイルにも、随分と勇気をもらいましたね!。
2016.02.27 12:07 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/688-e0acf35f
該当の記事は見つかりませんでした。